船歴 輸入船4 - 幕末・維新−明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争 戻る

Flensberger Schiffsbau Ges.

釜山丸 FUSAN MARU (1883)

釜山丸
釜山丸 Fusan Maru
1393/HJVG→JLLB 鉄製貨物船 2,413G/T 進水 1883.10(明16)
Lpp 89.57 B 11.21 D 9.00 m 主機 R 211NHP/1,120IHP 8.5/10kt
Flensberger Schiffsbau Ges.,Flensburg建造 Flensburg Dampfschiffs Gesells(Flensburg)
PEMPTOS
1895(明28)陸軍省(東京)に売却、釜山丸と改名
1896.11.1(明29)大阪商船(株)(大阪)に売却
1912.5.1(明45)合資会社(合)秋田商会(西宮)に売却
1914(大3)中村萬之助(西宮)に売却
1915(大4)尾城汽船(名)合名会社(西宮)に売却
1916(大5)山下市助(西宮)に売却
1917.7.1(大6)山下汽船(株)(尼崎)に売却
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(西宮→神戸)に移籍
1924.12.25(大13)山下汽船(株)(神戸)に移籍
1926.12.29(昭1)北海工業(不詳)に売却
1927(昭2)日本工船漁業(株)(京都・府中)に売却、カニ工船に改造
1932.4.15(昭7)日本合同工船(京都・府中)に移籍
1934.4.10(昭9)第1次船舶改善助成施設の見合い解体船として大阪で解体

SNo.117 不動丸 FUDO MARU (1891)

不動丸
不動丸 Fudo Maru
10324/LBNW 貨物船 1,816G/T 進水 1891.2(明24)
Lpp 78.69 B 10.97 D 6.45 m 主機 R 178NHP/1,150IHP 9.75/11.75kt
Flensberger Schiffsbau Ges.,Flensburg建造 Sno.117 Deutsche Dampfschiffs Rhederei Zu Hamburg,Hamburg
LOWENBURG
1899(明32)Hanseatische Damfer Cie,Hamburg,Germanに売却、EMMA LUYKENと改名
1907(明40)中村宇吉(岸和田・浜)に売却、不動丸と改名
1908(明41)中村準策(岸和田・浜)に移籍
1912(大1)中村商会(西宮)に売却
1916(大5)濱根岸太郎(西宮)に売却
1918(大7)甲斐商店(広島・田熊)に売却
1920.7.17(大9)山下汽船(株)(西宮)に売却、寳瑞丸と改名
1923.3.16(大12)山下汽船鑛業(株)(神戸)に移籍。同年5月14日、フランス人レオンプーイおよびホトルイホップ に売却、以後不詳

Flensburger Schiffsbau Ges

SNo.27 末廣丸 SUEHIRO MARU (1881)
1479/HKGB 鉄製汽船 1,432G/T 進水 1880(明13) 竣工 1881.3(明14)
Lpp 76.30(251.8尺) B 9.70(32) D 6.64(21.9尺) m 主機 R 2連成(冷) 137NHP/IHP
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Sno.27 Flensburger Dampfschiffarts Ges,役職
末廣丸 SUEHIRO MARU
1869(明2)中井博愛,東京に売却、末廣丸 SUEHIRO MARU と改名
1903(明36)末廣組合資会社(横浜)に移籍
1908(明41)石橋 幸助(横浜)に売却
1912(大1)東京廣運(合)合資会社(横浜)に売却
1914(大3)高嶺 朝申(西宮)に売却
1915(大4)鶴田 甚太郎外1名(西宮)に売却
1917(大6)東洋商船(鳥羽)に売却
1919.11.21(大8)根室沖で座礁
1921(大10)大正10年版船名録より削除

SNo.54 日本丸 NIPPON MARU (1882)
1259/HJKL 鉄製汽船 1,003G/T 進水 1882(明15)
Lpp 65.21 B 8.86 D 6.22 m 95NHP
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Sno.54 H. Schuldt(Flensburg)
MEREO
1891(明24)馬場道久(東岩瀬)に売却、日本丸 NIPPON MARU と改名
1893(明26)中国の芝罘付近で座礁、沈没

五洋丸 GOYO MARU (1884)
1375/HJTC 鉄製貨物船 576G/T 竣工 1884.4(明17)
Lpp 52.12 B 7.51 D 4.10 m 主機 R 39NHP/IHP
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Husumer Rhederei Ges.,H. Sandberg
HEVER
1894(明27)菅原 治郎吉(函館)に売却、五洋丸と改名
1897(明30)北海道共同(株)(函館)に売却
1900(明33)堀力太郎(大阪)に売却
1904(明37)日本商船(株)(東京)に売却
1904.4.25(明37)朝鮮のWonsan沖(39-15N, 127-25E)でロシア軍の雷撃により沈没
1905(明38)明治38年版船名録より削除

