概要と建造船 輸入船2 - 幕末・維新−明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争 戻る

Bergenmekanish Vaerks

高岡丸 TAKAOKA MARU (1908)

高岡丸
高岡丸 Takaoka Maru

Bergens Mekaniske Vaerksted

天祐丸 TENYU MARU (1902)

Martens, Olsen & Co

SNo.15 瑞穂丸 MIZUHO MARU (1885)

John Laird

SNo.133 新潟丸 NIIGATA MARU (1855)

Cammell Laird & Co. Ltd.

ろんどん丸型 2隻 LONDON MARU Class (1922)

ろんどん丸
ろんどん丸 London Maru
大阪商船が朝鮮丸型の成功を受けて本航路用に英国に発注した貨客船。主機に英国パーソンス社のインパルス・レアクション式2段減速タービンを採用した。ばいかる丸に次ぎタービン主機を採用した貨客船であり、またボイラには重油燃焼装置を使用した。両船は関東大震災の際は横濱に停泊中で救助活動に活躍。大正11年(1922)に日本欧州線に就航したが、大正14年(1925)4月以降、ピューゼットサウンド線に転配されている。
貨客船 Lpp 137.49(451'-1") B 17.22(56'-6") D 10.74(35'-03") m 主機 T Parsons 2段減速 2基
Cammell Laird & Co. Ltd.,Birkenhead建造 大阪商船株式会社(大阪)
1.

ろんどん丸 LONDON MARU (1922)

2.

ぱりい丸 PARIS MARU (1922)
ぱりい丸
ぱりい丸 Paris Maru

オーシャン丸 OCEAN MARU (1930)

オーシャン丸
オーシャン丸 Ocean Maru

Laird Bros. & Co.

SNo.514 廣東丸 CANTON MARU (1883)

Thames Iron Works & Shipbuilding Co.

紀伊國丸 KINOKUNI MARU (1858)

太平丸 TAIHEI MARU (1859)

高砂丸 TAKASAGO MARU (1860)

Gebr. Pot

共同丸 KYODO MARU (1914)

A. Denny

伏見丸 FUSHIMI MARU (1864)

伏見丸
伏見丸 Fushimi Maru

Campbeltown S. B. Co.

SNo.42 久満加多丸 KUMAKATA MARU (1895)

久満加多丸
久満加多丸 Kumakata Maru

隆安丸 RYUAN MARU (1914)

Nylands Verksted,

SNo.84 薩摩丸 SATSUMA MARU (1892)

SNo.96 中越丸 CHUETSU MARU (1895)

SNo.98 袖ヶ浦丸 SODEGAURA MARU (1895)

袖ヶ浦丸
袖ヶ浦丸 Sodegaura Maru

SNo.150 温州丸 ONSHU MARU (1904)

温州丸
温州丸 Onshu Maru

Brown