大阪商船の所有船舶 - 明治前期明治後期大正期昭和初期太平洋戦争戦後占領期海運再建期−海運集約期 戻る

273. 紀淡丸 KITAN MARU (1913)
15866/MGTW→MDTW→JGUF 貨客船 304G/T 進水 1913.7(大2) 竣工 1913.8.30(大2)
Lpp () B () D 4.18(13.7') m 主機 R 2連成(冷) 38NHP/350IHP 9.5/10.5kt
大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
紀淡丸 KITAN MARU
1924.10.18(大13)攝陽商船(洲本)に売却
1933(昭8)宇和島運輸(宇和島)に売却、第二十宇和島丸 UWAJIMA MARU No.20 と改名
1936(昭11)昭和11年版船名録より削除

274. 杭州丸 KOSHU MARU (1911)

杭州丸
杭州丸 Koshu Maru
川崎造船所のストックボートとして建造。同社初の本格的な貨物船の第1船。
13872/LNTR→JHOB 貨物船 2,813G/T 進水 1910.11.28(明43) 竣工 1911.1(明44)
Lpp 89.92(295'-00") B 13.72(45'-00") D 7.67(25'-02") m 主機 R 3連成 106NHP/1,241IHP 1基 7.1/11.51kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.317 株式会社川崎造船所(神戸)
大運丸 DAIUN MARU
1911(明44)林竹三郎(大阪)に売却、第三大運丸 DAIUN MARU No.3 と改名
1913.11(大2)大阪商船(大阪)に売却、杭州丸 KOSHU MARU と改名
1932.11.28(昭7)甲斐 緑(京都・府中)に売却
1944.3(昭19)大阪商船(大阪)に売却
1945.3.24(昭20)東シナ海(30.25N,126.55E)で空爆により沈没

275. 瓜哇丸 JAVA MARU (1902)
16872/MKNB 貨物船 4,494G/T 進水 1902.8(明35)
Lpp 116.43 B 14.63 D 9.45 m 主機 R 233NHP/IHP 10/12kt
Northumberland S B Co. Ltd.,Newcastle建造 British Maritime Trust Ltd,,West Hartlepool
ORIANA
1910(明43)Furness, Withy & Co. Ltd.,West Hartlepoolに売却
1913.12.2(大2)大阪商船会社(大阪)に売却、瓜哇丸と改名
1923.5.30(大12)中野忠太郎(京都・網野)に売却
1926(大15)橘(富山→伏木)に売却
1933(昭8)船名録より削除

276. 馬來丸 MALAY MARU (1905) David & William, Henderson & Co,Glasgow建造

馬來丸
馬來丸 Malay Maru

北京丸型 6隻 PEKING MARU Class (1914 - 1920)

北京丸
北京丸 Peking Maru
イッシャーウッド式構造の船殻を採用した5,000重量トン級の大正時代の標準型貨物船。大阪商船では同型船5隻を新造したが、昭和期に北日本汽船の合併に伴い同型船海福丸が移籍している(戦禍未公表のため移籍時には戦没)
貨物船 Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 1基
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造
279. 北京丸 PEKING MARU 17072/MNJF→JFPD 3,182G/T 5,096D/W 186NHP/1,648IHP 9.3/12.2kt
進水 1914.6(大3) 竣工 1914.8.13(大3) 大阪商船株式会社(大阪)
北京丸 PEKING MARU
1945.5.31(昭20)若松の逆水沖で触雷、沈没
282. 南京丸 NANKING MARU 17083/JCGD 3,185G/T 5,096D/W 186NHP/1,824IHP 9.3/12.1kt
進水 1914.8(大3) 竣工 1914.9.29(大3) 大阪商船株式会社(大阪)
南京丸 NANKING MARU
1933.4.24(昭8)北日本汽船(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)大阪商船(大阪)に移籍
1945.3.17(昭20)台湾沖(25.28N,120.10E)で雷撃により沈没
南京丸
南京丸 Nanking Maru

北日本汽船へ売却後の船影
300. 江蘇丸 KOSO MARU 21136/NMGL→JHDB 3,180G/T 5,099D/W 186/2,114HP 9.5/12.6kt
進水 1917.10(大6) 竣工 1917.11.16(大6) 大阪商船株式会社(大阪)
江蘇丸 KOSO MARU
1930.11(昭5)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1943.9.19(昭18)名瀬港北西で荒天のため沈没
江蘇丸
江蘇丸 Koso Maru
297. 淅江丸 SEKKO MARU 19904/NGCK→JHEB 3,182G/T 5,095D/W 186NHP/1,969IHP 9/12.4kt
進水 1917.2(大6) 竣工 1917.3.29(大6) 大阪商船株式会社(大阪)
淅江丸 SEKKO MARU
1943.8.9(昭18)基隆沖(24.10N,122.10E)で米潜SCULPIN(SS-191)の雷撃により沈没
331. 海丸 SEIKAI MARU 27464/SCTK→JSWD 3,179G/T 4,997D/W 186NHP/1,704IHP 7.72/12.1kt
進水 1920.9(大9) 竣工 1920.11.6(大9) 大阪商船株式会社(大阪)
海丸 SEIKAI MARU
1944.1.23(昭19)マレーのメルギー港(12.3N,98.3E)で空爆により沈没
海丸
海丸 Seikai Maru

S.Kizu
456. 海福丸 KAIFUKU MARU 19783/MFMT 3,178G/T 5,045D/W 186NHP/2,100IHP 10/12.5kt
進水 1917.3(大6) 竣工 1917(大6) 勝田銀次郎(神戸)
海福丸 KAIFUKU MARU
1931.2.4(昭6)北日本汽船(小樽)に売却
1943.11.4(昭18)香港南岸の近海(21.00N,113.05E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(大阪)に移籍
海福丸
海福丸 Kaifuku Maru

宮古丸型 2隻 MIYAKO MARU Class (1914)

宮古丸
宮古丸 Miyako Maru

H.Nakamura
貨客船 Lpp 57.91(190'-0") B 9.75(32'-0") D 5.64(18'-6") m 主機 R 3連成 1基 大阪商船株式会社(大阪)
280. 宮古丸 MIYAKO MARU 17079/MNJV→JKNE 1,013G/T 1,256D/W 87NHP/981IHP 10/12.1kt
進水 1914(大3) 竣工 1914.9(大3) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 宮古丸 MIYAKO MARU
1944.8.5(昭19)徳之島の伊仙崎沖(27.36N,128.54E)で米潜BARBEL(SS-316)の雷撃により沈没
281. 八重山丸 YAEYAMA MARU 17082/MNKC 1,035G/T 1,114D/W 87NHP/953IHP 10/12.1765kt
起工 1914.4.20(大3) 進水 1914.7.23(大3) 竣工 1914.9.15(大3)
合資会社神戸三菱造船所(神戸)建造 Sno.57 八重山丸 YAEYAMA MARU
1931.12.24(昭6)神戸から高浜に向け航行中、来島海峡竜神島灯台沖700mで岸本汽船(大阪)の關西丸と衝突、沈没
八重山丸
八重山丸 Yaeyama Maru