能登丸 NOTO MARU (1889)
7932/JCHN 貨物船 1,301G/T 竣工 1889.4(明22)
Lpp 70.17 B 9.67 D 6.02 m 主機 R 125NHP/800IHP 8kt
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Asiatische Kustenfahrt Ges.,Hamburg
TAI-LEE
1904(明37)中越汽船(株)(伏木)に売却、能登丸と改名
1911(明44)丸二(合)(伏木)に売却
1920(大9)東洋海運(株)(高岡→伏木)に売却
1925.7.17(大14)北海道天売島で座礁大正15年版日本船名録より削除

SNo.102 廣運丸 KO-UN MARU (1889)

廣運丸
廣運丸 Ko-Un Maru
6041/JLKN 貨物船 1,301G/T 進水 1889.4(明22) 竣工 1889.5(明22)
Lpp 70.51 B 9.79 D 5.82 m 主機 R 125NHP/720IHP 10kt
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Sno.102
Asiatische Kustenfahrt Ges. (H. C. E. Meyer),Hamburg TAI-CHEONG
1901(明34)Asiatische Kustenfahrt G. M. B. H., Hamburgに売却
1903(明36)Maruichi & Co., Osakaに売却(改名せず、日本籍にも入っていない)
1904(明37)廣運(那覇)に売却、廣運丸と改名
1914(大3)沖縄廣運(株)(那覇)に移籍
1916(大5)大阪商船(株)(大阪)に売却。同年6月12日、戸田 実(不詳)に売却。同年、三林 直祐外4名(西宮)に売却
1917(大6)深川汽船(株)(西宮)に売却
1923(大12)深川汽船(株)(西宮)に売却
1926(昭1)海幸(株)(西宮)に売却
1931(昭6)昭和6年版船名録より削除

SNo.112 江ノ島丸 ENOSHIMA MARU (1890)
1592/HKRN 貨客船 1,494G/T 進水 1890.5(明23) 竣工 1890(明23)
Lpp 74.40 B 10.04 D 6.22 m 主機 R 160NHP/160IHP
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Sno.112 Asiastische Kustenfahrt Co.,Hamburg
TAI-YICK
1896.9.12(明29)大阪商船(株)(大阪)に売却、江ノ島丸と改名
1898.8.6(明31)基隆港外で座礁、沈没

SNo.175 大連丸 DAIREN MARU (1898)
関35/QBFJ 貨物船 4,582G/T 進水 1898(明31) 竣工 1898.2(明31)
Lpp 113.37() B 13.59(45.8') D 7.93(28.7') m 主機 R 3連成 11IHP 9/11kt
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Sno.175 Akties. Ostasiatiske Kompagni(Copnhagen)
SIAM
1912(明45)合資会社岸本商会(大連)に売却、大連丸と改名
1921(大10)Madrigal & Co., Manilaに売却、ANTONIOと改名
1923(大12)Wing Hong Co. Ltd. (Williamson & Co.), Hong Kongに売却、WING HONGと改名
1929(昭4)大阪で解体

光文丸 KOBUN MARU (1898)
28451/SHVR 貨物船 5,186G/T 竣工 1898.8(明31)
Lpp 118.23 B 14.45 D 9.33 m 主機 R 306NHP/IHP 9.5/11.7kt
Flensburger Schiffsbau Ges,Flensburg建造 Deutsch-Austral. Dampfs. Ges.,Hamburg
BIELEFELD
1914.10(大3)独海軍に徴用
1915.6.22(大4)英潜の雷撃により沈没翌月、浮揚、修理同年12月、徴用解除
1920(大9)The Shipping Controller, Londonに移籍
1921(大10)日本政府(大蔵省)に売却、光文丸と改名
1928.12.29(昭3)三池からシンガポールに向け航行中、東シナ海(31-00N, 126-30E)で遭難。昭和6年版日本船名録より削除

Forges Et Chantiers De La Mediterranee

SNo.614 札幌丸 SAPPORO MARU (1873)
1690/HLDC 鉄製貨物船 1,585G/T 進水 1872(明5) 竣工 1873.1(明6)
Lpp 84.73 B 9.42 D 6.74 m 主機 R 136NHP/10IHP 9/10kt
Forges Et Chantiers De La Mediterranee,France建造 Sno.614 Chageurs Reunis(Paris)
VILLE DE SANTOS
1890(明23)Falck Ths. S., Stavangerに売却、VULCANと改名
1897(明30)北海道炭礦鉄道(東京)に売却、札幌丸と改名
1903(明36)服部 半左衛門(函館)に売却
1906(明39)北海道炭礦汽船(株)(函館)に売却
1911(明44)佐藤 松太郎(函館)に売却
1912(明45)犬上 慶五郎(函館)に売却
1921(大10)大正10年版船名録より削除

Nordd. Werft. M. B. H.

