船歴 輸入船2 - 幕末・維新−明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争 戻る

Bergenmekanish Vaerks

高岡丸 TAKAOKA MARU (1908)

高岡丸
高岡丸 Takaoka Maru
30047/SQNC→JLHB 貨客船 1,289G/T 進水 1908.1(明41) 竣工 1908(明41)
Lpp 70.26(230.5') B 9.63(31.6') D 7.13(23.4') m 主機 R 3連成 161NHP/1,635IHP 1基 10/12kt
Bergenmekanish Vaerks,Bergen建造 A. Halvorsen,Bergen
JOLANDA DI GIORGIO SCAJAP No.C011 船客 1等)8 3等)42
1916(大5)A/S D/S Vestnorge, Bergenに売却、VESTNORGEと改名
1924(大13)嶋谷汽船(株)(神戸)に売却、高岡丸Takaoka Maruと改名
1929(昭4)北九州商船(株)(福岡)に売却、朝博丸Chohaku Maruと改名
1931.7.20(昭6)博多/釜山航路の定期船として就航中、対馬東海岸の北田勝漁港付近で座礁、船体を大破し浸水、東京サルヴエージの吾妻丸により浮揚、後に修理
1934.3.10(昭9)川崎汽船(株)(神戸)に売却、下関/麗水航路
1937.4.1(昭12)海軍に徴傭され、特設運送船(雑用船)に入籍
1940.3.21(昭15)解除
1950.12.14(昭25)低性能船舶買入法により政府に売却、解体

Bergens Mekaniske Vaerksted

天祐丸 TENYU MARU (1902)
27835/SFJP→JTSE 貨客船 1,054G/T 進水 1902.1.1(明35) 竣工 1902(明35)
Lpp 60.90 B 9.73 D 6.67 m 11/12kt
Bergens Mekaniske Vaerksted,Bergen建造 S. L. Christie,Bergen
BEATRICE 船客 1等)12 2等)38 3等)240 SCAJAP No.T050
1917(大6)Akties. Dampskibsselskab Beatrice,Norwayに売却
1919(大8)Skibs A/S Jacobsen & Waalmans Rederi,Christiansundに売却
1920(大9)Dampskibsselskab Vest-norge A/S,Christiansund に売却
1921(大10)Algemeene-Rotterdamsche Overzee Scheepvaart Maats.,Rotterdam に売却
1922(大11)土佐同盟汽船(株)(高知・潮江)に売却、天祐丸と改名
1931.10.10(昭6)社名の変更に伴ない土佐商船(株)(高知)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴ない移籍
1948.4.27(昭23)大阪/高知線に就航中に室戸沖で座礁、沈没
1949.10.10(昭24)船籍を抹消

Martens, Olsen & Co

SNo.15 瑞穂丸 MIZUHO MARU (1885)
關19/QBDH 貨物船 1,351G/T 進水 1885(明18)
Lpp 73.93 B 9.85 D 5.94 m 主機 R 92NHP/520IHP 9/10kt
Martens, Olsen & Co,Bergen建造 Sno.15 J. C. Knudsen(Porsgrunn)
NORRONA
1907(明40)Taimo Yoko, Chemulpoに売却
1909(明42)Tong Tin Kee, Shanghaiに売却、信俊 HSING SHUNと改名
1912(大1)岩城 卯吉(大連)に売却、瑞穂丸と改名
1913(大2)Warner, Barnes & Co., Ltd., Hong Kongに売却、SISIMANと改名
1915(大4)Sisiman SS. Co., Ltd., Hong Kongに売却
1926(大15)Fu Hai Steam Navigation Co., Shanghaiに売却、HU TAと改名
1927(昭2)Hua Tai Steam Navigation Co. (Wen Kee SS. Co.), Shanghaiに売却
1929(昭4)Chin An SS. Co. (Hop Tai SS. Co.), Shanghaiに売却、HO ANと改名
1933.5.20(昭8)Astraea Channel, Whangpoo RiverでJOHANNE JUSTESENと衝突、擱座、後に解体

John Laird

新潟丸 NIIGATA MARU (1855)
45/HBDQ 鉄製汽船 1,910G/T 進水 1855(嘉7)
Lpp 75.59 B 10.67 D 5.18 m 主機 R 2連成 12/14.6kt
John Laird,Birkenhead建造 Canadian Steam Navigation Co.
ERIE
1856(1856)Gauthier Freres Compagnie Franco-Americaine(France)に売却、BARCELONEと改名
1858(1858)Peninsular & Oriental Steam Navigation Co.(London)に売却、BEHARと改名
1874.11.6(明7)日本政府に売却、新潟丸 NIIGATA MARU と改名
1875.9.15(明8)郵便汽船三菱会社へ移籍
1885.10.1(明18)日本郵船会社(東京)に移籍
1893.4.11(明26)緒明菊三郎(東京)に売却
1897(明30)解体

Cammell Laird & Co. Ltd.

