船歴 輸入船6 - 幕末・維新−明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争 戻る

Fair Field Shipbuilding & Enginnering Co.

SNo.416 熊野丸 KUMANO MARU (1901)

熊野丸
熊野丸 Kumano Maru

日露戦争中 - 日露戦役旅順口要塞戦写真帖
7614/JPCT 貨客船 5,076G/T 進水 1901.6.1(明34) 竣工 1901.9(明34)
Lpp 121.86(399.8') B 14.78(48.5') D 9.14(30.0') m 主機 R 360HP 16.69kt
Fair Field Shipbuilding & Enginnering Co.,Glasgow建造 Sno.416 日本郵船株式会社(東京)
熊野丸 KUMANO MARU 船客 1等)73, 2等)24, 3等)128
1901.11.20(明34)回着
1927.6.12(昭2)瀬戸内海の高見島付近で日本郵船の山城丸と衝突、沈没

錦洋丸 KINYO MARU (1928)
81058/JKEM 貨物船 9,424G/T 9,763D/W 竣工 1928(昭3)
Lpp 131.06 B 19.58 D 11.64 m 主機 D Sulzer & Brothers 6,400PS 2基 14.5kt
Fair Field Shipbuilding & Enginnering Co.,Glasgow建造 建造所不詳
DUNSTER GRANGE
1951(昭26)VAASAと改名
1958(昭33)北洋水産(株)(東京)に売却、錦洋丸 KINYO MARU と改名。三菱重工(横浜)でフィッシュミール工船に改造

Tod & Mcgregor

SNo.64 金川丸 KANAGAWA MARU (1853)
501/HBDL 鉄製汽船 1,185G/T 進水 1852.10.1(嘉4) 竣工 1853.3.24(嘉5)
Lpp 70.99(232.9') B 9.94(32.6') D 6.46(21.2') m 274HP 1基 11kt
Tod & Mcgregor,Glasgow建造 Sno.64 建造者不詳
MADRAS
1874(明7)日本政府(東京)に売却、金川丸 KANAGAWA MARU と改名
1875.9.15(明8)三菱汽船会社(東京)に移籍
1875.9.18(明8)社名変更に伴い郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1878(明11)庫船、後に帆船に改造
1887(明20)Indo-China Steam Navigation Co. Ltd.,Londonに売却、上海船籍。主機を撤去しハルクとなる
1930.8(昭5)中国で売却

Lithgow & Co.

SNo.762 愛宕丸 ATAGO MARU (1924)

愛宕丸
愛宕丸 Atago Maru
30916/STPR→JYCA 貨物船 7,544G/T 進水 1924.6(大13) 竣工 1924.11.28(大13)
Lpp 134.11(440'-0") B 17.37(57'-0") D 11.71(38'-5") m 主機 D Sulzer & Brothers 5,588BHP 2基 12/14.48kt
Lithgow & Co.,Glasgow建造 Sno.762 飛鳥丸型 日本郵船株式会社(東京)
愛宕丸 ATAGO MARU
1943.2.14(昭18)応急油槽船に改造
1944.11.28(昭19)ボルネオ島ミリ港(4.29N,114.00E)で停泊中、空爆により大破、船体放棄

Dobie & Co.

愛國丸 AIKOKU MARU (1879)
1302/HJNF 鉄製貨物船 1,782G/T 進水 1879(明12)
Lpp 80.27 B 9.53 D 7.17 m 147IHP
Dobie & Co.,Glasgow建造 Deutsche Dampfschiffs Rhederei Zu Hamburg,Hamburg
LYDIA
1892(明25)大家七平(敦賀)に売却、愛國丸 Aikoku Maru と改名
1903.11.13(明36)大阪商船(株)(大阪)に売却
1904.5(明37)焼失(旅順港閉塞)