284. はるびん丸 HARBIN MARU (1915)

はるびん丸
はるびん丸 Harbin Maru
川崎造船所が英国Schmidt社との技術提携により製作したシュミット式蒸気過熱装置を4基のボイラに装備した初めての船舶。続いて日本郵船の豐橋丸、徳山丸にも装備された。同所によると、この過熱装置は経費面、保守面から懸念があり、効率を重視する場合以外は従来どおり飽和蒸気のまま使用することが多かったという。
17691/MQHN→JHBD 貨客船 5,169G/T 5,573D/W
起工 1913.12.20(大2) 進水 1914.7.25(大3) 竣工 1915.2.6(大4)
Lpp 121.92 B 15.24 D 9.14 m 主機 R 3連成 344NHP/5,120IHP 12.5/16.7kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.371 大阪商船株式会社(大阪)
はるびん丸 HARBIN MARU
1937.8.9(昭12)北日本汽船(小樽)に売却
1940.1.30(昭15)日本海汽船(小樽)の設立に伴い移籍
1942.1.10(昭17)サイゴンから海南島三亜に向け航行中、三亜沖(17.40N,109.20E)で米潜STINGRAY(SS-186)の雷撃により沈没

285. はわい丸 HAWAII MARU (1915)

はわい丸
はわい丸 Hawaii Maru
18436/MTQL→JHWD 貨客船 9,467G/T 11,770D/W
起工 1914.11.15(大3) 進水 1915.5.18(大4) 竣工 1915.7.27(大4)
Lpp 144.78(475'-0") B 18.59(61'-0") D 14.48(40'-9") m 主機 R 3連成 8,336IHP 2基 11.5/16.04kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.374 はわい丸型 大阪商船株式会社(大阪)
はわい丸 HAWAII MARU 船客 1等(4室):13 2等) 3等(16室):700
1915.9(大4)北米航路・香港タコマ線に就航
1943.2(昭18)南洋海運(東京)の事業施設拡充伴い現物出資
1944.12.2(昭19)屋久島の西方(30.24N,128.17E)で米潜SEADEVIL(SS-400)の雷撃により沈没

まにら丸型 5隻 MANILA MARU Class (1915 - 1920)

まにら丸
まにら丸 Manila Maru
大阪商船が大正期に川崎造船所で建造したはわい丸に改良を加えた9,5000総トン級の貨客船。全船が三菱長崎造船所で建造された。
貨客船 Lpp 144.78(475'-0") B 18.59(61'-0") D 9.98(32'-9") m 主機 R 3連成 2基
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
286. まにら丸 (1) MANILA MARU 18449/MTRL→JMRD 9,519G/T 11,610D/W 7,991IHP 11.77/16.278kt
起工 1914.5.11(大3) 進水 1915.6.5(大4) 竣工 1915.9.4(大4) Sno.244 まにら丸 MANILA MARU
1915.9(大4)北米航路・香港タコマ線に就航
1931.8.25(昭6)阿弗利加航路・阿弗利加東岸線に就航
1944.11.25(昭19)ジャワ海(5.45N,113.15E)で米潜MINGO(SS-261)の雷撃により沈没
306. あふりか丸 (1) AFRICA MARU 21798/NRBP→JDFD 9,500G/T 11,211D/W 7,890IHP 11.81/16.346kt
起工 1917.3.12(大6) 進水 1918.1.30(大7) 竣工 1918.2.28(大7) Sno.270 あふりか丸 AFRICA MARU
1942.10.21(昭17)台湾の北方(24.26N,120.26E)で雷撃により沈没
あふりか丸
あふりか丸 Africa Maru
308. あらびあ丸 ARABIA MARU 22226/NVMD→JEGD 9,414G/T 11,211D/W 8,153IHP 11.9/16.27kt
起工 1917.5.19(大6) 進水 1918.3.30(大7) 竣工 1918.4.30(大7) Sno.271 あらびあ丸 ARABIA MARU
1944.10.18(昭19)マニラから北ボルネオのミリに向け航行中、スンバ島沖(14.04N,119.52E)で米潜BLUEGILL(SS-242)の雷撃により沈没
あらびあ丸
あらびあ丸 Arabia Maru
325. ありぞな丸 (1) ARIZONA MARU 26766/RVWS→JDZD 9,696G/T 11,111D/W 8,160IHP 12.08/16.566kt
起工 1919.12.16(大8) 進水 1920.5.22(大9) 竣工 1920.6.20(大9) Sno.280 ありぞな丸 ARIZONA MARU
1942.11.14(昭17)ショートランドからガダルカナル島エスペランスに向け航行中、ラッセル島の北北西22哩(8.45S,159.00E)で空爆により沈没
ありぞな丸
ありぞな丸 Arizona Maru
327. あらばま丸 (1) ALABAMA MARU 27454/SCRQ 9,617G/T 11,495D/W 8,240IHP 12/16.498kt
起工 1920.2.9(大9) 進水 1920.8.5(大9) 竣工 1920.9.4(大9) Sno.281 あらばま丸 ALABAMA MARU
1930.3.6(昭5)千葉県犬吠崎沖で座礁、沈没
あらばま丸
あらばま丸 Alabama Maru

湖南丸型 2隻 KONAN MARU Class (1915 - 1916)

湖南丸
湖南丸 Konan Maru
大阪商船が天津航路用に建造した浅喫水船型の貨客船。白河を遡航するため堅牢な船体構造とし減水期に備えて取り外しが可能な大小2個の推進器を有していた。本船と川崎造船所で建造された湖北丸が同型。福建丸型と船体寸法は同じ。
貨客船 主機 R 3連成 1基 湖北丸型 大阪商船株式会社(大阪)
287. 湖南丸 KONAN MARU 18453/MTRS→JAJB 2,664G/T 3,765D/W
Lpp 86.74(284'-7") B 12.93(42'-5") D 7.01(23'-0") m 1,900IHP 8.34/12.34kt
進水 1915.7(大4) 竣工 1915.9.23(大4) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 湖南丸 KONAN MARU 船客 1等(8室):33 2等) 3等(1室):36
1928.10(昭3)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1943.12.21(昭18)九州西方(30.26N,129.58E)で米潜GRAYBACK(SS-208)の雷撃により沈没
288. 湖北丸 KOHOKU MARU 18703/MVQK→JBZB 2,510G/T 3,637D/W
Lpp 87.83 B 14.07 D 7.01 m 2,122IHP 9.88/13.027kt
起工 1915.3.30(大4) 進水 1916.8.26(大5) 竣工 1916.10.16(大5)
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.375 湖北丸 KOHOKU MARU 船客 1等(8室):32 2等) 3等(1室):69
1928.10(昭3)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1944.10.8(昭19)南シナ海(18.40N,116.00E)で 米潜HOE(SS-258)の雷撃により沈没
湖北丸
湖北丸 Kohoku Maru

289. 石見丸 IWAMI MARU (1916)