ろんどん丸型 2隻 LONDON MARU Class (1922)

ろんどん丸
ろんどん丸 London Maru
大阪商船が朝鮮丸型の成功を受けて本航路用に英国に発注した貨客船。主機に英国パーソンス社のインパルス・レアクション式2段減速タービンを採用した。ばいかる丸に次ぎタービン主機を採用した貨客船であり、またボイラには重油燃焼装置を使用した。両船は関東大震災の際は横濱に停泊中で救助活動に活躍。大正11年(1922)に日本欧州線に就航したが、大正14年(1925)4月以降、ピューゼットサウンド線に転配されている。
貨客船 Lpp 137.49(451'-1") B 17.22(56'-6") D 10.74(35'-03") m 主機 T Parsons 2段減速 2基
Cammell Laird & Co. Ltd.,Birkenhead建造 大阪商船株式会社(大阪)
ろんどん丸 LONDON MARU 28698/SJWP→JCZA 7,104G/T 7,088SHP 12/14.5kt
進水 1921.9.3(大10) 竣工 1922.2.21(大11) ろんどん丸 LONDON MARU 船客 1等)20
1944.4.22(昭19)シンガポ−ルからサンジャックに向け航行中、サンジャック沖(10.00N,107.30E)で空爆により沈没
ぱりい丸 PARIS MARU 29059/SLKR→JATA 7,197G/T 6,200SHP 12/14.7kt
進水 1921.12.15(大10) 竣工 1922.10.8(大11) ぱりい丸 PARIS MARU 船客 1等)70
1934.1.16(昭9)ポ−トエリザベス港沖で座洲、沈没。同港への入出航船舶の障害となるため引揚後、解体
ぱりい丸
ぱりい丸 Paris Maru

オーシャン丸 OCEAN MARU (1930)

オーシャン丸
オーシャン丸 Ocean Maru
69336/JHDW 貨物船 6,054G/T 9,283D/W 進水 1930.9(昭5) 竣工 1930(昭5)
Lpp 127.48 B 16.60 D 9.95 m 主機 R 3連成 3,200IHP 11/13kt
Cammell Laird & Co. Ltd.,Birkenhead建造 Pacific Union Marine Corp.,Liverpool
RECORDER SCAJAP No.P052
1951(昭26)Audax S. S. Co. Ltd.,Hong Kongに売却、AUDAXと改名
1952(昭27)Pacific Union Marine Corp.,Panamaに売却、OCEAN STARと改名
1952.5(昭27)八馬汽船(株)(西宮)に売却、オーシャン丸 OCEAN MARU と改名
1952.6.4(昭27)佐野安船渠で改造完工
1959(昭34)北洋水産(株)(東京)に売却、星洋丸 SEIYO MARU と改名
1961.1(昭36)主機をD 三菱長崎7UET45/75 3,150PSに換装
1971.12.10(昭46)台湾の高雄で解体

Laird Bros. & Co.

SNo.514 廣東丸 CANTON MARU (1883)
9736/JVFN→JSZB 鉄製貨物船 2,566G/T 進水 1883.6(明16)
Lpp 91.05 B 11.87 D 8.40 m 主機 R 168NHP/851IHP 8/9.3kt
Laird Bros. & Co.,Birkenhead建造 Sno.514 Steaship Albany Co.,Liverpool
ALBANY
1895(明28)Laird Bros. Birkenhead,Newcastle,Englandに売却、WILLOWDONEと改名
1896(明29)J.T. Lunn Co.,Newcastle,Englandに売却
1899(明32)G.T. Monsen,Stavanger,Norwayに売却、VERDANDEと改名
1901(明34)AcTieselsk Verdande,Stavanger,Norwayに売却
1905(明38)簡照南(神戸)に売却、廣東丸と改名
1907(明40)原田十次郎(神戸)に売却
1909.4(明42)合資会社(合)原田商行(小浜)に移籍
1915(大4)谷道英橘(尼崎)に売却
1916(大5)谷道耕太郎(尼崎)に移籍
1917.6.20(大6)山下汽船(株)(尼崎)に売却
1923(大12)山下汽船鉱業(尼崎)に売却
1925(大14)山下汽船(株)(尼崎)に移籍
1926.12.30(昭1)樺太産業(不詳)に売却
1927(昭2)日本工船漁業(株)(京都・府中)に売却
1932.4.15(昭7)日本合同工船(京都・府中)に移籍
1934.1.25(昭9)解体のため売却、國際汽船の金剛丸の解体見合船として解体同年5月2日、解体を完了
1935(昭10)昭和10年版船名録より削除

Thames Iron Works & Shipbuilding Co.

紀伊國丸 KINOKUNI MARU (1858)
505 鉄製汽船 796G/T 進水 1858(安5)
Lpp 71.17 B 8.99 m 200HP
Thames Iron Works & Shipbuilding Co.,Blackwall建造
The Peninsular And Oriental Steam Navigation Co.,London NEPAUL
1867.4.26(1867)紀州藩に売却
1870.10.22(明3)紀伊國丸 KINOKUNI MARU と改名
1871(明4)廻漕取扱所(東京)に移籍。同年、廃藩置県に伴い日本政府(東京)に移籍
1875.6(明8)日本政府(東京)に売却
1875.9(明8)郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1882.8(明15)難破