SNo.111 東都丸 TOTO MARU (1881)
1716/HLFT 鉄製貨客船 1,853G/T 進水 1881.3.7(明14) 竣工 1881.5(明14)
Lpp 86.66 B 10.33 D 7.57 m 主機 R 162NHP/650IHP 10/12kt
Dobie & Co.,Glasgow建造 Sno.111 Amerikanische,Hamburg
ALBINGIA
1891(明24)PH. A. Lieder,Hamburg,Germanに売却
1897(明30)日本商船(株)(東京→西宮)に売却、東都丸と改名
1913.4.1(大2)山下汽船(名)会社(西宮)に売却
1914(大3)尾城満三(西宮)に売却
1916(大5)山下市助(西宮)に売却
1917(大6)山一汽船(名)(西宮)に売却
1923(大12)奥田榮吉(兵庫・御影)に売却
1927(昭2)海幸(株)(兵庫・御影)に売却、同年7月9日にソビエトのウトコロスキ岬で座礁
1929(昭4)船名録より削除

A. & J. Inglis Ltd.

萬世丸 BANSEI MARU (1883)
關54→18835/QBGN→MWHP 汽船 2,570G/T 進水 1883(明16)
Lpp 96.01 B 11.58 D 7.95 m 主機 R 230NHP/1,250IHP
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造 Gray, Dawes & Co.,Glasgow
WAROONGA
1889(明22)British India Steam Navigation Co. Ltd.,Englandに売却
1891(明24)Australas'n United Steam Nav. Co. Ltd.,Brisbaneに売却
1913(大2)T. Yoshida,神戸に売却
1914(大3)(合)岸本商會(大連)に売却、萬世丸 BANSEI MARU と改名(Lloyd's Register 1914-15年版ではWaroongaのまま)
1917(大6)日下部久太郎(神戸)に売却
1919.6(大8)樺太汽船(株)(敦賀)に売却
1927(昭2)船名録より削除

SNo.175 千山丸 SENZAN MARU (1883)
関36/QBFK 貨客船 2,210G/T 進水 1883.6.6(明16)
Lpp 86.20 B 10.67 D 7.03 m 主機 R 171NHP/955IHP 9/10kt
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造 Sno.175 British India Steam Navigation Co. Ltd.,Glasgow
GOALPARA GYAとして起工、GOALPARAと改名
1912(明45)榎本 謙七郎(大連)に売却、千山丸と改名
1914.1.2(大3)大連からウラジオストックに向け航行中、遭難
1916(大5)大正5年版船名録より削除

SNo.180 日英丸 NICHIEI MARU (1883)

日英丸
日英丸 Nichiei Maru
8942/JRPD 貨客船 2,302G/T 進水 1883.12.19(明16)
Lpp 87.00 B 10.90 D 7.30 m 主機 R 12IHP 9/12kt
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造 Sno.180 Netherlands India Steam Nav. Co.(Batavia)
CELEBES
1888(明21)Stoom. Maats Holland, Amsterdamに売却
1890(明23)Stoom. Maats Phoenix, Amsterdamに売却
1893(明26)Stoom. Maats 'Nederland', Amsterdamに売却
1897(明30)Konikl. Paketvaart Maats, Bataviaに売却
1904(明37)岡崎 藤吉(神戸)に売却、日英丸と改名
1910.3.4(明43)岡崎汽船(株)(神戸)の設立に伴い移籍
1916(大5)濱口汽船(合)(堺)に売却
1923(大12)三好 元吉(尼崎)に売却
1925(大14)大阪で解体
1926(大15)大正15年版船名録より削除

豊彦丸 TOYOHIKO MARU (1899)
27912/SFPR→JPBA 貨物船 5,257G/T 8,124D/W 竣工 1899.5(明32)
Lpp 124.23 B 15.30 D 9.70 m 主機 R 230NHP/2,142IHP 9/11kt
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造 British India Steam Navigation Co. Ltd.,Glasgow
UPADA
1923(大12)豊彦汽船合名(尼崎)に売却、豊彦丸と改名
1928(昭3)豊彦汽船(京都・府中)に移籍
1937.5.8(昭12)日本曹達(東京)に売却
1938(昭13)第一日曹丸 Nisso Maru No.1と改名
1940(昭15)得山丸 Tokuzan Maruと改名
1941.9.4(昭16)宗谷海峡の沖で幸喜丸と衝突、沈没