石見丸
石見丸 Iwami Maru
18987/NBFS→JNUH 貨客船 773G/T 1,041D/W 進水 1915.11(大4) 竣工 1916.3.13(大5)
Lpp 57.24 B 7.77 D 5.64 m 主機 R 64NHP/IHP 1基 8.9/10.9kt
原田造船鐵工所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
石見丸 IWAMI MARU
1937.2.8(昭12)基隆鼻頭沖で機関故障のため航行不能となる
1940.11.29(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1942.12.27(昭17)ソロモンで空爆により沈没

293. 宇佐丸 USA MARU (1916)
19008/NCQG→JFBA 貨客船 820G/T 971D/W 進水 1915.12(大4) 竣工 1916.6.14(大5)
Lpp 54.71 B 9.30 D 5.64 m 主機 R 87NHP/1,003IHP 1基 10.8/12.3kt
藤永田造船所(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
宇佐丸 USA MARU
1940.12.2(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1944.9.8(昭19)バシ-海峡(22.21N,120.26E)で雷撃を受けて沈没

しやむ丸型 2隻 SIAM MARU Class (1916 - 1917)

しやむ丸
しやむ丸 Siam Maru

表記はやむ丸
川崎造船所が大正期に建造した7,800重量トン級の標準型貨物船。船型は遮浪甲板型を採用。引き続き本船の改良型として大福丸型のストックボートが多量建造された。
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 10.97(36'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社川崎造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
294. しやむ丸 SIAM MARU 19386/NCRL 4,583G/T 7,873D/W 3,759IHP 13.929kt
起工 1915.12.2(大4) 進水 1916.8.29(大5) 竣工 1916.10.16(大5) Sno.384 しやむ丸 SIAM MARU
1921.8.1(大10)アフリカ東北端ガーダーフィ岬で座礁、沈没
296. びるま丸 BURMA MARU 19893/NGBQ→JYYD 4,585G/T 7,873D/W 3,778IHP 10/13.77kt
起工 1916.9.13(大5) 進水 1917.1.13(大6) 竣工 1917.2.20(大6) Sno.385 びるま丸 BURMA MARU
1933.4(昭8)南洋航路・南洋自由線に就航
1935.10.5(昭10)南洋海運(大阪)に出資
1942.6.12(昭17)シャム湾(10.12N,102.29E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没

名瀬丸型 4隻 NAZE MARU Class (1917 - 1918)

名瀬丸
名瀬丸 Naze Maru
大阪鐵工所建造の1,800重量トン級の寶山丸型標準型貨物船。能登呂丸と真岡丸は北日本汽船を合併時に取得した。
貨物船 Lpp 67.06(220'-0") B 10.21(33'-6") D 5.64(18'-6") m 主機 R 3連成 1基
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 寶山丸型
298. 名瀬丸 NAZE MARU 20390/NJBS→JLME 1,208G/T 1,845D/W 72NHP/345IHP 9.5/11kt
進水 1917.5(大6) 竣工 1917.6.13(大6) 大阪商船株式会社(大阪)
名瀬丸 NAZE MARU
1945.3.28(昭20)九州西岸(32.14N,129.56E)で米潜TIRANTE(SS-420)の雷撃により沈没
311. 先島丸 SAKISHIMA MARU 23344/RCLQ→JLCE 1,224G/T 1,880D/W 72NHP/777IHP 8.4/10.9kt
進水 1918.7(大7) 竣工 1918.8.24(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
先島丸 SAKISHIMA MARU
1945(昭20)済州島沖(33.39N,126.42E)で米潜SEAROBIN(SS-407)の雷撃により沈没
471. 能登呂丸 NOTORO MARU 1,229G/T 1,839D/W 72NHP/816IHP 9.5/11kt
進水 1917.8(大6) 竣工 1917.8.29(大6) 北日本汽船株式会社(小樽)
能登呂丸 NOTORO MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(大阪)に移籍
1945.8.22(昭20)宗谷海峡付近(45.39N,141.54E)で空爆により沈没
能登呂丸
能登呂丸 Notoro Maru
472. 真岡丸 MAOKA MARU 21721/NQKB→JPCB 1,219G/T 1,839D/W 72NHP/836IHP 9.5/10.5kt
進水 1917.12(大6) 竣工 1917.12.26(大6) 北日本汽船株式会社(小樽)
真岡丸 MAOKA MARU
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(大阪)に移籍
1945.12.15(昭20)北海道高島岬沖で弾薬が爆発して沈没
真岡丸
真岡丸 Maoka Maru

雲南丸型 2隻 UNNAN MARU Class (1917 - 1918)
東京石川島造船所建造の3,500重量トン級の標準型貨物船。
貨物船 Lpp 81.69(268'-0") B 12.42(40'-9") D 7.16(23'-6") m 主機 R 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 第二厚田丸型

302. 雲南丸 UNNAN MARU (1917)

307. 四川丸 SISEN MARU (1918)
四川丸
四川丸 Sisen Maru

あるぷす丸型 5隻 ALPUS MARU Class (1917 - 1919)

あるぷす丸
あるぷす丸 Alpus Maru
大阪鐵工所(櫻島工場)が製造権・販売権を獲得したイッシャーウッド(Isherwood)式船体構造法を採用して建造された大阪商船欧州航路用の貨物船。同所では初の10,000重量トン以上の大型船で同型船は合計5隻建造された。
貨物船 Lpp 129.54(425'-0") B 17.15(56'-3") D 12.32(40'-5") m 主機 R 3連成 2基 大阪商船株式会社(大阪)
299. あるぷす丸 (1) ALPUS MARU 21129/NMGB 7,790G/T 12,280D/W 337NHP/5,438IHP 11/14.2kt
進水 1917.7(大6) 竣工 1917.10.24(大6) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 あるぷす丸 ALPUS MARU
1926.6.12(大15)アントワープ付近で座礁、沈没
309. あるたい丸 ALTAI MARU 23052/BCKG→JCDB 7,772G/T 12,191D/W 337/4,853HP 11/14kt
進水 1918.6(大7) 竣工 1918.7.31(大7) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 あるたい丸 ALTAI MARU
1918.12(大7)欧州航路・横濱倫敦線に就航
1934.10(昭9)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1935.1.10(昭10)解体
あるたい丸
あるたい丸 Altai Maru
313. あんです丸 (1) ANDES MARU 23823/RFSP→JFUD 7,772G/T 12,192D/W 337/4,853HP 11/14.3kt
進水 1918.8(大7) 竣工 1918.10.15(大7) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 あんです丸 ANDES MARU
1919.9.24(大8)欧州航路・横浜欧州線に就航
1934.8(昭9)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1935.2.4(昭10)解体
317. あむうる丸 (1) AMUR MARU 25222/RMNW→JARD 7,770G/T 12,149D/W 337/4,953HP 11/14.1kt
進水 1919.3.13(大8) 竣工 1919.4.25(大8) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 あむうる丸 AMUR MARU
1934.5.15(昭9)満州海陸運送(大阪)に売却、満星丸 MANSEI MARU と改名
1934.5.15(昭9)山下汽船株式会社(神戸)の大華丸、中華丸と交換売却
1936.8(昭11)山下汽船株式会社(神戸)に移籍
1942.12.8(昭17)澎湖島沖(馬公沖)(23.30N,119.30E)で荒天のため座礁、沈没
あむうる丸
あむうる丸 Amur Maru
318. あまぞん丸 (1) AMAZON MARU 25922/BQLN→JAZD 7,770G/T 12,136D/W 4,953HP 11/14kt
進水 1919.5(大8) 竣工 1919.6.26(大8) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 あまぞん丸 AMAZON MARU
1934.11(昭9)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1935.3.4(昭10)解体
あまぞん丸
あまぞん丸 Amazon Maru