太平丸 TAIHEI MARU (1859)
鉄製外輪汽船 753G/T 進水 1859(安6)
Lpp 82.30(270'-0") B 8.31(27'-3") D 5.49(18'-0") m 355HP 16kt
Thames Iron Works & Shipbuilding Co.,Blackwall建造 Dent & Co.,U. K.
LY-EE-MOON
1863.2.18(文3)Dent & Co.より幕府(江戸)に売却、太平丸と改名
1868(明1)香港の英国商人に売却
1872(明5)香港で碇泊中、衝突、沈没。浮揚後、英国に回航、Walker & Co. U.K.に売却、スクリュー船に改造
1877(明10)Australasian Steam Navigation Co. Londonに売却
1886.5(明19)シドニーからメルボルンに向け航行中、グリーン岬で座礁、船体両断、沈没

高砂丸 TAKASAGO MARU (1860)
44/HBDS 鉄製外輪汽船 1,230G/T 進水 1860(安7)
Lpp 98.85 B 10.76 D 9.14 m 主機 R 2連成 236NHP/1,250IHP 12.5kt
Thames Iron Works & Shipbuilding Co.,Blackwall建造
The Peninsular And Oriental Steam Navigation Co.,London DELTA
1874(明7)日本政府(東京)に売却、高砂丸 TAKASAGO MARU と改名
1875.9.15(明8)三菱汽船会社(東京)に払下げ。上海でスクリュー船に改造
1875.9.18(明8)社名変更に伴い郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1898.1.28(明31)米国船主に売却、CENTENIALと改名
1905.9.13(明38)日露戦争中、宗谷海峡で日本海軍が拿捕。釈放後、米国へ帰航中に消息不明
1913(大2)ロシア人が樺太北方の氷海で発見されるが救助できず遺棄

Gebr. Pot

共同丸 KYODO MARU (1914)
28143/SGPH→JFOE→JSZE 油槽船 1,113G/T 竣工 1914.3(大3)
Lpp 57.57 B 10.15 D 5.45 m 主機 D 7/8.5kt
Gebr. Pot,Bolnes建造 N.V. Motorschip Gallia (phs. Van Ommeren),Rotterdam
GALLIA
1924(大13)株式会社(株)石油共同販売所所(函館→新潟)に売却、共同丸と改名
1935(昭10)鍵富正作(新潟)に売却
1945.1.6(昭20)ルソン北西海岸(18-08N, 120-35E)で空爆により沈没

A. Denny

伏見丸 FUSHIMI MARU (1864)

伏見丸
伏見丸 Fushimi Maru
10293→朝29→10293/LBKW→PBDJ→JOJE 鉄製汽船 1,328G/T 進水 1864(文4)
Lpp 71.23 B 9.23 D 6.85 m 主機 R 133NHP/650IHP 8/10kt
A. Denny,Bumbarton建造 D. Gillies(HongKong)
THALES
1883(明16)J. S. Lapraik,Hong Kongに売却
1884(明17)Douglas S. S. Co. Ltd,香港に売却、VETERANと改名
1907(明40)田中松之助(神戸)に売却、伏見丸 FUSHIMI MARU と改名
1908(明41)吉田秀次郎(神戸)に売却
1911(明44)崔任増(元山)に売却、俊昌號 SHUNSHO GO と改名
1912(明45)俊昌丸 SUN CHANG MARU と改名
1914(大3)荻布宗太郎(西宮)に売却、再度、伏見丸 FUSHIMI MARU と改名
1917(大6)増田久五郎(西宮)に売却
1921(大10)中野光蔵外2名(西宮)に売却
1922(大11)八木喜一(西宮)に売却
1923(大12)秋田貞吉(西宮)に売却
1925(大14)尼崎汽船(株)部(大阪)に売却
1945.4.6(昭20)六連灯台の沖 3.5哩で触雷、沈没

Campbeltown S. B. Co.

SNo.42 久満加多丸 KUMAKATA MARU (1895)

久満加多丸
久満加多丸 Kumakata Maru
9394/JTCD 貨物船 1,361G/T 進水 1895.5.15(明28) 竣工 1895.6(明28)
Lpp 71.93(230'-0") B 9.61(32'-6") D 5.67(17'-4") m 主機 R 103NHP/10IHP 9/10kt
Campbeltown S. B. Co.,Campbeltown建造 Sno.42 A/S Prosper (hans Kiar & Co.),Drammen
PROSPER
1904.12(明37)澤山精八朗(長崎)に売却、久満加多丸 KUMAKATA MARU と改名
1913(大2)松田汽船(株)(西宮)に売却
1916(大5)澤口汽船(株)(西宮)に売却
1918(大7)中國海運(東富田)に売却
1920(大9)津田(廣島・中庄)に売却
1923(大12)阪間 孝一郎(神戸→高砂)に売却
1925(大14)(株)阿部商会(高砂)に売却
1927(昭2)工藤 祐雄(高砂)に売却
1928(昭3)植田 光次郎(高砂)に売却
1932.7.16(昭7)鶴見から基隆に向け航行中、基隆沖4浬で火災、18日沈没
1933(昭8)昭和8年版船名録より削除