帝福丸 TEIFUKU MARU (1921)
JWJQ 貨物船 5,198G/T 進水 1921(大10)
Lpp 122.37 B 16.21 D 8.38 m 主機 R 400NHP/IHP
Nordd. Werft. M. B. H.,Geestemunde建造 Rickmers Reederei, A. G.,Hamburg
R. C. RICKMERS
1939(昭14)昭和14年12月〜15年11月の間、八馬汽船(株)が所有。拿捕船と思われるが詳細は不明
1939(昭14)帝福丸 TEIFUKU MARU と改名
1942.12.29(昭17)犬吠崎沖(34.52N,139.49E)で米潜TRIGGER(SS-237)の雷撃により沈没

J. C. Tecklenborg

SNo.53 南越丸 NANETSU MARU (1884)
1387/HJTV 鉄製汽船 1,325G/T 進水 1884(明17)
J. C. Tecklenborg,Geestenude建造 Sno.53 建造者不詳
POLLUX
1894(明27)右近権左衛門(不詳)の所有

第八多聞丸 (1) TAMON MARU No.8 (1889)

第八多聞丸
第八多聞丸 Tamon Maru No.8
13212/LKBW 貨物船 2,985G/T 進水 1889(明22)
Lpp 96.35(316.12') B 12.80(42.00') D 8.73(28.63') m 主機 R 3連成 207NHP/1,862IHP 1基 10/11.5kt
J. C. Tecklenborg,Geestenude建造 H. Diederichsen Co.(Bremen)
JOHANNISBERGER Die Derichsen Jabsen & Co.,Hamburgに売却、SYFANGと改名
1909(明42)H. Diederichsen Co.(Hamburg)に売却、MATILDA KORNERと改名
1910.1.11(明43)八馬永蔵(須磨)に売却、第八多聞丸 TAMON MARU No.8 と改名
1917(大6)八馬兼介(西宮)に移籍
1925.1.23(大14)八馬汽船(株)(西宮)に移籍
1932.12(昭7)第1次船舶改善助成施設により三井物産(神戸)の天城山丸(2) の見合い解体船として窪谷(大阪)に売却
1933.3.3(昭8)解体

N. Odero & Co.

SNo.198 平順丸 HEIJUN MARU (1902)

平順丸
平順丸 Heijun Maru
関52→22383/QBGL→NTKQ 貨客船 1,691G/T 進水 1902(明35)
Lpp 75.01(246.10') B 10.56(34.65') D 6.71(22.0') m 主機 R 3連成 114NHP/700IHP 1基 9.5/10kt
N. Odero & Co.,GenoaGlasgow建造 Sno.198 N. Odero & Co.,Genoa
BINHTHUAN 船客 1等)8 3等)133
1910(明43)Cie De Commerceet De Nav.D' Extreme Orient,Saigonに売却
1913.1(大2)大連汽船(名)(大連)に売却、平順丸と改名
1915.2.1(大4)大連汽船(株)(大連)に移籍
1916.2.17(大5)松菊(名)(大連)に売却
1918(大7)松本汽船(長崎)に売却
1921(大10)大和汽船(株)(橋立)に売却
1926(大15)山本平三郎(神戸)に売却
1930.7.28(昭5)青森県の下北半島尻屋崎灯台の南西で乗り揚げ
1931(昭6)Hwei Tung Steamship Co., Chefooに売却、HWEI KONGと改名。太平洋戦争中はKEIKO GOの船名で活動
1950(昭25)Lloyd's Register 1950-1951年版より削除

J. C. Teeklengorg A. G.

りばぷうる丸 (1) LIVERPOOL MARU (1922)

りばぷうる丸
りばぷうる丸 Liverpool Maru
67593/JCHW 貨物船 6,492G/T 9,271D/W 進水 1922.8(大11)
Lpp 135.23 B 16.87 D 9.85 m 主機 R&T 排気タービン付 3,950HP 12kt
J. C. Teeklengorg A. G.,Germany建造 Deutsche Dampfschiffs Rhederei Zu Hamburg,Hamburg
WILDENFELS
1941(昭16)EMPIRE RAJAと改名
1949(昭24)Landsdowne & Co. Ltd,(Hong Kong)に売却、LANDSDOWNEと改名
1951(昭26)第一汽船(株)(神戸)に売却、りばぷうる丸 LIVERPOOL MARU と改名
1951.9(昭26)主罐を油焚きに換装
1960.11.7(昭35)解体

