船歴 輸入船15 - 幕末・維新−明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争 戻る

Lobnitz & Co.

仙臺丸 SENDAI MARU (1889)
1166/HGWD 汽船 1,716G/T 進水 1889.9(明22)
Lpp 79.40 B 10.67 D 6.02 m 169HP 10kt
Lobnitz & Co.,Renfrew建造 日本郵船会社(東京)
仙臺丸 SENDAI MARU
1889.12(明22)回着
1902.3.19(明35)長崎から芝罘に向け航行中、朝鮮の太郎島東側で濃霧のため船底接触、沈没

SNo.435 沖縄丸 OKINAWA MARU (1896)

沖縄丸
沖縄丸 Okinawa Maru
1601/HKSD→JOND 海底電線布設船 2,278G/T 2,480D/W 進水 1895.2.18(明28) 竣工 1896.4.10(明29)
Lpp 91.44(300.0') B 12.19(40.0') D 7.46(24.46') m 主機 R 237NHP/2,290IHP 2基 10/12kt
Lobnitz & Co.,Renfrew建造 Sno.435 逓信省(横浜)
沖縄丸 OKINAWA MARU
1896.6.27(明29)長崎に回航
1897(明30)臨時台湾電信建設部に移管
1898(明31)逓信省(横浜)に移管
1938.7(昭13)東洋丸の建造に伴い廃船
1939.10(昭14)名村造船所(大阪)で単軸の貨物船に改造
1939(昭14)廣南汽船(株)(東京)に売却
1944.5.10(昭19)南洋方面(11.31N,143.41E)で米潜SILVERSIDES(SS-236)の雷撃により沈没



貨物船に改造後の沖縄丸

博愛丸型 2隻 HAKUAI MARU Class (1898 - 1899)

博愛丸
博愛丸 Hakuai Maru
貨客船 Lpp 94.79(311'-0") B 11.89(39'-0") D 8.97(29'-5") m 主機 R 3連成 1基
Lobnitz & Co.,Renfrew建造 日本赤十字社(東京)
1. Sno.471 博愛丸 HAKUAI MARU 3863/HWDV→JOFA 2,629G/T 229NHP 13kt
進水 1898.10.1(明31) 竣工 1898.12(明31) 博愛丸 HAKUAI MARU
1899.4.10(明32)回着。竣工と同時に日本郵船(株)(東京)に移籍
1926.2.16(大15)(株)林兼商店(長崎)に売却、カニ工船に改造
1927(昭2)昭和工船漁業(株)(東京)に売却
1932(昭7)合併に伴い日本合同工船(東京)に移籍
1936(昭11)合併に伴い共同漁業(株)(東京)に移籍
1937(昭12)合併に伴い日本水産(株)(東京)に移籍
1943(昭18)合併に伴い日本日本海洋漁業統制(株)(大阪)に移籍
1945.6.8(昭20)オホーツク海で米潜APOGON(SS-308)の雷撃により沈没
2. Sno.472 弘濟丸 KOSAI MARU 4163/JBLV 2,627G/T 229NHP 13kt
進水 1898.12(明31) 竣工 1899.4(明32) 弘濟丸 KOSAI MARU
1899.4(明32)竣工と同時に日本郵船(株)(東京)に移籍、同年6月28日回着
1916.4.9(大5)青函航路に用船(大正11年11月28日まで)
1926.1.30(大15)昭和工船漁業(株)(東京)に売却、カニ工船に改造、美福丸 MIFUKU MARU と改名
1932(昭7)合併に伴い日本合同工船(東京)に移籍
1936(昭11)合併に伴い共同漁業(株)(東京)に移籍
1937(昭12)合併に伴い日本水産(株)(東京)に移籍
1942.8(昭17)青森県白浜沖(41.14N,141.32E)で米潜NARWHAL(SS-167)の雷撃により沈没

第貮浚海丸 SHUNKAI MARU No.2 (1900)
6872/JCQT 汽船 777G/T 進水 1900.3(明33)
Lobnitz & Co.,Renfrew建造 大阪市(大阪)
第貮浚海丸 SHUNKAI MARU No.2
1943(昭18)昭和18年版船名録まで掲載

SNo.531 第四洞海丸 DOKAI MARU No.4 (1901)
531/JFWS 浚渫船(ポンプ) 885G/T 進水 1901.5(明34)
Lpp (187間5尺) B (35間52尺) D (16間29尺) m 主機 R 2連成 144NHP/IHP 2基
Lobnitz & Co.,Renfrew建造 Sno.531 若松築港株式会社(若松)
第四洞海丸 DOKAI MARU No.4
1907.9(明40)大蔵省へ売却
1962.11.30(昭37)用途廃止
1963.7.2(昭38)売却

Henderson Coublorn & Co.