隆安丸 RYUAN MARU (1914)
44388/JDLM 貨物船 1,238G/T 進水 1913.6(大2) 竣工 1914(大3)
Lpp 69.80 B 10.87 D 5.37 m 主機 R 890NHP/1,026IHP 10/11.2kt
Campbeltown S. B. Co.,Campbeltown建造 Union S. S. Co. of New Zealand, Ltd.(Wellington)
KAMO
1931(昭6)Foo Hong S. S. Co. Ltd.,Hong Kongに売却
1936(昭11)Fan Shien Ho,Tsingtao,Chinaに売却、LUNG HOと改名
1938(昭13)日本海運鑛業(東京)に売却、隆安丸と改名
1939.10.1(昭14)日東鑛業汽船(株)(東京)に売却、隆和丸と改名
1943.2.26(昭18)社名変更に伴い日東汽船(株)(東京)に移籍
1945.8.9(昭20)台湾の基隆港(42.15N,130.25E)で空爆により沈没

Nylands Verksted,

SNo.84 薩摩丸 SATSUMA MARU (1892)
1557/HKPF 貨物船 927G/T 進水 1892.5(明25) 竣工 1892.8(明25)
Lpp 60.90 B 9.00 D 3.74 m 主機 R 77NHP/650IHP 10/12kt
Nylands Verksted,,Christiania建造 Sno.84 A/S Peik (A. Jacobsen)(Christiania)
PEIK
1896(明29)大坪 嘉太郎(大阪)に売却、薩摩丸と改名
1897(明30)鹿児島汽船(株)(鹿児島)に売却
1898(明31)麑島汽船(鹿児島)に売却
1899(明32)麑港汽船(鹿児島)に売却
1900(明33)鹿児島汽船(株)(鹿児島)に売却
1905(明38)鹿児島郵船(株)(鹿児島→西宮)に売却
1915(大4)林 竹三郎(西宮)に売却
1918(大7)林汽船(株)(西宮)に移籍
1919.8.25(大8)台風のためPescadores島で座礁、大正9年版日本船名録より削除

SNo.96 中越丸 CHUETSU MARU (1895)
7075/JMRQ 貨物船 1,212G/T 進水 1895.3.2(明28) 竣工 1895(明28)
Lpp 66.42 B 9.51 D 5.78 m 主機 R 94NHP/600IHP 8/10kt
Nylands Verksted,,Christiania建造 Sno.96 Actieselskabet "Trym",Tonsberg
TRYM
1902(明35)中越汽船(株)(伏木)に売却、中越丸と改名
1911.10.15(明44)山下汽船(名)会社(東京)に売却
1915(大4)日魯漁業(株)(尼崎)に売却、竹野丸と改名
1916(大5)近藤佐七(尼崎)に売却
1917(大6)東京海運(株)(尼崎)に売却
1921(大10)Jensien Transport Co., Shanghaiに売却、PING YANGと改名
1925(大14)TONG HSINGと改名
1926(大15)Chen Pei Hua, Shanghaiに売却、HUA HSINGと改名
1933(昭8)Yue Shi Tong, Shanghaiに売却、KING LOONGと改名
1934.5.9(昭7)上海から厦門に向け航行中、厦門のTaitan島で座礁

SNo.98 袖ヶ浦丸 SODEGAURA MARU (1895)

袖ヶ浦丸
袖ヶ浦丸 Sodegaura Maru
14345/LPTW→JJVC 貨物船 1,256G/T 進水 1895.8.26(明28)
Lpp 67.71(222.16') B 9.76(32.03') D 6.52(21.40') m 主機 R 82NHP/540IHP 8.5/11kt
Nylands Verksted,,Christiania建造 Sno.98 Dampskibet Nords Actierederi(Christiania)
NORD
1903(明36)Rederiselsk(Nord, Christiania)に売却
1912(明45)尾城満友(横浜)に売却、袖ヶ浦丸 SODEGAURA MARU と改名
1912.11.25(明45)日之出汽船(株)(東京)に売却
1915.6.30(大4)山下汽船(名)(西宮)に売却(山下汽船の資料には6.1とある)
1917.5.1(大6)山下汽船(株)(西宮)に移籍
1921.2.24(大10)東京海商(西宮)に売却、同年尾城汽船合資(西宮)に売却
1923(大12)袖浦汽船(株)(西宮)に売却
1924(大13)田中國太郎(大阪・敷津→兵庫・御影)に売却
1929(昭4)平田潔(御影)に売却
1932(昭7)藤田愼三(京都・府中)に売却、大安丸 DAIAN MARU と改名
1935.2.5(昭10)日本海で行方不明
1939(昭14)昭和14年版船名録より削除

SNo.150 温州丸 ONSHU MARU (1904)

温州丸
温州丸 Onshu Maru
9447/JTDW 貨物船 1,203G/T 進水 1904.10(明37)
Lpp 69.83 B 9.94 D 5.27 m 主機 R 3連成 98NHP/669IHP 1基 7.8/9.5kt
Nylands Verksted,,Christiania建造 Sno.150
Akties. Ocean (J.P. Pederson & Son)(Christiania) BJORNSTJERNE BJORNSON
1905.3(明38)大阪商船(株)(大阪)に売却、温州丸 ONSHU MARU と改名
1906(明39)大阪天津線に就航
1931.8.1(昭6)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1945.7.14(昭20)松前沖で空爆により沈没

Brown

SNo.362 CARONIA (1905)
旅客船 進水 1904.7.13(明37) 竣工 1905.2(明38)
Lpp 206.60 B 22.00 m 主機 R 2,200IHP 18/20kt
Brown,Clydebank建造 Sno.362 Cunard Line Ltd.
CARONIA 一等)300 二等)350 三等)900 ステアリッジ 1,100 乗員 700
1905.2.25(明38)リバプール/ニューヨーク処女航海
1906(明39)19,687GRT.
1922(大11)Hamborg-New York service.
1931(昭6)Laid up at SHeerness.
1932(昭7)Hughes Bolckow & Co へ解体のため売却。同年11月日本の解体業者へ売却
TAISEIYO MARUとして日本迄航海。
1933.3(昭8)解体のため大阪へ到着

John Brown & Co.Ltd.