Bremer Vulkan

瑞陽丸 ZUIYO MARU (1937)

瑞陽丸
瑞陽丸 Zuiyo Maru
70930/JCZD 貨物船 6,550G/T 9,141D/W 進水 1937(昭12) 竣工 1937.3(昭12)
Lpp 140.81 B 18.09 D 9.29 m 主機 D M.A.N. 6,740BHP 2基 14.3/15kt
Bremer Vulkan,Germany建造 建造者不詳
GRETE MAERSK
1953(昭28)共同船舶(株)(東京)に売却、瑞陽丸 ZUIYO MARU と改名

Russell & Co.

SNo.221 太郎丸 TARO MARU (1890)
7080/JMSB 貨物船 2,991G/T 進水 1890.4.25(明23) 竣工 1890.6(明23)
Lpp 98.60 B 12.57 D 10.91 m 主機 R 208NHP/1,200IHP 10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.221 Irish Shipowners' Co., Ltd. (T. Dixon & Sons),Belfast
LORD BANGOR
1898(明31)Shillito SS. Co., Ltd., Cardiffに売却、ARMSTORと改名
1902(明35)Cornwall SS. Co., Ltd., Londonに売却、REDVERS HOCKENと改名
1903(明36)緒明 菊三郎(浦賀→横浜)に売却、太郎丸と改名
1909(明42)緒明 圭造(横浜)に移籍
1913(大2)合資会社(合)佐藤商会(横浜)に移籍
1915.11.13(大4)Hongayから日本に向け航行中、Hainan Straitsで座礁
1917(大6)大正6年版船名録より削除

SNo.346 満州丸 MANSHU MARU (1894)
8961/JNFW 貨物船 5,248G/T 進水 1894.9.14(明27) 竣工 1894.12(明27)
Lpp 121.71 B 14.33 D 8.53 m 主機 R 434/2,230HP 8/12kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.346 Burrell & Son,Glasgow
STRATHGYLE
1899(明32)J.B.Murray & Co.,Glasgowに売却
1904(明37)東洋汽船(株)(東京)に売却、満州丸 MANSHU MARU と改名
1909.4(明42)南米西岸定期航路へ就航
1912.11(明45)岸本汽船(株)(大阪)に売却
1913.6.29(大2)唐津から小樽へ向け航行中、北海道奥尻島西岸で霧雨と強風のため座礁
1913.6.30(大2)6.30船体切断し全損
1914(大3)大正3年版船名録より削除

SNo.381 辨天丸 BENTEN MARU (1896)
貨物船 3,667G/T 進水 1896.6.27(明29) 竣工 1896.8(明29)
Lpp 106.98(351'-0") B 14.02(46'-0") D 8.66(28'-5") m 主機 R 3連成 294NHP/4,170IHP 1基 8/9.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.381 Venus Steam Shipping Co.,Newcastle
VENUS
1904(明37)Cornhill SS. Co. Ltd.(Harris & Dixon, Ltd.), Londonに移籍
1905.4.5(明38)日露戦争中、佐世保で戦利没収。辨天丸 BENTEN MARU と改名
1912.4.1(明45)日本郵船(株)(東京)に払下げ
1923.3.15(大12)(合)佐藤商会(東京)に売却
1924(大13)林汽船(株)(大阪)に売却、第二大寶丸 DAIHOU MARU No.2 と改名
1937.12(昭12)巴組汽船(株)(東京)に売却
1938(昭13)益山丸 EKISAN MARU と改名
1944.9.29(昭19)与論島沖(27.12N,128.18E)で米潜SKATE(SS-305)の雷撃により沈没