第六利丸 TOSHI MARU No.6 (1949)
77524/JBNS 捕鯨船 589G/T 進水 1949(昭24)
Lpp 48.76 B 9.45 D 5.33 m 16/16kt
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造 建造者不詳
ARNT KARLESN
1957(昭32)大洋漁業(株)(東京)に売却、第六利丸 TOSHI MARU No.6 と改名
1959.10(昭34)主機をD 神戸発動機 6UET45/75 2700PSに換装

泰山丸 TAIZAN MARU (1902)
29719/SPGR→JYWA 貨客船 3,930G/T 進水 1902.11(明35)
Lpp 113.69 B 13.78 D 8.90 m 主機 R 5,116IHP 13.5/15.6kt
A. & J. Inglis Ltd.,Glasgow建造

1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)の設立に伴い移籍
1942.6.14(昭17)朝鮮の南西岸(34.33N,125.53E)で座礁、沈没

William Hamilton & Co.

SNo.73 章州丸 SHOSHU MARU (1891)
9361/JSTF 貨客船 1,612G/T 進水 1891.2.28(明24) 竣工 1891.3(明24)
Lpp 74.51 B 10.42 D 6.78 m 9HP 9kt
William Hamilton & Co.,Glasgow建造 Sno.73 China & Manila Steamship Co. Ltd(Hong Kong)
ESMERALDA 日本語船名に代替文字使用
1902(明35)Ban An SS. Co., Ltd., Hong Kongに売却、AN PHOと改名
1905.3(明38)大阪商船(株)(大阪)に売却、章州丸と改名(※SHOはさんずいに章)
1921.8.8(大10)基隆から日本に向け航行中、沖縄の残波岬で座礁同月11日、沈没
1922(大11)大正11年版船名録より削除

友ケ島丸 TOMOGASHIMA MARU (1907)

友ケ島丸
巴陵丸 Pa Ling Maru
18188/MTSB→JIDB 貨物船 2,425G/T 進水 1907(明40) 竣工 1907(明40)
Lpp 89.92(295'-0") B 13.41(44'-0") D 7.01(23'-0") m 主機 R 3連成 185NHP/1,300IHP 2基 9/12.05kt
William Hamilton & Co.,Glasgow建造 Hamburg America Line(Bremen)
SUI MOW
1914(大3)紀淡海峡友ケ島付近で日本海軍に拿捕され友ケ島丸 TOMOGASHIMA MARU と改名
1915.6(大4)日清汽船(株)(東京)に売却、巴陵丸 PA LING MARU と改名
1919.2.18(大8)日本郵船の近海航路・横浜名古屋上海線に就航
1933.4.8(昭8)北日本汽船(株)(小樽)に売却、越前丸 ECHIZEN MARU と改名
1943.11.16(昭18)合併に伴い大阪商船(株)(大阪)に移籍
1944.2.24(昭19)マリアナ諸島(15.15N,143.19E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没

隆光丸 RYUKO MARU (1928)

隆光丸
隆光丸 Ryuko Maru
67138/JCUC 貨物船 4,435G/T 8,452D/W 進水 1928(昭3)
Lpp 118.63 B 16.08 D 8.29 m 主機 J. G. Kincaid & Co.,Ltd. 2,000HP 10kt
William Hamilton & Co.,Glasgow建造 建造者不詳
JAG RANI
1951.3.31(昭26)日本汽船(株)(神戸)に売却、隆光丸 RYUKO MARU と改名
1955.2.16(昭30)小谷汽船(株)(大阪)に売却
1957.5(昭32)主機をD 新潟鉄工 MST48 2,650BHPに換装

宝洋丸 HOYO MARU (1937)

宝洋丸
宝洋丸 Hoyo Maru
68988/JAEU 貨物船 5,402G/T 9,504D/W 進水 1937(昭12)
Lpp 130.43 B 17.07 D 8.59 m 主機 R 3連成 David Rowan & Co. 2,300IHP 10/10.7kt
William Hamilton & Co.,Glasgow建造 建造者不詳
FLISVOS
1952.3.11(昭27)太平洋海運(株)(東京)に売却、宝洋丸 HOYO MARU と改名
1960.12.1(昭35)売却
1961.4(昭36)主機をD 神戸発動機-三菱長崎6UE52/105 3,800BHPに換装