SNo.491 打出丸 UCHIDE MARU (1919)
44149/JCIM 貨物船 5,286G/T 進水 1919.9.10(大8) 竣工 1919.10(大8)
Lpp 121.92 B 15.85 D 9.46 m 主機 R 517NHP/2,800IHP 10/11.2kt
John Brown & Co.Ltd.,Clydebank(GB)建造 Sno.491 African S. S. Co.,London
BATA
1933(昭8)Tower SS. Co., Ltd., Londonに売却、TOWER ABBEYと改名
1935(昭10)William Crosby & Co. Pty., Ltd., Londonに売却、WILLANDRAと改名
1938.1.27(昭13)太平汽船(株)(神戸)に売却、打出丸と改名
1944.3.21(昭19)パラオ沖(8.57N, 132.52E)で米潜SARGO(SS-188)の雷撃により沈没

KUNGSHOLM (1966)
旅客船 26,678G/T 進水 1965.4.14(昭40) 竣工 1966.3.17(昭41)
Lpp 173.72 B 26.52 D 15.42 m 主機 D 25,200BHP 2基 21.5/23kt
John Brown & Co.Ltd.,Clydebank(GB)建造 Swedish America Line
KUNGSHOLM 旅客定員 1)108, Tourist)605 名。大西洋航路、クルーズに就航
1975.8(昭50)Flagship Cruises(Monrovia)に売却
1978(昭53)Finance for Shipping Ltd.( P & O Passenger Division)(London )に売却
1979.1.15(昭54)Sea Princessと改名
1979(昭54)Bremer Vulkan, Vegesackで改造
1982(昭57)27,670G/T
1984(昭59)Investors in Industry plc.()に移籍
1985(昭60)3i plc(London)に移籍。移籍年不詳
1995(平7)Victoriaと改名

F. Schichau Co.

吉野丸 YOSHINO MARU (1906)

吉野丸
吉野丸 Yoshino Maru
28457/SHWF→JODD 貨客船 8,998G/T 進水 1906.12(明39)
Lpp 141.02(461'-20") B 18.85(57'-58") D 11.86(38'-11") m 主機 R 4連成 654NHP/7,074IHP 2基 10/15.93kt
F. Schichau Co.,Danzig建造 North German Lloyd(Bremen)
KLEIST 船客 1等)42 2等)108 3等)547
1919(大8)第1世界大戦の賠償船として日本政府(東京)が取得、吉野丸 YOSHINO MARU と改名
1921(大10)近海郵船に運航を委託
1929(昭4)日本郵船(東京)に払下げ、同日、近海郵船(株)(東京)に譲渡
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.7.31(昭19)高雄からマニラに向け航行中、ルソン島北端マイライラ岬の北約20浬(19.05N,120.55E)で米潜STEELHEAD(SS-280)とPARCHE(SS-384)の雷撃により沈没

W. Walker & Co.

祝丸 IWAI MARU (1882)
1564/HKPR 汽船 584G/T 進水 1882.7(明15)
Lpp 54.84 B 8.07 D 3.24 m 主機 R 74NHP/8IHP 8kt
W. Walker & Co.,Depdford建造 建造者不詳
MORETON 前歴不詳
1896(明29)岩田貞二郎(東京)に売却、祝丸と改名
1897.6.15(明30)函館から横浜に向け航行中、陸中気仙郡綾里村綾里岬で濃霧の中、潮流に流されて座礁、沈没
1898(明31)明治31年版船名録より削除

William Denny & Bros.

SNo.91 快順丸 KAIJUN MARU (1863)
鉄製汽船 244G/T 進水 1863.7.15(文3) 竣工 1863.8.26(文3)
Lpp 48.27 B 6.78 D 5.79 m 55/380PS 9/11kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.91 British India Line,London
ORISSA
1865(1865)J. Kerr,Londonと共有
1869(明2)Adrian & Co.により上海/日本間に就航
1870(明3)土佐藩(高知)に売却
1870.12(明3)紀伊藩(和歌山)に売却
1871(明4)快順丸 KAIJUN MARU と改名
1872(明5)三川商会(大阪)に売却
1873(明6)三菱商会(大阪)に移籍
1875(明8)三菱汽船会社(東京)に移籍。同年、郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1877.2.25(明10)浦門丸 URATO MARU と改名
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1888.11(明21)中野大吉(大阪)に売却
1895(明28)浜田きい(坂出)に売却
1899(明32)嶋谷汽船(株)(神戸)の所有。同年、嶋谷徳三郎(大阪)に売却
1908(明41)解体