翔鳳丸 SHOHO MARU (1862)
鉄製汽船 595G/T 進水 1862.4.3(文2)
Lpp 61.57(202.0') B 8.26(27.1') D 4.57(15.0') m 135NHP 1基
Henderson Coublorn & Co.,Renfrew建造 E. M. De Bussche,London
LOTUS
1864(元1)Hogg Brothersより薩摩藩に売却、翔鳳丸と改名
1868.1(慶4)阿波で幕府艦隊と交戦中、自焚

千歳丸 CHITOSE MARU (1867)
488/HBGD 木鉄混合汽船 328G/T 進水 1867(慶3)
Lpp 51.05 B 7.36 D 6.37 m 主機 R 2連成 103NHP/360IHP 2基 2/10kt
Henderson Coublorn & Co.,Renfrew建造 E. M. De Bussche,London
COQUETTE
1867(1867)久留米藩に売却、千歳丸 CHITOSE MARU と改名
1871(明4)日本政府に移籍。同年、廻漕取扱所(東京)に移籍
1872.8(明5)日本國郵便蒸汽船会社(東京)に移籍
1873(明6)龍丸 SEIRYU MARU と改名
1875.6(明8)日本政府に売却
1875.9(明8)郵便汽船三菱会社(東京)に売却
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船(東京)に売却
1901(明34)敦賀貿易汽船(敦賀)に売却
1907(明40)井上文太郎(神戸)に売却
1908(明41)渡辺藤吉(新潟)に売却
1912(明45)塩谷(名)(伏木)に売却
1913.3.16(大2)下関から柏崎に向け航行中、強風のため柏崎海岸の浅瀬に乗り上げ沈没

松前丸 MATSUMAE MARU (1867)
163/HCDQ 鉄製汽船 473G/T 進水 1867(慶3)
Lpp 51.01 B 7.53 D 6.23 m 106/360HP 1基 10kt
Henderson Coublorn & Co.,Renfrew建造 E. M. De Bussche,London
DRAGON
1869(明2)J. Holmes & Co.,に売却
1872(明5)China Coast S. N. Co..,Londonに移籍
1875(明8)M. C. Adams,Shanghaiに売却
1880.1(明13)郵便汽船三菱会社(東京)に売却、松前丸 MATSUMAE MARU と改名
1885.10.1(明18)合併に伴い日本郵船(東京)に移籍
1899.5.20(明32)吉田三郎右衛門(函館)に売却
1905.4.26(明38)焼失

通濟丸 TSUSAI MARU (1868)
601/HDPN 木造汽船 775G/T 進水 1868(慶4)
Lpp 65.27 B 8.86 D 6.89 m 主機 R 81NHP/460IHP
Henderson Coublorn & Co.,Renfrew建造 E. M. De Bussche,London
SAKURA
1880(明13)明治13年〜18年の間に運漕会社(東京)に売却、通濟丸 TSUSAI MARU と改名
1886(明19)栖原角兵衛(函館)に売却
1887(明20)運漕社(東京)の所有
1887.3(明20)三井物産(株)(東京)に売却。同年、栖原角兵衛(函館)に再売却
1891(明24)岡田伝五郎(函館)に売却
1893.3(明26)攝州灘興業(株)(神戸)に売却、攝海丸 SEKKAI MARU と改名
1898.2(明31)攝津航業(株)(神戸)に移籍
1905(明38)(合)辰馬商会(神戸→鳴尾)に売却
1913(大2)辰馬汽船(合)(西宮)に移籍
1914.12.1(大3)京神(名)(西宮)に売却
1924(大13)攝備(合)(神戸)に売却
1929(昭3)尼崎汽船(株)部(神戸)に売却
1929昭和3年版船名録より削除

貫効丸 KWANKO MARU (1869)
496/HDGJ 185G/T 進水 1869(明2)
Lpp 41.70 B 6.25 D 5.12 m 66/150PS 9.5kt
Henderson Coublorn & Co.,Renfrew建造 E. M. De Bussche,London
SAKANA
1870(明3)対馬藩に売却
1871(明4)日本政府に移管
1877.4(明10)郵便汽船三菱(東京)に売却後、貫効丸 KWANKO MARU と改名(時期不詳)
1885.10.1(明18)日本郵船(東京)に移籍
1898.9.12(明31)酒沢岸太郎(函館)に売却
1908(明41)相馬市作(函館)に売却
1912(明45)讃岐新吉(函館)に売却
1918(大7)船名録から削除

William Simons & Co. Ltd.