Robert Napier And Sons

SNo.64 永平丸 EIHEI MARU (1855)
鉄製汽船 614G/T 進水 1855.1.19(安2) 竣工 1855(嘉7)
Lpp 78.00 B 8.20 m 300PS 1基
Robert Napier And Sons,Glasgow建造 Sno.64 Jardine Matheson & Co.,London
FIERY CROSS
1862.9(文2)Jardine Matheson Co.より薩摩藩に売却、永平丸と改名
1863(文3)座礁

千里丸 CHIRI MARU (1867)
鉄製汽船 772G/T 進水 1867(慶3)
Lpp 74.98 B 10.55 m 200HP
Robert Napier And Sons,Glasgow建造 Jardine Matheson & Co.,U. K.
LAMONT
1867(1867)Shanghai S. N. Co.,U. S.に売却、CHIH-LIと改名
1871(明4)廻漕取扱所(東京)に売却、千里丸 CHIRI MARU と改名
1872.8(明5)日本國郵便蒸気船(東京)に移籍
1875.6(明8)日本政府に売却
1875.9(明8)郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1878(明11)庫船となる
1890(明23)解体

照國丸 TERUKUNI MARU (1899)

照國丸
照國丸 Terukuni Maru
30841/SWFB→JBDB 貨客船 3,588G/T 4,284D/W 進水 1899.4(明32)
Lpp 103.63(340'-0") B 12.85(42'-2") D 9.19(30'-2") m 主機 R 3連成 271NHP/2,660IHP 12/14.5kt
Robert Napier And Sons,Glasgow建造 Eastern and Australian Steamship Co.,London
EASTERN 船客 1等)46 2等)29 3等)170
1925(大14)原田汽船(株)(大阪)に売却、照國丸と改名
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(株)会社(大阪)に移籍
1944.10.18(昭19)ルソン島北方カミグィン島付近(8.35N,124.00E)で空爆により沈没

David & William, Henderson & Co

SNo.262 名護屋丸 (2) NAGOYA MARU (1884)
1366/HJSM 鉄製汽船 2,835G/T 進水 1883.12.29(明16) 竣工 1884.2.22(明17)
Lpp 108.60 B 12.37 D 6.96 m 主機 R 480IHP 10kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Sno.262 China Mutual Steam Navigation,London
OOPACK
1893.12.15(明26)日本郵船(株)(東京)に売却、名護屋丸 NAGOYA MARU と改名
1898.6.25(明31)函館から横浜に向け航行中、九戸平内村沖で座礁、沈没。翌月12日沈没のまま売却

熊本丸 KUMAMOTO MARU (1892)
28557/SJHR 貨物船 2,716G/T 竣工 1892.6(明25)
Lpp 105.00 B 12.10 D 8.41 m 主機 R 350NHP/2,000IHP 10/13kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Apcar & Co.(Calcutta)
CATHERINE APCAR
1912(大1)British India Steam Navigation Co., Ltd., Calcuttaに売却
1922(大11)白田 謙四郎(垂水)に売却、熊本丸と改名
1925(大14)五十 嵐興助(垂水)に売却
1929(昭4)神戸で解体。昭和5年版日本船名録より削除

神奈川丸型 2隻 KANAGAWA MARU Class (1896 - 1898)

神奈川丸
神奈川丸 Kanagawa Maru
日本郵船が初めて欧州定期航路用に新造した貨客船。同型船6隻中、常陸丸のみ国内で建造。4檣1煙突。
貨客船 主機 R 3連成 2基 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.394 神奈川丸 KANAGAWA MARU 1647/HKWF 6,151G/T
Lpp 135.64(445.00') B 14.97(49.10') D 10.21(33.50') m 311NHP/3,100IHP 14.48kt
進水 1896.10.22(明29) 竣工 1896.12(明29)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 神奈川丸 KANAGAWA MARU
1897.3.24(明30)回着
1933.5.10(昭8)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1934.4.26(昭9)解体
1935(昭10)昭和10年版船名録より削除
2. Sno.395 博多丸 (1) HAKATA MARU 1661/HLBF 6,151G/T
Lpp 135.64(445.0') B 14.97(49.1') D 10.30(33.8') m 311NHP/3,100IHP 14.5kt
進水 1897.12.21(明30) 竣工 1898.2(明31)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 博多丸 HAKATA MARU
1897.5.17(明30)回着
1933.5.2(昭8)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
博多丸
博多丸 Hakata Maru