ハンブルグ港

せれべす丸型 7隻 CELEBES MARU Class (1917 - 1920)

せれべす丸
せれべす丸 Celebes Maru
川崎造船所建造の大福丸型ストックボート。せれべす丸以下3隻が大正期に購入されたが、他に太平洋戦争中の國際汽船の吸収合併に伴い4隻の同型船が移籍されている。
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 10.97(36'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社川崎造船所(神戸)建造 第一大福丸型
303. せれべす丸 CELEBES MARU 21395/NPHS→NCED 5,863G/T 9,039D/W 3,858HP 14.435kt
起工 1917.9.1(大6) 進水 1917.11.13(大6) 竣工 1917.12.12(大6) Sno.403 株式会社川崎造船所(神戸)
第十五大福丸 TAIFUKU MARU No.15
1917.12.12(大6)大阪商船(大阪)に売却、せれべす丸 CELEBES MARU と改名
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1944.11.15(昭19)ミンドロ島沖(13.02N,122.28E)で空爆を受けて座礁、沈没
301. ぼるねお丸 BORNEO MARU 21145/NPHC→JCLD 5,864G/T 9,055D/W 3,786IHP 8.88/14.349kt
起工 1917.7.5(大6) 進水 1917.10.28(大6) 竣工 1917.11.24(大6) Sno.402 株式会社川崎造船所(神戸)
第十四大福丸 TAIFUKU MARU No.14
1917.11.25(大6)大阪商船(大阪)に売却、ぼるねお丸 BORNEO MARU と改名
1942.10.16(昭17)キスカ(53.40N,176.15E)で空爆を受け任意擱座、後に船体放棄
ぼるねお丸
ぼるねお丸 Borneo Maru
304. すまとら丸 SUMATORA MARU 21403/NPJG→JCUD 5,863G/T 9,022D/W 3,832IHP 10.5/14.275kt
起工 1917.8.18(大6) 進水 1917.11.27(大6) 竣工 1917.12.25(大6) Sno.404 株式会社川崎造船所(神戸)
第十六大福丸 TAIFUKU MARU No.16
1917.12.22(大6)竣工直前に大阪商船(大阪)に売却、すまとら丸 SUMATORA MARU と改名
1943.5.12(昭18)ルソン島西岸(比島ブロカノン沖 12.44N,124.08E)で米潜GUDGEON(SS-211)の雷撃により沈没
すまとら丸
すまとら丸 Sumatora Maru

いんだす丸型 5隻 INDUS MARU Class (1917 - 1919)
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 14.96(49'-1") D 8.59(28'-2") m 1基
株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 福丸型
305. いんだす丸 INDUS MARU 21782/NQWL→JCRD 4,366G/T 6,731D/W 225NHP/3,127IHP 10.5/13.25kt
進水 1917.12(大6) 竣工 1918.1.30(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
いんだす丸 INDUS MARU
1943.5.15(昭18)比島マニラ沖(バルタサ島燈台沖)(13.07N,121.49E)で米潜GAR(SS-206)の雷撃により沈没
310. がんぢす丸 GANGES MARU 23336/RCLF→JEPD 4,383G/T 6,613D/W 2,529IHP 8.63/12.56kt
進水 1918.6(大7) 竣工 1918.8.13(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
がんぢす丸 GANGES MARU 船客 1等)12 2等) 3等)116
1931(昭6)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1942.5.28(昭17)サンジャック東方240哩(9.07N,110.56E)で米潜SALMON(SS-182)の雷撃により沈没
314. すらばや丸 SURABAYA MARU 24476/RKDG→JHQD 4,391G/T 225NHP/3,127IHP 10.5/13.25kt
進水 1918.11(大7) 竣工 1918.12.30(大7) 大阪商船株式会社(大阪)
すらばや丸 SURABAYA MARU 船客 1等)12 2等) 3等)58
1927.2(昭2)南洋航路・南洋線に就航
1927.12(昭2)南洋航路・基隆瓜哇線に就航
1931(昭6)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1943.1.20(昭18)カロリン諸島(トラック島南方)(3.24N,154.13E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没
すらばや丸
すらばや丸 Surabaya Maru
315. ばたびや丸 BATABIA MARU 24707/RKFP→JICD 4,393G/T 6,563D/W 2,529IHP 8.5/12.5kt
進水 1918.12(大7) 竣工 1919.1.26(大8) 大阪商船株式会社(大阪)
ばたびや丸 BATABIA MARU 船客 1等)12 2等) 3等)171
1927.2(昭2)南洋航路・南洋線に就航
1927.12(昭2)南洋航路・基隆瓜哇線に就航
1931(昭6)南洋航路・日本フィリピン線に就航
1944.6.12(昭19)サイパンから日本に向け航行中、マリアナ諸島(17.07N,143.34E)で空爆により沈没
452. 北隆丸 HOKURYU MARU 4,379G/T 6,836D/W 225NHP/2,500IHP 10/12.3kt
進水 1917.7.18(大6) 竣工 1917(大6) 神戸桟橋株式会社(住吉)
福丸 FUKU MARU
1918(大7)大正汽船(神戸)に売却
1922(大11)共立汽船(神戸)に売却
1936(昭11)大昭汽船(不詳)に売却
1938.3.1(昭13)北日本汽船(小樽)に売却
1938.4.12(昭13)北隆丸 HOKURYU MARU と改名
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(大阪)に移籍
1944.12.20(昭19)天売島西岸で時化のため沈没
北隆丸
福丸 Fuku Maru (1917)

312. ひまらや丸 HIMALAYA MARU (1918)

ひまらや丸
ひまらや丸 Himalaya Maru
23554/RDNS→JFND 貨物船 5,229G/T 8,480D/W
起工 1918.3.15(大7) 進水 1918.8.6(大7) 竣工 1918.8.29(大7)
Lpp 121.92(400'-0") B 16.61(54'-6") D 9.14(30'-0") m 主機 R 3連成 3,890IHP 1基 10/15.065kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.278 染殿丸型 大阪商船株式会社(大阪)
ひまらや丸 HIMALAYA MARU
1943.11.30(昭18)カビエン南西28哩沖で空爆により沈没

316. まどらす丸 MADRAS MARU (1920)