SNo.409 擇捉丸 YETOROFU MARU (1898)
10742/LCQH→JBJA 貨物船 4,165G/T 進水 1897.11.8(明30) 竣工 1898.1(明31)
Lpp 105.16 B 15.09 D 8.66 m 主機 R 222NHP/1,536IHP 9/12kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.409 Venus Steam Shipping Co.,Newcastle
APHRODITE
1904(明37)Cornhill SS. Co., Ltd. (Harris & Dixon, Ltd.), Londonに売却
1905.2(明38)日本海軍に拿捕され、擇捉丸 YETOROFU MARU と改名
1912.4.11(明45)日本郵船(株)(東京)に払下げ
1921.6.28(大10)神戸商船(株)(神戸)に売却
1930(昭5)富山工船漁業(神戸)に売却
1931(昭6)東工船(株)(東京・波浮)に売却
1932(昭7)合併に伴い日本合同工船(東京)に移籍
1934.4.17(昭9)北水丸 HOKUSUI MARU と改名
1936(昭11)合併に伴い共同漁業(株)(東京)に移籍
1937.3(昭12)合併に伴い日本水産(株)(東京)に移籍
1938(昭13)甘糟産業汽船(株)(東京・波浮)に売却
1945.3.6(昭20)北海道松前郡福島村沖(津軽海峡)(41-27N, 140-15E)で時化のため沈没触雷、沈没の記録もあり

日洋丸 NICHIYO MARU (1900)
関77→朝490/QBJD→PCWT 貨物船 3,370G/T 進水 1900.11(明33)
Lpp 101.11 B 14.12 D 7.06 m 主機 R 215NHP/1,500IHP 8.5/11.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Unione Austriaca di Navigazione (Soc. Anon.)(Trieste)
MARGHERITA
1913(大2)岡崎汽船(合)合資会社(大連)に売却、日洋丸と改名
1918.3.19(大7)山下汽船(株)(山下亀三郎)(釜山)に売却
1921.9.27(大10)中村精七郎(不詳)に売却
1922(大11)大正11年版船名録より削除

SNo.468 愛宕山丸 (2) ATAGOSAN MARU (1900)

愛宕山丸
愛宕山丸 Atagosan Maru
關79/QBJG 貨物船 4,071G/T 進水 1900.11.20(明33) 竣工 1900.12(明33)
Lpp 113.07 B 16.31 D 9.35 m 主機 R 3連成 227NHP/2,200IHP 8.5/9.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.468 Alberta S. S. Co. Ltd.(Trieste)
ALBERTA
1913.6.4(大2)三井物産(東京)に売却、愛宕山丸 ATAGOSAN MARU (2) と改名(大連の遼東汽船名義)
1933.6.24(昭8)船質改善助成施設による吾妻山丸(2)の新造見合い船として解体のため三井物産造船部に売却、解体

呂宋丸 LUZON MARU (1902)

呂宋丸
呂宋丸 Luzon Maru
15202/LWNQ 貨物船 4,076G/T 進水 1902.6(明35)
Lpp 105.16(345'-0") B 15.09(49'-6") D 8.64(28'-4") m 主機 R 3連成 1,735IHP 1基 8/11.3kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Monarch S. S. Co. Ltd.,Glasgow
BRITISH MONARCH
1912.5.24(明45)大阪商船(株)(大阪)に売却、呂宋丸 LUZON MARU と改名
1918.4(大7)欧州航路・ボンベイ・マルセイユ線に就航
1924.11.1(大13)嘉納文治(大阪)に売却
1931昭和6年版船名録より削除

遼河丸 RYOKA MARU (1903)
關225/QBTN 貨物船 5,307G/T 9,000D/W 進水 1903.6(明36)
Lpp 125.52(411.8') B 15.89(52.12') D 9.30(30.50') m 主機 R 3連成 325NHP/3,250IHP 1基 9/10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 建造者不詳
ONEKA
1930(昭5)沙河汽船(株)(大連)の所有
1942.8.1(昭17)東海運送(大阪)の所有

新高丸 NIITAKA MARU (1904)

新高丸
新高丸 Niitaka Maru
15189/LWMK 貨客船 2,658G/T 進水 1904.3(明37)
Lpp 89.61(294'-0") B 12.27(40'-3") D 8.46(27'-9") m 主機 R 213NHP/1,300IHP 1基 10/13kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Unione Austriaca di Navigazione (Soc. Anon.)(Trieste)
ERNY 船客 1等)20 2等)28 3等)164
1912.7.9(明45)大阪商船(株)(大阪)に売却、新高丸 NIITAKA MARU と改名
1931.8.10(昭6)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1943.7.12(昭18)小樽から敦賀に向け航行中、北海道渡島半島茂津多岬沖(42.56N,139.57E)で雷撃により沈没

北海丸 HOKKAI MARU (1904)

北海丸
北海丸 Hokkai Maru
關98/QBKM 貨物船 4,430G/T 進水 1904.11(明37)
Lpp 112.07 B 15.10 D 9.07 m 主機 R 240NHP/2,000IHP
Russell & Co.,Glasgow建造 Vennachar S. S. Co. Ltd.,Glasgow
VENNACHAR
1911(明44)明治海運(株)(垂水)に売却、北海丸 HOKKAI MARU と改名
1911(明44)大正海運(株)(大連)に移籍
1934(昭9)第1次船舶改善助成施設により解体