若狹丸型 3隻 WAKASA MARU Class (1897)

若狹丸
若狹丸 Wakasa Maru
日本郵船が欧州定期航路用に新造した大型貨客船。定期航路を当初予定の月1回から2週1回に変更したために追加建造した6隻。同型船6隻中、阿波丸のみ国内で建造。2檣1煙突。
貨客船 Lpp 135.64(445.0') B 14.97(49.1') D 10.21(33.5') m 主機 R 3連成 2基 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.396 若狹丸 (1) WAKASA MARU 1688/HLCW 6,266G/T 311/4,000HP 14.4kt
進水 1897.3.8(明30) 竣工 1897.4(明30)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 若狹丸 WAKASA MARU 船客 1等)26 2等)20 3等)192
1897.8.12(明30)回着
1917.4.25(大6)ブラジル移民組合との移民輸送契約により1,354名を乗せ神戸港を出航
1933.10.23(昭8)第1次船舶改善助成施設により解体のため売却
1934.2.22(昭9)解体
2. Sno.397 因幡丸 (1) INABA MARU 1717/HLFV 6,192G/T 311/5,000HP 14.21kt
進水 1897.6.1(明30) 竣工 1897.8(明30)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 因幡丸 INABA MARU 船客 1等)26 2等)20 3等)192
1897.11.9(明30)回着
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)に出資
1929(昭4)北進汽船(株)(東京)に売却
1930(昭5)国際工船漁業(横浜)に売却
1935.1.28(昭10)解体
3. Sno.398 備後丸 (1) BINGO MARU 1876/HLVM 6,241G/T 311/4,257HP 12.1/14.31kt
進水 1897.8.30(明30) 竣工 1897.11(明30)
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 備後丸 BINGO MARU 船客 1等)26 2等)20 3等)192
1898.3.4(明31)回着
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)に出資
1931.3(昭6)解体のため小西(大阪)に売却
備後丸
備後丸 Bingo Maru

第十一平榮丸 HEIYEI MARU No.11 (1898)
29345/SMPW 貨物船 4,396G/T 進水 1898(明31)
Lpp 114.30 B 15.14 D 8.71 m 主機 R 3連成 368NHP/IHP 10/12kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Maclay & Mcintyre
DONGOLA
1899(明32)Glasgow Nav. Co. Ltd.,Glasgowに売却
1909(明42)Brys & Gylsen Ltd.,Londonに売却、ERINIERと改名
1924.5(大13)DELIAと改名
1925(大14)樺太汽船(株)(岡山・味野→東京)に売却、第十一平榮丸 Heiyei Maru No.11 と改名
1935.3.28(昭10)第1次船舶改善助成施設により解体

SNo.412 信濃丸 (1) SHINANO MARU (1900)

信濃丸
信濃丸 Shinano Maru
常陸丸の建造が遅延したため国内建造の第2船として予定されていた本船は急遽英国に発注された。若狹丸と同じ造船所の建造だが外観(後部デッキのボートの配置、数等)は若干異なり、国内で建造された北米航路用の加賀丸型と酷似している。日露戦争では帝政ロシアのバルチック艦隊発見の電信を発信したことで知られる。晩年はカニ工船となり戦後の昭和26年(1951)に解体のため売却されるまで活躍した長寿船であった。
6487/→JSNO→JAFAJGQH 貨客船 6,388G/T 進水 1900.1.30(明33) 竣工 1900.4(明33)
Lpp 135.64(445.0') B 14.97(49.1') D 10.21(33.5') m 主機 R 3連成 311/5,144HP 2基 12.5/15.4kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Sno.412 日本郵船株式会社(東京)
信濃丸 SHINANO MARU 船客 1等)26 2等)20 3等)192
1923.3.31(大12)近海郵船(株)(東京)に出資
1929(昭4)北進汽船(株)(東京)に売却
1930(昭5)日魯漁業(株)(横浜)に売却、カニ工船に改造
1932(昭7)太平洋漁業(東京)に売却
1943.4(昭18)合併に伴い日魯漁業(東京)に移籍
1951(昭26)解体のため売却