まどらす丸
まどらす丸 Madras Maru
25205/RMLT→JIRD 貨物船 3,802G/T 6,165D/W
起工 1918.9.5(大7) 進水 1920.3.5(大9) 竣工 1920.3.31(大9)
Lpp 105.16(345'-0") B 15.24(50'-0") D 8.86(29'-1") m 主機 R 3連成 2,886IHP 1基 10/14.134kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.285 秋田丸型 大阪商船株式会社(大阪)
まどらす丸 MADRAS MARU
1933.4(昭8)南洋航路・南洋自由線に就航
1935.9.6(昭10)南洋海運(大阪)に出資
1944.5.31(昭19)松輪島の西方70哩(48.21N,151.19E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没

319. 八雲丸 YAKUMO MARU (1919)
25848/RSBD→JCFB 貨物船 3,200G/T 4,875D/W 進水 1919.6(大8) 竣工 1919(大8)
Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 1,500IHP 1基 12.33kt
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 Sno.317 神隆丸型 帝國汽船株式会社(神戸)
八雲丸 YAKUMO MARU 鈴木商店の発注
1919.7.14(大8)大阪商船(大阪)に売却
1944(昭19)ニューギニアのアイタフ島東方(3.08S,142.21E)で空爆により沈没

あらすか丸型 2隻 ALASKA MARU Class (1919 - 1920)

あらすか丸
あらすか丸 Alaska Maru
三菱長崎造船所が大正期に建造した10,000重量トン級の標準型貨物船。ストックボートとして5隻建造され、日本郵船と大阪商船が購入した。大阪商船のあらすか丸は同社初の紐育航路に就航した。
貨物船 Lpp 128.02(420'-0") B 17.07(56'-0") D 11.73(38'-6") m 主機 R 3連成 1基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造
320. あらすか丸 ALASKA MARU 25937/RQMN→JALD 7,379G/T 10,777D/W 4,390IHP 11/14.582kt
起工 1919.3.12(大8) 進水 1919.7.31(大8) 竣工 1919.8.20(大8) Sno.327 大阪商船株式会社(大阪)
あらすか丸 ALASKA MARU
1933.11(昭8)阿弗利加航路・阿弗利加西岸線に就航
1943.12.20(昭18)パラオからラバウルに向け航行中、ニューアイルランド島南方のカビエン沖で空爆により沈没
321. あとらす丸 ATLAS MARU 26272/RSTW→JAPD 7,342G/T 10,804D/W 4,622IHP 11/14.682kt
起工 1919.8.28(大8) 進水 1919.12.27(大8) 竣工 1920.1.21(大9) Sno.330 大阪商船株式会社(大阪)
あとらす丸 ATLAS MARU
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1944.11.3(昭19)バシー海峡(20.33N,121.32E)で米潜POMFRET(SS-391)の雷撃を受け同月18日に船体放棄
あとらす丸
あとらす丸 Atlas Maru

へいぐ丸型 4隻 HAGUE MARU Class (1920)

へいぐ丸
へいぐ丸 Hague Maru

S.Kizu
貨物船 Lpp 124.13(407'-3") B 15.27(50'-1") D 9.93(32'-7") m 主機 R 3連成 1基 蓬莱山丸型
322. へいぐ丸 HAGUE MARU 26273/RVTB→JHXD 5,824G/T 8,761D/W 3,970IHP 9.14/13.78kt
進水 1919.12(大8) 竣工 1920.2.14(大9) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
へいぐ丸 HAGUE MARU
1942.10.8(昭17)和歌山県尾鷲沖(34.01N,138.06E)で米潜DRUM(SS-228)の雷撃により沈没
323. はばな丸 HAVANA MARU 26750/RVQT→JHCD 5,823G/T 8,707D/W 3,970IHP 9.5/13.28kt
進水 1920.3(大9) 竣工 1920.4.10(大9) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
はばな丸 HAVANA MARU
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1942.11.18(昭17)ショートランド島ブイン (6.30N,155.45E)で空爆により沈没
はばな丸
はばな丸 Havana Maru

S.Kizu
324. はあぶる丸 HAVRE MARU 26757/RVWG→JDLD 5,821G/T 8,651D/W 3,973IHP 9.27/14.16kt
進水 1920.4(大9) 竣工 1920.5.25(大9) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
はあぶる丸 HAVRE MARU
1944.6.6(昭19)館山からサイパンに向けて航行中、サイパンの北西200哩(16.28N,142.16E)で米潜PINTADO(SS-387)の雷撃により沈没
はあぶる丸
はあぶる丸 Havre Maru
326. ほのるる丸 HONOLULU MARU 26771/SCRG→JNED 5,751G/T 8,582D/W 3,970IHP 9/14kt
進水 1920.6(大9) 竣工 1920.7.31(大9) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
ほのるる丸 HONOLULU MARU
1934.3.18(昭9)日本合同工船(大阪)に売却、同年5月14日に北辰丸 HOKUSHIN MARU と改名
1936(昭11)共同漁業(大阪)に移籍
1937.3(昭12)日本水産(大阪)に移籍
1943.3(昭18)日本海洋漁業統制(大阪)に移籍
1945.6.30(昭20)中国の楡林沖 (18.00N,109.30E)で時化のため沈没

328. あるぐん丸 ARGUN MARU (1920)
27435/SCRP→JNJD 貨物船 6,609G/T 10,549D/W 進水 1920.7.21(大9) 竣工 1920(大9)
Lpp 126.49(415'-0") B 16.92(55'-6") D 9.96(32'-8") m 主機 R 279NHP/3,625IHP 1基 10.5/12.5kt
株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 いいすたん らいと型 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)
あるぐん丸 ARGUN MARU ストックボート
1920.9.15(大9)大阪商船(大阪)に売却
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1943.9.15(昭18)東シナ海(26.33N,123.00E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没

福建丸型 6隻 FUKKEN MARU Class (1920 - 1921)

福建丸
福建丸 Fukken Maru

S.Kizu
湖南丸に引き続き準同型船として6隻建造された。浦賀船渠で建造された日清汽船の廬山丸型 も準同型船である。
貨客船 Lpp 86.72(284'-6") B 12.95(42'-6") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
330. 福建丸 FUKKEN MARU 27463/SCTJ→JFIA 2,568G/T 3,562D/W 168NHP/2,175IHP 10.5/12.8kt
進水 1920.9(大9) 竣工 1920.10.30(大9) 福建丸 FUKKEN MARU 船客 1等(6室):30 2等) 3等(1室):129
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に売却
1942.12.29(昭17)海南島の北西岸で雷撃により沈没
332. 貴州丸 KISHU MARU 27457/SCTN→JCTC 2,568G/T 3,540D/W 168NHP/2,272IHP 10.5/12.8kt
進水 1920.10(大9) 竣工 1920.12.10(大9) 貴州丸 KISHU MARU 船客 1等(8室):28 2等) 3等(1室):58
1933.5(昭8)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1940.11.29(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1945.3.28(昭20)高雄港内(22.0N,120.05E)で空爆により沈没
貴州丸
貴州丸 Kishu Maru
333. 河南丸 KANAN MARU 27472/SCTW→JHBA 2,567G/T 3,540D/W 7,167NHP/2,195IHP 10.5/12.7kt
進水 1920.11(大9) 竣工 1921.1.29(大10) 河南丸 KANAN MARU 船客 1等(8室):28 2等) 3等(1室):84
1935(昭10)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1942.5.7(昭17)カムラン沖(12.05N,109.35E)で米潜SKIPJACK(SS-184)の雷撃により沈没
河南丸
河南丸 Kanan Maru
335. 武昌丸 BUSHO MARU 27480/SGJM→JCSB 2,567G/T 3,540D/W 168NHP/2,187IHP 10.5/12.9kt
進水 1921.3(大10) 竣工 1921.5.14(大10) 武昌丸 BUSHO MARU 船客 1等(8室)28: 2等) 3等(1室):84
1933.5(昭8)近海航路・大阪北鮮急航線に就航
1940.11.29(昭15)南日本汽船(基隆)に売却
1944.1.26(昭19)南シナ海(8.30N,109.10E)で米潜CREVALLE(SS-291)の雷撃により沈没
武昌丸
武昌丸 Busho Maru