長福丸 CHOFUKU MARU (1908)
貨物船 4,499G/T 7,500D/W 進水 1908.1(明41) 竣工 1908(明41)
Lpp 117.35(385'-0") B 14.94(49'-0") D 8.84(29'-0") m 主機 R 3連成 244NHP/1,954IHP 1基 9/11.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 R. J. Rowat Co.(大連)
INVERKIP
1917(大6)Lancashire Shiping Co.,Liverpoolに売却、PENDRAGON CASTLEと改名
1922(大11)長福汽船(大連)に売却、長福丸 CHOFUKU MARU と改名
1923.4.6(大12)川崎汽船(株)(神戸)に売却
1926.10(大15)ボンベイ航路に就航
1931.2.2(昭6)フリーマントルから上海に向け航行中、西オーストラリアのPoint Cloates付近で座礁、沈没

SNo.578 蘭貢丸 RANGOON MARU (1908)
15804/JDJL 貨物船 5,348G/T 進水 1908.6.24(明41) 竣工 1908.9(明41)
Lpp 121.92(400.0') B 15.76(51.7') D 9.14(30.0') m 主機 R 3連成 266HP 1基 9/11.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.578 Burn Line Ltd.,Greenock
BANNOCKBURN
1912(明45)Jetsam Shipping Co.(London)に売却、HILLCRAGEと改名
1912.6.20(明45)日本郵船(株)(東京)に売却、蘭貢丸 RANGOON MARU と改名
1933.12.19(昭8)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1934.6.26(昭9)因島で解体
1935(昭10)昭和10年版船名録より削除

八州丸 HASSHU MARU (1908)
31734/TDRM→JHJB 貨物船 5,380G/T 竣工 1908.9(明41)
Lpp 121.20 B 15.67 D 9.09 m 主機 R 9.5/10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Unione Austriaca di Navigazione (Soc. Anon.)(Trieste)
GEORGIA
1919(大8)Unione di Navigazione Soc. Anon., Triesteに売却
1919(大8)Cosulich Soc. Triestina di Navigazione, Triesteに売却
1924(大13)GEORGIA C.と改名
1927(昭2)北州汽船(株)(神戸)に売却、八州丸と改名
1929(昭4)名村汽船(合)(京都・府中)に売却
1930(昭5)第三大源丸と改名
1944.2.26(昭19)ニューギニア(0-55S, 139-02E)で米潜GATO(SS-212)の雷撃により沈没

瑞穂丸 MIZUHO MARU (1912)

瑞穂丸
瑞穂丸 Mizuho Maru

S.Kizu
31569/TKCD→JTLB 貨客船 8,511G/T 6,572D/W 進水 1912.9(大1)
Lpp 140.21(460.0') B 17.68(58.0') D 12.07(39.60') m 主機 R 4連成 6,500IHP 2基 14.5/16.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Pinillos Izquierdo & Co.,Spain
INFANTA ISABEL 船客 1等)41 2等)131 3等)663
1926.8.30(大15)大阪商船(株)(大阪)に売却、瑞穂丸 MIZUHO MARU と改名
1944.8.30(昭19)高雄からマニラに向け航行中、ルソン島北方ラオアグ沖(18.38N,120.43E)で米潜REDFISH(SS-395)の雷撃により沈没(空爆の記録あり)

SNo.642 彼南丸 PENANG MARU (1913)
16104/MFVK→JDRD 貨客船 5,214G/T 8,320D/W 進水 1912.11.22(大1) 竣工 1913.1(大2)
Lpp 125.43(404'-90") B 15.85(52'-00") D 9.75(32'-00") m 主機 R 3連成 245NHP/IHP 1基 9/10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.642 日本郵船株式会社(東京)
彼南丸 PENANG MARU 建造中に購入
1913.4.25(大2)彼南丸 PENANG MARU と命名
1943.4.9(昭18)スラバヤからアンボンに向け航行中、セレベス島の南端ブトン水道中部(5.31S,123.9E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃を受けブトン島東南岸に任意擱座、のちに沈没

松浦丸 MATSUURA MARU (1913)
17021/MJLQ→JPGB 貨物船 3,179G/T 進水 1913.5(大2)
Lpp 100.89 B 14.86 D 7.40 m 主機 R 190NHP/1,658IHP 8/11.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 三菱合資会社(東京)
松浦丸 MATSUURA MARU
1923.12.8(大12)近海郵船(株)(東京)に売却
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1945.7.30(昭20)舞鶴から羅津に向け航行中、朝鮮東岸梨津湾南岸(42.03N,130.05E)で濃霧のため岩礁に接触、浸水、任意座礁、8月7日船体放棄