馬來丸 MALAY MARU (1905)

馬來丸
馬來丸 Malay Maru
17054→関238→35169/MLKQ→QBVL→JEMD 貨物船 4,515G/T 7,100D/W 進水 1905.3(明38)
Lpp 115.55(379.10') B 15.24(50.00') D 8.56(28.08') m 主機 R 3連成 227NHP/1,160IHP 1基 9.2/10.1kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 W.of Scotland S.S. Co. Ltd.,Glasgow
CRAIGHALL
1914.3.6(大3)大阪商船(株)(大阪)に売却、馬來丸 MALAY MARU と改名
1924.11.1(大13)南洋鉱業(大連)に売却
1925(大14)石原廣一郎(和歌山・西富田)に売却
1928(昭3)(合)南洋鑛業公司(DaLian)に移籍
1929(昭4)石原合名会社(京都・府中)に移籍
1934.9(昭9)大國汽船(京都・府中)に売却
1938.9.11(昭13)八馬汽船(株)(西宮)に売却
1945.1.25(昭20)薩摩半島の野間崎燈台の南方(31.19N,130.03E)で雷撃により沈没

筑前丸型 2隻 CHIKUZEN MARU Class (1907)
貨客船 Lpp 94.49(310'-0") B 12.19(40'-0") D 8.08(26'-6") m 主機 R 3連成 1基
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 日本郵船株式会社(東京)
1. Sno.457 筑前丸 (1) CHIKUZEN MARU 10837/LCWD→JDKD 2,578G/T 231IHP 15.03kt
進水 1907.2.18(明40) 竣工 1907.4.20(明40) 筑前丸 CHIKUZEN MARU 船客 1等12 2等16 3等100
1932.2.23(昭7)近海郵船(株)(東京)に売却
1939(昭14)東亞海運(株)(東京)に移籍
1945.7.27(昭20)日本海(37.6N,134.31E)で米潜POGY(SS-266)の雷撃により沈没
2. Sno.458 筑後丸 (1) CHIKUGO MARU 11045/LFHJ→JCUA 2,563G/T 231/2,100HP 12/14.35kt
進水 1907.4.3(明40) 竣工 1907.6.25(明40) 筑後丸 CHIKUGO MARU 船客 1等 12 2等 16 3等 87
1939.8.12(昭14)東亞海運(株)(東京)へ出資
1942.11.3(昭17)トンキン湾海南島の北西(20-18N, 108-39E)で米潜TAMBOR(SS-198)の雷撃により沈没
筑後丸
筑後丸 Chikugo Maru

SNo.488 龍華 LONG HWA (1914)
42836/JIYE 貨物船 4,982G/T 進水 1914.2.12(大3) 竣工 1914.3(大3)
Lpp 121.60 B 15.85 D 9.09 m 主機 R 435NHP/IHP 10/11kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Sno.488
Glasgow Navigation Co., Ltd.(maclay & Mcintyre),Glasgow KALIMBA
1919(大8)Glasgow United Shipping Co. Ltd., Glasgowに売却
1936(昭11)Georges V. Meeus, Antwerpに売却
1937(昭12)T. K. King, Cheefooに売却、龍華 LONG HWAと改名
1938(昭13)昭光商船(石川・橋立→鳥羽)に売却、天昭丸と改名
1941(昭16)日南運輸(東京)に売却
1943.12.5(昭18)合併に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1944.11.11(昭19)レイテ島西岸オルモック湾(10-50N, 124-35E)で空爆により沈没

春惠丸 SHUNKEI MARU (1921)