S.Kizu
336. 盛京丸 SEIKYO MARU 28068/SGJQ→JFKA 2,565G/T 3,540D/W 168NHP/2,272IHP 10.5/12.9kt
進水 1921.4(大10) 竣工 1921.6.29(大10) 盛京丸 SEIKYO MARU 船客 1等(8室):28 2等) 3等(1室):84
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.5(昭19)南シナ海(21.54N,116.10E)で空爆により沈没
盛京丸
盛京丸 Seikyo Maru

S.Kizu
337. 長沙丸 CHOSA MARU 28075/SGKD→JHYA 2,541G/T 3,547D/W 168NHP/2,017IHP 10.5/12.5kt
進水 1921.6(大10) 竣工 1921.8.29(大10) 長沙丸 CHOSA MARU 船客 1等(8室):28 2等) 3等(1室):58
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍
1943.8.20(昭18)マラッカ海峡(5.09N,100.10E)で雷撃により沈没
長沙丸
長沙丸 Chosa Maru

S.Kizu

329. はんぶるぐ丸 (1) HAMBURG MARU (1920) 株式会社内田造船所(横濱)建造

はんぶるぐ丸
はんぶるぐ丸 Hamburg Maru

S.Kizu

334. 春光丸 SHUNKO MARU (1919)
26171/RSJP→JSQD 貨物船 6,776G/T 10,870D/W
起工 1919.6.20(大8) 進水 1919.11.4(大8) 竣工 1919.11.24(大8)
Lpp 129.54(425'-0") B 17.68(53'-8") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 3,756IHP 1基 10/13.979kt
帝國汽船株式会社播磨造船所(相生)建造 Sno.30 イースタン ショア型 株式会社互光商会(尼崎)
春光丸 SHUNKO MARU
1921.2.10(大10)大阪商船(大阪)に売却
1933(昭8)印度航路・神戸孟買線に就航
1942.10.14(昭17)カロリン諸島(5.45N,144.25E)で米潜SKIPJACK(SS-184)の雷撃により沈没

338. ばいかる丸 BAIKAL MARU (1921)

ばいかる丸
ばいかる丸 Baikal Maru
大阪商船が大連航路用に新造した同社では初のタービン主機の貨客船。当時の海上人命安全会議が規定した英国商務院の規定に基づいて設計された。船体工事は三菱神戸造船所、艤装工事は同長崎造船所で行った。
28078/SGKJ→JBPA 貨客船 5,243G/T 4,848D/W
起工 1920.12.1(大9) 進水 1921.5.10(大10) 竣工 1921.9.15(大10)
Lpp 121.92(400'-0") B 15.24(50'-0") D 9.14(30'-0") m 主機 T 三菱Parsons S. G. 5,500SHP 2基 13/17.283kt
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.94 大阪商船株式会社(大阪)
ばいかる丸 BAIKAL MARU 大連航路用に新造された大阪商船では初のタービン主機の旅客船 船客 1等)92 2等)140 3等)568 SCAJAP No.B001
1921.9.15(大10)艤装工事は長崎造船所(Sno.344)で施行、完成
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)に売却
1945.5.14(昭20)大分県姫島沖で触雷、座礁。戦後、浮揚
1949.10.20(昭24)極洋捕鯨(東京)に売却
1950.3.9(昭25)佐野安船渠(大阪)で近海捕鯨工船に改造完成
1951.10.10(昭26)日立造船(因島)で南氷洋捕鯨工船に改造完成。5,504G/T、Loa:128.01m 主機D)新潟M8F43A 1,800PS 2基2軸
1951.10.13(昭26)ばいかる丸船団、初の南氷洋捕鯨母船として出漁(マッコウクジラだけの条件付き)
1952.3(昭27)小笠原周辺の最後の母船式捕鯨へ出漁
1952.7.10(昭27)第1次北洋捕鯨へ初出漁。大洋漁業、日本水産、極洋捕鯨の3社共同の母船として横浜を出航。同年9.29帰港
1955.3.1(昭30)飯野重工で冷凍工船に改装、極星丸 KYOKUSEI MARU と改名
1955.5.2(昭30)第2次北洋サケ・マス漁業に極星丸船団が釧路を出航
1968(昭43)解体

339. 紫丸 MURASAKI MARU (1921)

紫丸
紫丸 Murasaki Maru

別府港桟橋
大正末期から昭和初期にかけて大阪商船の主要な旅客・貨物船の設計を数多く手がけた和辻春樹氏の処女設計船として知られる。
28083/SGKQ→JTVH 旅客船 1,586G/T 495D/W 進水 1921.10.30(大10) 竣工 1921.12.18(大10)
Lpp 70.10(230'-00") B 11.58(38'-00") D 6.40(21'-00") m 主機 R 3連成 172NHP/2,687IHP 2基 13/15.23kt
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
紫丸 MURASAKI MARU 船客 1等)30 2等)143 3等)300
1934.10.15(昭9)むらさき丸 MURASAKI MARU と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1950.12.16(昭25)解体のため佐野安船渠(大阪)に売却

浦戸丸型 2隻 URADO MARU Class (1921 - 1922)
貨客船 Lpp 65.53(215'-00") B 11.28(37'-00") D 6.10(20'-00") m 主機 R 3連成 2基
株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
340. 浦戸丸 URADO MARU 28084/SGKP→JJVH 1,248G/T 564D/W 152NHP/2,467IHP 12/14.3kt
進水 1921.10.18(大10) 竣工 1921.12.25(大10) 浦戸丸 URADO MARU
1931.10.29(昭6)土佐商船(高知)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1943.7.15(昭18)豊後水道(33.59N,132.44E)で宮地汽船(神戸)の聖山丸と衝突、沈没
1950.6.8(昭25)引揚げ後、同月10日にNBC呉造船所で解体
342. 室戸丸 MUROTO MARU 28094/SJWK→JJUH 1,254G/T 580D/W 152/2,014HP 13/15.2kt
進水 1922.4.1(大11) 竣工 1922.6.14(大11) 室戸丸 MUROTO MARU
1931.10.30(昭6)土佐商船(高知)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1945.10.7(昭20)大阪湾の魚崎沖5哩で触雷、沈没
室戸丸
室戸丸 Muroto Maru