靜洋丸 SEIYO MARU (1913)

靜洋丸
靜洋丸 Seiyo Maru
16722/MHJW 貨客船 6,550G/T 10,280D/W 進水 1913.6.19(大2)
Lpp 123.42(404.92') B 15.85(52.0') D 11.58(38.0') m 主機 R 3連成 249NHP/3,367IHP 1基 10/13kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Russell & Co.,Port Glasgow
靜洋丸 SEIYO MARU 船客 1等)30 2等)40 3等)596
1913.6(大2)ストックボートとして建造中に東洋汽船(株)(東京)が購入、靜洋丸 SEIYO MARUと改名
1913.9(大2)横浜へ回航。南米線に就航
1916.10(大5)第1次世界大戦のため対米提供船となり255 日間傭船
1919.2.19(大8)南米線に復帰
1926.10(大15)萬成汽船(株)(東京)に売却
1930.11.2(昭5)北太平洋で荒天のため沈没

SNo.648 徳島丸 (1) TOKUSHIMA MARU (1913)

徳島丸
徳島丸 Tokushima Maru
明治末期から純貨物船の研究を続けてきた日本郵船は明治44年(1911)欧州航路に用船した英国貨物船DEN OF CROMBIE(4,949G/T 1907年建造)の性能を研究し、同年開設されたカルカッタ航路用に同型の貨物船を英国で購入した。徳島丸と鳥取丸はほぼ同型の姉妹船でのち国内で多数建造されたT型貨物船の原型となった貨物船である。徳島丸は臨時船として世界一周線に配船された際に邦船としてパナマ運河を最初に通過した船として知られる。
16519/MJLN→JTQD 貨物船 6,055G/T 進水 1913.7.31(大2) 竣工 1913.12.27(大2)
Lpp 128.75(422'-5") B 16.92(55'-6") D 9.53(31'-3") m 主機 R 3連成 266NHP/3,246IHP 1基 10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.648 徳島丸型 Russell & Co.,Port Glasgow
徳島丸 TOKUSHIMA MARU
1913(大2)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却、徳島丸 TOKUSHIMA MARU と改名
1944.9.16(昭19)マニラから高雄に向け航行中、台湾南端ガランピの南東約50浬(21.27N,121.35E)で米潜PICUDA(SS-382)の雷撃により沈没

SNo.653 鳥取丸 TOTTORI MARU (1914)
建造中に日本郵船が購入
16520/MJLP→JPQD 貨物船 6,057G/T 進水 1913.8.25(大2) 竣工 1914.1.19(大3)
Lpp 128.75(422'-5") B 16.92(55'-6") D 9.53(31'-3") m 主機 R 3連成 266NHP/IHP 1基 10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.653 徳島丸型 Russell & Co.(東京)
鳥取丸 TOTTORI MARU
1913(大2)建造中に日本郵船(株)(東京)に売却、鳥取丸 TOTTORI MARU と改名
1945.5.15(昭20)仏印南岸ハッチェンからシンガポールへ向け航行中、シャム湾入口(9.58N,101.05E)で米潜HALIBUT(SS-232)の雷撃により沈没

對馬丸型 2隻 TSUSHIMA MARU Class (1915)

對馬丸
對馬丸 Tsushima Maru
日本郵船は大正2年(1913)欧州航路臨時船として徳島丸を更に改良した7,500総トン級、速力11ノットの貨物船6隻の建造を決定した。うち英国で建造されたのが對馬丸と高田丸で国内では豐岡丸と富山丸が三菱長崎造船所、豐橋丸と徳山丸が川崎造船所で建造された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 10.36(34'-0") m 主機 R 3連成 2基
Russell & Co.,Glasgow建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.666 對馬丸 (1) TSUSHIMA MARU 17757/MQPF→JMAD 6,724G/T 311NHP/4,396IHP 10.5/11kt
進水 1914.9.8(大3) 竣工 1915.2.22(大4) 對馬丸 TSUSHIMA MARU
1916.6.21(大5)北米航路・東航紐育線に就航
1944.8.23(昭19)那覇から長崎に向け航行中、南西諸島悪石島の北西6.7浬(29.33N,129.30E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
2. 田丸 TAKADA MARU 17762/MQPL 6,728G/T 311/4,396SHP 12kt
進水 1915(大4) 竣工 1915.3.18(大4) 田丸 TAKADA MARU
1916.2.1(大5)ロンドンからニューヨークに向け航行中、Cape Race沖で米船SILVER SHELLと衝突、翌日沈没