SNo.95 長鯨丸 CHOGEI MARU (1864)
HBGC 鉄製外輪汽船 1,461G/T 進水 1864.1.26(文4) 竣工 1864.4.1(元1)
Lpp 76.20 B 10.80 D 6.70 m 260/600HP 13.5kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.95 T. A. Gibb & Co.,U. K.
DUMBARTON
1865(1865)幕府(江戸)に売却、長鯨丸 CHOGEI MARU と改名。横浜で受領。その後静岡藩に払下げ
1868.8.19(1868)榎本艦隊に属し品川を脱走、函館で政府軍に捕獲
1870(明3)民部省に移管。同年廻漕会社、翌年廻漕取扱所へ移籍
1872.8(明5)日本國郵便蒸汽船会社(東京)に売却、萬里丸 BANRI MARU と改名
1875.6(明8)日本政府に売却
1875.9(明8)郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1877.2(明10)帆船に改造
1878(明11)庫船に格下げ。以後不詳

SNo.157 威海丸 IKAI MARU (1872)

威海丸
威海丸 Ikai Maru

1895.5.14

左手前は大阪商船の錦川丸、右後方は
中井博愛所有の末廣丸らしい
1467/HKFG 鉄製汽船 3,092G/T 進水 1872.4.25(明5) 竣工 1872.6.12(明5)
Lpp 109.93(360'-8") B 11.99(39'-4") D 8.94(29'-4") m 主機 R 2連成(冷) 339NHP/2,052IHP 12/13kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.157
The Peninsular And Oriental Steam Navigation Co.,London CATHAY (1)
1895.2.16(明28)日本郵船(株)(東京)に売却、威海丸 Ikai Maru と改名
1902.4.1(明35)岸本兼太郎(大阪)に売却。同年、岸本五兵衛(大阪)に移籍
1903.6.7(明36)北海道天塩川口から小樽に向け航行中、風雨のため焼尻島宮ノ埼鴨居岩の暗礁に乗り上げ破壊、後解体

SNo.164 神州丸 SHINSHU MARU (1873)
1407/HJWF 鉄製汽船 2,838G/T 進水 1873.5.9(明6) 竣工 1873.6.26(明6)
Lpp 107.16 B 11.66 D 8.43 m 主機 R 500NHP/1,944IHP 12kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.164 The Peninsular And Oriental Steam Navigation Co.,London
GWALIOR
1894.8.21(明27)岸本五兵衛(大阪)に売却、神州丸 SHINSHU MARU と改名
1904.3.2(明37)日露戦争で軍事輸送中、朝鮮の仁川で難破

SNo.179 大連丸 DAIREN MARU (1875)

大連丸
大連丸 Dairen Maru
1465/HKFC 鉄製汽船 2,889G/T 進水 1875.2.8(明8) 竣工 1875(明8)
Lpp 108.34 B 11.00 D 5.94 m 主機 R 319IHP 13kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.179 Henderson & Co. (James Gaibraith),Glasgow
TENASSERRIM
1877(明10)British & Burmese S. N. Co.,Glasgowに売却
1895.2.23(明28)ブルーレル&サン商会を仲買にして日本郵船(株)(東京)に売却、大連丸 DAIREN MARU と改名
1907.7.23(明40)解体のため売却

SNo.215 第五辰丸 TATSU MARU No.5 (1878)
9221/JSMD 1貨物船:貨物船貨物船 2,001G/T 進水 1878.11.27(明11) 竣工 1878(明11)
Lpp 86.87 B 10.73 D 7.28 m 主機 R 200NHP/1,173IHP 9/11kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.215 British India Steam Navigation Co. Ltd.,England
CHUPRA
1905(明38)(合)辰馬商会(大阪)に売却、第五辰丸と改名
1911.1.19(明44)辰馬汽船(合)合資会社(西宮)に売却、喜寳丸と改名
1916.11.7(大5)奄美大島の名瀬港を出港後に行方不明となった。推定される沈没位置はラサ島(沖大東島)方面

SNo.241 香取丸 KATORI MARU (1880)
9550/JTML 鉄製貨客船 2,206G/T 進水 1880.10.6(明13) 竣工 1880(明13)
Lpp 86.78 B 10.73 D 7.25 m 主機 R 162NHP/850IHP 9/11kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.241 British India Steam Nav. Co. Ltd.,London
KERVELA 船客 1等)29 2等)10
1905(明38)榎本謙七郎(大阪)に売却、香取丸と改名
1910(明43)石田庄七(大阪)に売却
1912.2.25(明45)辰馬汽船(合)合資会社(西宮)に67,000円で売却
1918.2.1(大7)辰馬汽船(株)(西宮)に移籍
1921.10.7(大10)日本食鹽回送(株)(神戸)に売却
1925(大14)日本で解体

第一厚田丸 ATSUTA MARU No.1 (1882)
13920/LRQH 貨物船 3,130G/T 進水 1882.12(明15)
Lpp 97.06 B 12.74 D 6.58 m 主機 R 309NHP/1,650IHP 9.5/10kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 British India Steam Navigation Co. Ltd.,England
NERBUDDA
1911(明44)佐藤商会(石狩・厚田→小樽)に売却、第一厚田丸と改名
1918.10(大7)太洋海運(株)(神戸)に売却
1920.4.22(大9)解体のため売却
1921(大10)大正10年版船名録より削除。社史にはギリシャ船主に50万円余で売却とある