ろんどん丸型 2隻 LONDON MARU Class (1922)

ろんどん丸
ろんどん丸 London Maru
大阪商船が朝鮮丸型の成功を受けて本航路用に英国に発注した貨客船。主機に英国パーソンス社のインパルス・レアクション式2段減速タービンを採用した。ばいかる丸に次ぎタービン主機を採用した貨客船であり、またボイラには重油燃焼装置を使用した。両船は関東大震災の際は横濱に停泊中で救助活動に活躍。大正11年(1922)に日本欧州線に就航したが、大正14年(1925)4月以降、ピューゼットサウンド線に転配されている。
貨客船 Lpp 137.49(451'-1") B 17.22(56'-6") D 10.74(35'-03") m 主機 T Parsons 2段減速 2基
Cammell Laird & Co. Ltd.,Birkenhead建造 大阪商船株式会社(大阪)
341. ろんどん丸 LONDON MARU 28698/SJWP→JCZA 7,104G/T 7,088SHP 12/14.5kt
進水 1921.9.3(大10) 竣工 1922.2.21(大11) ろんどん丸 LONDON MARU 船客 1等)20
1944.4.22(昭19)シンガポ−ルからサンジャックに向け航行中、サンジャック沖(10.00N,107.30E)で空爆により沈没
344. ぱりい丸 PARIS MARU 29059/SLKR→JATA 7,197G/T 6,200SHP 12/14.7kt
進水 1921.12.15(大10) 竣工 1922.10.8(大11) ぱりい丸 PARIS MARU 船客 1等)70
1934.1.16(昭9)ポ−トエリザベス港沖で座洲、沈没。同港への入出航船舶の障害となるため引揚後、解体
ぱりい丸
ぱりい丸 Paris Maru

でりい丸型 2隻 DELI MARU Class (1922)

でりい丸
でりい丸 Deli Maru
貨客船 Lpp 82.30(270'-0") B 13.11(43'-0") D 6.86(22'-06") m 主機 R 3連成 1基
株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造 大阪商船株式会社(大阪)
343. でりい丸 DELI MARU 28708/SKBJ→JHKA 2,171G/T 2,890D/W 2,015IHP 10.7/11.7kt
進水 1922.6.12(大11) 竣工 1922.8.10(大11) でりい丸 DELI MARU 船客 1等)15 2等) 3等)212
1944.1.16(昭19)三宅島沖(34.12N,139.54E)で米潜SWORDFISH(SS-193)の雷撃により沈没
345. めなど丸 MENADO MARU 28719/SLKC→JHXA 2,166G/T 2,872D/W 167NHP/2,040IHP 10.7/12.4kt
進水 1922.8.13(大11) 竣工 1922.10.25(大11) めなど丸 MENADO MARU 船客 1等)15 2等) 3等)210
1944.1.20(昭19)中国の汕頭の南西(23.20N,116.45E)で空爆により沈没
めなど丸
めなど丸 Menado Maru

S.Kizu

347. 蓬莱丸 HORAI MARU (1912)

蓬莱丸
蓬莱丸 Horai Maru
29715/SPGL→JTRA 旅客船 9,206G/T 6,694D/W 進水 1912.11(大1)
Lpp 137.16(450'-0") B 18.29(60'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 4連成 8,132IHP 2基 13.5/16.1kt
William Denny & Bros.,Dumbarton,Scotland建造 Lloyd Belge Royal,Belge
PAYS DE WAES 船客 1等)51 2等)129 3等)669
1914(大3)Australas'n United Steam Nav. Co. Ltd.(Brisbane)に売却、INDARROと改名
1923.11.13(大12)大阪商船(大阪)に売却、蓬莱丸 HORAI MARU と改名
1942.3.1(昭17)バタビヤのバンタム島(スンダ海峡)(6.00S,107.00E)で砲火と雷撃を受けて沈没

348. 扶桑丸 FUSO MARU (1908)

扶桑丸
扶桑丸 Fuso Maru

S.Kizu
29718/SPGO→JYJA 貨客船 8,188G/T 9,217D/W 進水 1908.3.19(明41) 竣工 1908.5(明41)
Lpp 144.96(475.60') B 17.40(57.10') D 11.16(36.60') m 主機 R 3連成 7,113IHP 2基 13.27/16.16kt
Barcay Curle Co. Ltd.,Glassgow建造 Russian East Asiatic Steamship Co.,Denmark
RUSSIA 船客 1等)42 2等)88 3等)638
1917(大6)ROSSIJAと改名
1919(大8)Akties Det Ostasiatisko Kompagni(Copenhagen)に売却、RUSSと改名
1921(大10)LATVIAと改名
1923.12.24(大12)大阪商船(大阪)に売却、扶桑丸 FUSO MARU と改名
1944.7.31(昭19)高雄からマニラに向け航行中、ルソン島の北方30哩(19.00N,120.55E)で米潜STEELHEAD(SS-280)の雷撃により沈没

音戸丸型 3隻 ONDO MARU Class (1924 - 1925)

音戸丸
音戸丸 Ondo Maru
主機の600馬力ディーゼル機関は英国ヴィッカース・アームストロング社から輸入して装備、甲板補機械も全て電化した。本船はディーゼル船のため煙突不要論もあったが社標取り付けの関係上煙出しの周囲に櫓を設けた。
旅客船 Lpp 51.82(170'-0") B 8.53(28'-0") D 5.56(18'-3") m 主機 D 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
349. 音戸丸 ONDO MARU 29085/SPFL→JMPE 688G/T 285D/W 600BHP 12.346kt
起工 1923.6.4(大12) 進水 1923.11.10(大12) 竣工 1924.1.25(大13) Sno.130 音戸丸 ONDO MARU
1935.3.2(昭10)攝陽商船(大阪)に売却
1938.10.21(昭13)日清汽船(東京)に売却
1939.8.5(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍。太平洋戦争で戦没、詳細不明
352. 早鞆丸 HAYATOMO MARU 30368/STGB→JMRE 697G/T 296D/W 600BHP 11/12.322kt
起工 1924.7.15(大13) 進水 1924.12.15(大13) 竣工 1925.3.26(大14) Sno.152 早鞆丸 HAYATOMO MARU
1935.3.4(昭10)攝陽商船(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1961.1.16(昭36)佐野安船渠(大阪)に売却、解体
早鞆丸
早鞆丸 Hayatomo Maru

S.Kizu
353. 三原丸 MIHARA MARU 30369/STGJ→JMSE 697G/T 298D/W 600BHP 12.316kt
起工 1924.7.15(大13) 進水 1925.1.14(大14) 竣工 1925.3.31(大14) Sno.153 三原丸 MIHARA MARU
1935.3.1(昭10)攝陽商船(大阪)に売却
1942.3(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1944.9.13(昭19)フィリピンのスリガオ海峡(レガスピー沖)(10.30N,125.30E)で空爆により沈没
三原丸
三原丸 Mihara Maru