SNo.671 桑山丸 KUWAYAMA MARU (1916)

桑山丸
桑山丸 Kuwayama Maru
46369/JHSN 貨物船 5,725G/T 進水 1916.6.29(大5) 竣工 1916.9_(大5)
Lpp 129.08 B 16.97 D 9.54 m 主機 R 556NHP/2,900IHP 10/10.5kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.671 James Nourse Ltd.,London
MEGNA
1935(昭10)Atlanticos S.S. Co. Ltd.,Greeceに売却、MOUNT ATLASと改名
1939.5.13(昭14)Bright Navigation Co.,Londonの仲介で山下汽船(株)(神戸)に売却、桑山丸と改名
1943.2.22(昭18)ジャワ島セマラン北方(6.30S,110.30E)で米潜THRESHER(SS-200)の雷撃により沈没

SNo.703 白羽丸 SHIRAHA MARU (1918)

白羽丸
白羽丸 Shiraha Maru

1933.12.23 - City of Vancouver Archives
32629/TJRQ→JSQB 貨物船 5,682G/T 進水 1918.6.24(大7) 竣工 1918.8(大7)
Lpp 128.63 B 16.92 D 9.54 m 主機 R 564NHP/337IHP 10/11kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.703 Gow Harrison & Co.,Glasgow
VALVERDA 英国戦時標準船
1918(大7)Cunard S.S. Co. Ltd.,Southamptonに売却、VASCONIAと改名
1927.1.10(昭2)辰馬汽船(株)(西宮)に売却、白羽丸 SHIRAHA MARU と改名
1943.1.14(昭18)パラオからマニラに向け航行中、ルソン島の南方(9.00N,130.50E)で米潜SEARAVEN(SS-196)の雷撃により沈没

SNo.707 辰羽丸 TATSUHA MARU (1918)

辰羽丸
辰羽丸 Tatsuha Maru

City of Vancouver Archives
33180/TLWB→JAUC 貨物船 5,799G/T 進水 1918.9.28(大7) 竣工 1918.11(大7)
Lpp 129.08(423.5') B 16.97(55.69') D 9.54(31.31') m 主機 R 3連成 550NHP/3,012IHP 1基 11/12kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.707 Cunard Line Ltd.,Southampton
VIRGILIA 英国戦時標準船
1925(大14)Lancashire Shiping Co.,Liverpoolに売却、CORBY CASTLEと改名
1928.1.16(昭3)辰馬汽船(株)(西宮)に売却、辰羽丸 TATSUHA MARU と改名
1944.2.17(昭19)横浜からトラック島に向けて航行中、米第58機動部隊のトラック大空襲により環礁内で沈没

SNo.713 西光丸 SAIKO MARU (1918)
関171/QBRF→JPGC 貨物船 4,639G/T 進水 1918.8.18(大7) 竣工 1918.10(大7)
Lpp 117.38 B 15.76 D 8.84 m 主機 R 248NHP/2,600IHP 9.5/10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 Sno.713 S. S. Ardgarry Co. Ltd.,Greenock
ARDGROOM ARDGASKとして進水
1919(大8)Johnson Line Ltd., Liverpoolに売却、TULLAMOREと改名
1922.1.28(大11)山下汽船(合)(大連)に売却、西光丸 SAIKO MARU と改名
1929.6.1(昭4)大連汽船(株)(大連)に売却、西豊丸 SEIHO MARU と改名
1944.11.11(昭19)フィリピンのレイテ島西岸オルモック湾(10-58N,124-35E)で空爆により沈没

東光丸 TOKO MARU (1918)
関175/QBRJ→JPYC 貨物船 4,716G/T 7,800D/W 進水 1918.1(大7)
Lpp 117.35(385.0') B 15.77(51.75') D 8.84(29.0') m 主機 R 256NHP/IHP 1基 9.5/10kt
Russell & Co.,Glasgow建造 建造者不詳
ARDGAY
1919(大8)Johnston Line Ltd.,Liverpoolに売却、ERANEMOREと改名
1922.1.10(大11)山下汽船(合)合資会社(大連)に売却、東光丸と改名
1929.5.28(昭4)大連汽船(株)(大連)に売却、東豐丸と改名
1944.6.1(昭19)サイパンからパラオに向け航行中、沖ノ鳥島の東南(18.08N,141.14E)で米潜PINTADO(SS-387)の雷撃により沈没

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.11