SNo.295 和田丸 WADA MARU (1885)
関48/QBGH 貨客船 3,269G/T 進水 1885.4.15(明18)
Lpp 100.14 B 12.42 D 7.79 m 主機 R 262NHP/1,080IHP 9/11kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.295 British India Steam Navigation Co.
LAWADA
1913(大2)榎本 謙七郎(大連)に売却、和田丸と改名
1915(大4)岩城 卯吉(大連)に売却
1916(大5)村井汽船(名)(大連)に売却
1918(大7)南満州物産(大連)に売却
1920(大9)I. Mutiozabal, Bilbaoに売却、AGUSTINと改名
1921(大10)Comunidad de los Vapores "Ignacio" y "Agustin", Bilbaoに売却
1923(大12)解体

第二南越丸 NANETSU MARU No.2 (1890)
貨客船 12G/T 進水 1890(明23) 竣工 1890.5(明23)
Lpp 81.81 B 11.15 D 5.64 m 主機 R 173NHP/850IHP 11/12kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Union Steamship Of New Zealand Ltd.(Dunedin)
ROTOKINO
1904(明37)右近権左衛門(不詳)に売却、第二南越丸 NANETSU MARU No.2 と改名
1912.9.16(大1)台湾の基隆を出港し高雄港外で荒天のため大板轆(Taipanroku)泊地に碇泊中に座礁、沈没
1915(大4)大正4年版船名録より削除

SNo.557 菊桐丸 KIKUKIRI MARU (1896)
関東州157/QBPG 貨物船 5,218G/T 起工 1896(明29) 進水 1896.9.29(明29) 竣工 1896.10.24(明29)
Lpp 124.97 B 15.44 D 9.75 m 主機 R 354NHP/1,900IHP 9/10kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.557 British India Steam Navigation Co. Ltd.,Glasgow
OOLOBARIA
1923(大12)関東汽船合資(大連)に売却、菊桐丸と改名
1934.1.11(昭9)乾汽船(株)(神戸)に売却
1934.12(昭9)三井物産(神戸)に売却
1935.1(昭10)第1次船舶改善助成施設により明石山丸の新造見合い船として解体のため売却、同年4.16に解体

SNo.577 第十平榮丸 HEIYEI MARU No.10 (1898)
29340/SMPN 貨物船 5,252G/T 進水 1898.3.24(明31) 竣工 1898.6(明31)
Lpp 124.57 B 15.33 D 8.83 m 主機 R 3連成 390NHP/2,010IHP 10/12kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.577 British India Steam Navigation Co. Ltd.,London
ULA
1924.3(大13)樺太汽船(株)(岡山・味野→東京)に売却、第十平榮丸 HEIYEI MARU No.10 と改名
1927.10.10(昭2)樺太西岸の本泊海岸で座礁
1929(昭4)船名録より削除

SNo.642 東榮丸 TOYEI MARU (1901)
31176/TBLV→JEFB 汽船 2,275G/T 進水 1901.4.9(明34) 竣工 1901.6(明34)
Lpp 91.50 B 12.80 D 7.16 m 主機 R 135NHP/IHP 9/10kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.642 Australasiann United Steam Nav. Co. Ltd.,Brisbane
MOIRA
1927(昭2)東洋海運(株)(伏木)に売却、東榮丸と改名
1928(昭3)荻布海商(株)(伏木)に移籍
1940(昭15)荻布宗太郎(高岡→伏木)に移籍(同年5月30日、日産汽船へ合併時に継承されずに所有者が変更されたと思われる)
1944.5(昭19)合併に伴ない北海船舶(株)(伏木)に移籍、同年8月13日、北洋水域(48.35N,149.8E)で米潜TAMBOR(SS-198)の雷撃により沈没

SNo.774 アンタークチック丸 ANTARCTIC MARU (1906)

アンタークチック丸
Antarctic
日本水産の前身会社のひとつである日本捕鯨は昭和9年(1934)、休漁中だったノルウェーの鯨工船を捕鯨船5隻と共に一括購入し、回航中にノルウェー人の指導のもとに試験操業を実施した。
貨物船 9,866G/T 進水 1906.11.5(明39) 竣工 1906.12(明39)
Lpp 112.00(460.7') B 15.80(60.2') D 9.10(31.3') m 主機 R 943NHP/5,700IHP 1基 10/12kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.774 New Zea Land Shipping Co. Ltd.(Plymouth)
OPAWA
1928(昭3)Hvalfangerslsk. Antarctic A/S,Tonsvergに売却、鯨工船に改造、ANTARCTICと改名
1934.7(昭9)日本捕鯨(株)(東京)に売却,アンタークチック丸と改名
1934.12.24(昭9)日本への回航中南氷洋で試漁
1935.3.12(昭10)圖南丸 TONAN MARU と改名
1935.3.21(昭10)神戸へ入港。大阪鐵工所で改造工事
1935.9.30(昭10)第2次南氷洋捕鯨のため大阪港を出航。翌昭和11年(1936)4月7日神戸港に帰港
1936.9.16(昭11)共同漁業(株)(東京)に移籍
1937.3.31(昭12)日本水産(株)(東京)に移籍
1940.6.4(昭15)圖南丸船団初の北洋捕鯨に出漁
1942.11.11(昭17)海軍へ徴用され油槽船として使用
1943.4.1(昭18)日本海洋漁業統制(株)(東京)に移籍
1943.11.28(昭18)仏印カムラン湾沖で雷撃により沈没