S.Kizu

351. 紅丸 KURENAI MARU (1924)

紅丸
紅丸 Kurenai Maru
大阪鐵工所では初のディーゼル主機(デンマークB&W社製)搭載船。
29724/STFC→JMQE 旅客船 1,540G/T 進水 1924.7.16(大13) 竣工 1924.9.17(大13)
Lpp 72.59(238'-02") B 11.58(38'-00") D 5.94(19'-06") m 主機 D B&W 1,800BHP 2基 13.7/14.35kt
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
紅丸 KURENAI MARU 船客 1等)38 2等)108 3等)452
1934.10.16(昭9)くれなゐ丸 KURENAI MARU と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1944.9.9(昭19)フィリピンのスル海(レガスピー沖)(9.00N,122.20E)で空爆により沈没

354. 大球丸 DAIKYU MARU (1920)

大球丸
大球丸 Daikyu Maru
26773/SCRJ→JCQB 貨客船 1,518G/T 2,220D/W 進水 1920.5(大9)
Lpp 76.20(250'-0") B 10.67(35'-0") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1,250NHP/1,250IHP 1基 10.5/12.5kt
藤永田造船所(大阪)建造 日本汽船
大球丸 Daikyu Maru
1925.5.6(大14)大阪商船(大阪)に売却
1939.8.5(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴ない移籍
1945.1.12(昭20)タムカン沖(14.33N,109.35E)で空爆により沈没

355. 日東丸 NITTO MARU (1920)
26772/SCRH→JHNB 貨物船 2,187G/T 3,477D/W 進水 1920.6(大9)
Lpp 82.91(272'-0") B 12.19(40'-0") D 7.37(24'-2") m 主機 R 3連成 181NHP/1,800IHP 1基 9/12.4kt
藤永田造船所(大阪)建造 霧島丸型 日東汽船株式会社
日東丸 NITTO MARU
1925.6.19(大14)大阪商船(大阪)に売却
1939.8(昭14)東亞海運(東京)に売却
1944.7.4(昭19)東シナ海(19.20N,115.50E)で米潜SEAHORSE(SS-304)の雷撃により沈没

さんとす丸型 3隻 SANTOS MARU Class (1925 - 1926)

さんとす丸
さんとす丸 Santos Maru
大阪商船が移民輸送を主目的として同社の南米東岸航路用に三菱長崎造船所で新造した貨客船。主機にスイスのSulzer社製のディーゼルを搭載したわが国最初の航洋大型ディーゼル船として知られる。またジャイロコンパスに連動する自動操舵装置を竣工時から装備した。もんてびでお丸の主機は三菱長崎造船所が製作特許権を取得して製作された。
貨客船 Lpp 131.06(430'-0") B 17.07(56'-0") D 10.97(36'-0") m
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
356. さんとす丸 (1) SANTOS MARU 31173/TBLQ→JCIB 7,266G/T 7,336D/W
主機 D Sulzer & Brothers 6ST60 4,600/6,159BHP 2基 11.96/16.438kt
起工 1925.1.5(大14) 進水 1925.9.5(大14) 竣工 1925.12.10(大14) Sno.410 さんとす丸 SANTOS MARU 船客 1等)40, 2等)__, 3等)790
1941(昭16)満珠丸 MANJU MARU と改名
1944.11.25(昭19)バシー海峡(20.12N,121.51E)で米潜ATULE(SS-403)の雷撃により沈没
357. らぷらた丸 (1) LA PLATA MARU 31177/TBLN→JDZB 7,267G/T 7,314D/W
主機 D Sulzer & Brothers 6ST60 4,600BHP 2基 12/16.036kt
起工 1925.3.30(大14) 進水 1925.12.17(大14) 竣工 1926.4.20(大15) Sno.411 らぷらた丸 LA PLATA MARU 船客 1等)40, 2等)__, 3等)738
1941(昭16)干珠丸 KANJU MARU と改名
1945.1.12(昭20)サイゴン港内(10.00N,107.00E)で空爆により沈没
らぷらた丸
らぷらた丸 La Plata Maru
358. もんてびでお丸 (1) MONTEVIDEO MARU 31553/TDCB→JIAB 7,267G/T 7,299D/W
主機 D 三菱Sulzer 6ST60 4,600BHP 2基 12/16.191kt
起工 1925.9.9(大14) 進水 1926.4.15(大15) 竣工 1926.8.14(大15) Sno.412 もんてびでお丸 MONTEVIDEO MARU 船客 1等)40, 2等)__, 3等)790
1942.7.1(昭17)ルソン島北西端(18.35N,120.25E)で米潜STURGEON(SS-187)の雷撃により沈没
もんてびでお丸
もんてびでお丸 Montevideo Maru

S.Kizu

359. 瑞穂丸 MIZUHO MARU (1912)

瑞穂丸
瑞穂丸 Mizuho Maru

S.Kizu
31569/TKCD→JTLB 貨客船 8,511G/T 6,572D/W 進水 1912.9(大1)
Lpp 140.21(460.0') B 17.68(58.0') D 12.07(39.60') m 主機 R 4連成 6,500IHP 2基 14.5/16.5kt
Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造 Pinillos Izquierdo & Co.,Spain
INFANTA ISABEL 船客 1等)41 2等)131 3等)663
1926.8.30(大15)大阪商船(大阪)に売却、瑞穂丸 MIZUHO MARU と改名
1944.8.30(昭19)高雄からマニラに向け航行中、ルソン島北方ラオアグ沖(18.38N,120.43E)で米潜REDFISH(SS-395)の雷撃により沈没(空爆の記録あり)

那智丸型 2隻 NACHI MARU Class (1926 - 1927)

那智丸
那智丸 Nachi Maru
音戸丸型に引き続いて三菱神戸造船所で建造された大阪商船の国内航路用旅客船。主機は音戸丸型と同じ三菱ヴィッカースディーゼル機関を採用、これは三菱神戸造船所が初めて製作したディーゼル機関であった。同所は大正時代から英国ヴィッカース・アームストロング社と潜水艦用主機の技術提携を行っている。
旅客船 Lpp 70.10(230'-0") B 11.28(37'-0") D 6.10(20'-0") m 主機 D 三菱Vickers 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
360. 那智丸 NACHI MARU 31563/TDCQ→JNAH 1,601G/T 574D/W 1,200BHP 13/14.283kt
起工 1926.5.3(大15) 進水 1926.10.9(大15) 竣工 1926.12.20(大15) Sno.174 那智丸 NACHI MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1960.4.30(昭35)解体のため佐野安船渠(大阪)に売却
1961.7.1(昭36)解体完了
361. 牟婁丸 MURO MARU 31571/TKCG→JNBH 1,601G/T 567D/W 1,200/1,397BHP 12.27/14.564kt
起工 1926.6.1(大15) 進水 1926.12.9(大15) 竣工 1927.2.28(昭2) Sno.175 牟婁丸 MURO MARU
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1944.11.13(昭19)マニラ湾で米空母艦載機の空爆により沈没
牟婁丸
牟婁丸 Muro Maru
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-7-21