春惠丸
春惠丸 Shunkei Maru
貨物船 6,433G/T 進水 1921.10(大10) 竣工 1921.11(大10)
Lpp 121.92 B 15.90 D 11.46 m 主機 R 3,300IHP 10/11kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Frederick Leyland & Co.(大阪)
DAKARIAN
1939.5(昭14)Ben Line Steamer Ltd.,Leithに売却、Benvannochと改名
1946.6(昭21)Birchbank Andrew Weir & Co.,Glasgowに売却
1952.2(昭27)加藤船舶(株)(大阪)に売却、春惠丸 SHUNKEI MARU と改名
1952.4.8(昭27)播磨造船所で改造完了
1954.11.10(昭29)大阪商船(株)(大阪)に売却、いんだす丸 Indus Maru と改名
1958.9.27(昭33)近海商船運輸(株)(大阪)に売却
1959(昭34)解体のため坂口興産に売却、解体

SNo.658 飛鳥丸 ASUKA MARU (1924)

飛鳥丸
飛鳥丸 Asuka Maru
日本郵船が大正12年(1923)3月英国に発注した同社初のディーゼル船。飛鳥丸にはB&Wディーゼル2基4,000馬力、愛宕丸にはズルザーディーゼル2基4,000馬力が搭載された。竣工後はシアトル航路に就航。
30494/STPN→JYDA 貨物船 7,524G/T 進水 1924.7.2(大13) 竣工 1924.11.11(大13)
Lpp 134.11(440'-0") B 17.37(57'-0") D 11.71(38'-5") m 主機 D B&W 1,111/4,979BHP 2基 11/13.038kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Sno.658 飛鳥丸型 日本郵船株式会社(東京)
飛鳥丸 ASUKA MARU
1944.1.10(昭19)六連から高雄に向け航行中、那覇の北約70浬(27.32N,127.25E)で米潜SEAWOLF(SS-197)の雷撃により沈没

SNo.675 信貴山丸 SHIKISAN MARU (1925)

信貴山丸
信貴山丸 Shikisan Maru

City of Vancouver Archives
昭和3年(1928)9月リバプールで購入。昭和7年(1932)5月にはニューヨーク定期航路の開設に伴い就航第1船となった。
34426/TSGC→JCKC 貨物船 4,615G/T 8,841D/W 進水 1924.12.19(大13) 竣工 1925.3(大14)
Lpp 121.98(121.98') B 16.30(16.30') D 8.01(8.01') m 主機 D B&W 4SA AIR 1,980BHP 1基 11.6kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Sno.675 Albyn Line Ltd.,Sunderland
THISTLEROS
1928.9(昭3)三井物産船舶部(神戸)に売却、信貴山丸 SHIKISAN MARU と改名
1942.12.28(昭17)三井船舶(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.10.24(昭19)マニラから高雄に向け航行中、バシー海峡(20.10N,118.25E)で米潜DRUM(SS-228)の雷撃により沈没

屋島丸 YASHIMA MARU (1915)
29076→48707/SLMV→JPSO 掃海艇 1,026T 進水 1915.7(大4)
L 76.32 B 10.06 m 主機 R 199NHP/1,900IHP 13.5/16.1kt
David & William, Henderson & Co,Glasgow建造 Royal Navy,England
SUN FLOWER 船客 1等)15 2等)6 3等)247 SCAJAP No.K181
1921(大10)Rangoon Port Commissioners,Britishに売却、LANBYAと改名
1923.8.4(大12)大阪商船(株)(大阪)に売却、屋島丸 YASHIMA MARU と改名、藤永田造船所(大阪)で客船に改造、別府航路に就航
1933.10.20(昭8)高松から神戸に向け航行中、台風のため須磨の妙法寺川口の南1.7kmで沈没
1940(昭15)岡田組(大阪)が浮揚、藤永田造船所(大阪)で修復
1941.5(昭16)東京灣汽船(株)(東京)に売却、こうせい丸 KOSEI MARU と改名、伊豆大島航路に就航。同年、海軍に徴用され掃海艇として使用
1942.8.28(昭17)社名変更に伴い東海汽船(株)(東京)に移籍
1950.9.15(昭25)廃船。低性能船舶買入法により政府に売却、解体

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10