比羅夫丸型 2隻 HIRAFU MARU Class (1908)

比羅夫丸
比羅夫丸 Hirafu Maru
日本鐵道が森/凾館間の直営航路用に計画した鉄道連絡船。東京帝國大学の横田、加茂両助教授に設計を依頼し、内外の造船所に見積を提出させた結果、英国で渡峡船建造に実績のあるWilliam Denny & Bros社に発注された。主機にはタービンを採用し(*1)従来の同航路の所用時間を2時間ほど短縮して4時間とした。建造中、鉄道の国有化に伴い新設の鐵道庁(所有者は大蔵省)に移管された。
渡峡船 Lpp 85.34(280'-0") B 10.67(35'-0") D 6.55(21'-6") m 主機 T Parsons 直結 3基
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 日本鐵道株式会社(東京)
Sno.796 比羅夫丸 HIRAFU MARU 11066/LFJR 1,534G/T 436D/W 3,367SHP 18.36kt
起工 1907.1(明40) 進水 1907.7.10(明40) 竣工 1908.2.20(明41) 比羅夫丸 HIRAFU MARU 船客 1等)22 2等)56 3等)358
1908(明41)建造中に大蔵省[鐵道庁](東京)に移籍
1908.2.1(明41)横浜で受領
1908.3.7(明41)函航路に就航(1日1往復)
1908.12.5(明41)大蔵省[鐵道院](東京)に移籍
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍
1924.10.15(大13)函航路終航
1929.7.2(昭4)大阪商船(株)(大阪)に売却
1931.10.29(昭6)攝陽商船(株)(大阪)に売却
1934.9.5(昭9)第1次船舶改善助成施設により大阪の木津川岸で解体
Sno.797 田村丸 TAMURA MARU 1,480G/T 436D/W 3,367SHP 18.36kt
起工 1907.1(明40) 進水 1907.8.28(明40) 竣工 1908.3(明41) 田村丸 TAMURA MARU 船客 1等)22 2等)56 3等)358
1908(明41)建造中に大蔵省[鐵道庁](東京)に移籍
1908.4.4(明41)函航路に就航
1908.12.5(明41)大蔵省[鐵道院](東京)に移籍
1920.5.15(大9)鐵道省(東京)に移籍
1924.12.11(大13)稚泊航路へ転配
1929.7.8(昭4)阿波國共同汽船(株)(小松島)に売却(*2)
1934(昭9)第1次船舶改善助成施設により大阪で解体
田村丸
田村丸 Tamura Maru

SNo.966 蓬莱丸 HORAI MARU (1912)

蓬莱丸
蓬莱丸 Horai Maru
29715/SPGL→JTRA 旅客船 9,206G/T 6,694D/W 進水 1912.7.1(明45) 竣工 1912.11.6(大1)
Lpp 137.16(450'-0") B 18.29(60'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 4連成 8,132IHP 2基 13.5/16.1kt
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 Sno.966 Lloyd Belge Royal,Belge
PAYS DE WAES 船客 1等)51 2等)129 3等)669
1914(大3)Australas'n United Steam Nav. Co. Ltd.(Brisbane)に売却、INDARROと改名
1923.11.13(大12)大阪商船(株)(大阪)に売却、蓬莱丸 HORAI MARU と改名
1942.3.1(昭17)バタビヤのバンタム島(スンダ海峡)(6.00S,107.00E)で砲火と雷撃を受けて沈没

長崎丸型 2隻 NAGASAKI MARU Class (1922 - 1923)

長崎丸
長崎丸 Nagasaki Maru
日本郵船が新たに開設する日華連絡線(長崎/上海間)のために大正9年(1920)渡峡船建造の実績のある英国ウィリアム・デニー造船所に2隻発注した5,500総トン級、速力21ノットの快速貨客船。主機はタービン2基2軸。長崎丸は大正12年(1923)2月11日、上海丸は同年3月25日に就航したが同年9月1日に発生した関東大震災の際には救助活動のため京浜/神戸間の連絡輸送に活躍。
貨客船 Lpp 120.39(345'-00") B 16.46(46'-00") D 9.75(28'-00") m 主機 T 2基
William Denny & Bros.,Dumbarton建造 日本郵船株式会社(東京)
Sno.1137 長崎丸 NAGASAKI MARU 29052/SLQH→JAXA 5,272G/T 11,377SHP 17.8/20.897kt
進水 1922.3.14(大11) 竣工 1922.10.23(大11) 長崎丸 NAGASAKI MARU 船客 1等)155 3等)200
1923.2.11(大12)近海航路・長崎上海線(日華連絡線)に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1942.5.13(昭17)長崎港外伊王島北方で日本軍が敷設した機雷に触れて沈没
Sno.1138 上海丸 SHANGHAI MARU 29136/SMKB→JAYA 5,259G/T 11,400SHP 17.8/20.9kt
進水 1922.8.23(大11) 竣工 1923.1.15(大12) 上海丸 SHANGHAI MARU 船客 1等)155 3等)189
1923.3.25(大12)近海航路・長崎上海線(日華連絡線)に就航
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)に出資
1943.10.30(昭18)揚子江沖(31-55N,123-10E)で崎戸丸と衝突沈没
上海丸
上海丸 Shanghai Maru
ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10