蓬莱丸 HORAI MARU (1870)
212(旧)→487/HBFP 鉄製汽船 663G/T 進水 1870(明3)
Lpp 56.27 B 7.62 m
William Simons & Co. Ltd.,Renfrew建造 D. Hunter,Ayr
MIGOTO
1871.4(明4)肥後藩(不詳)に売却
1873.2(明6)三川商会(大阪)に売却、蓬莱丸 HORAI MARU と改名
1873.3(明6)三菱商会(大阪)に移籍
1875.5(明8)三菱汽船会社(東京)に移籍
1875.9.18(明8)郵便汽船三菱会社(東京)に移籍
1885.2(明18)難破

SNo.371 第一浚海丸 SHUNKAI MARU NO.1 (1900)
4546/JCQG→JJLE 汽船 6,334G/T 進水 1900.1.17(明33)
Lpp 52.42 B 9.94 D 4.21 m 6,334PS
William Simons & Co. Ltd.,Renfrew建造 Sno.371 大阪市(大阪)
第一浚海丸 SHUNKAI MARU NO.1
1936(昭11)昭和11年版船名録より削除

SNo.411 第三阪神丸 HANSHIN MARU No.3 (1904)
37132/VLNK→JNWE 汽船 750G/T 進水 1904.6.17(明37) 竣工 1904(明37)
Lpp 57.90 B 9.10 D 4.80 m 主機 R 136NHP/780IHP
William Simons & Co. Ltd.,Renfrew建造 Sno.411 Bombay Port Trust(Bombay)
HERON
1931(昭6)阪神築港(神戸)に売却、第三阪神丸と改名
1940(昭15)興中公司(神戸)に売却
1942(昭17)高西 敬義(東京)に売却
1943(昭18)昭和18年版船名録まで掲載、以後不明

SNo.412 第二阪神丸 HANSHIN MARU No.2 (1904)
37131/VLNJ→JNVE 汽船 750G/T 進水 1904.7.1(明37) 竣工 1904(明37)
Lpp 57.90 B 9.10 D 4.80 m 主機 R 136NHP/780IHP
William Simons & Co. Ltd.,Renfrew建造 Sno.412 Bombay Port Trust(Bombay)
GULL
1931(昭6)阪神築港(神戸)に売却、第二阪神丸と改名
1940(昭15)興中公司(神戸)に売却
1942(昭17)高西 敬義(東京)に売却
1943(昭18)昭和18年版船名録まで掲載、掲載以後不詳

Societa Esercizio Baccini

朝日丸型 2隻 ASAHI MARU Class (1915)

朝日丸
朝日丸 Asahi Maru
貨客船 Lpp 147.22(483'-0") B 18.08(59'-4") D 11.35(37'-03") m 主機 R 4連成 2基
Societa Esercizio Baccini,Riva Trigoso Genoa建造 大和丸型 Transatlantica Italiana Societa Anonima Di Navigazione(東京)
1. 朝日丸 ASAHI MARU 33770/TPKH→JQQB 9,327G/T 740NHP/8,200IHP 15/17.8kt
進水 1914.9(大3) 竣工 1915.2(大4) DANTE ALIGHIERI 船客 1等)63 2等)200 3等)550
1928(昭3)近海郵船(株)(東京)に売却、朝日丸 ASAHI MARU と改名
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1944.2.5(昭19)呉から神戸に向け航行中、瀬戸内海備讃瀬戸牛島の西1浬(34.21N,133.46E)で満珠丸と衝突、沖ノ洲に任意擱坐
1944.2.24(昭19)船体放棄
1949(昭24)解体
2. Sno.65 大和丸 YAMATO MARU 33769/JPKG→JQRB 9,655G/T 740NHP/8,200IHP 15/17.2kt
進水 1915.8(大4) 竣工 1915.11(大4) GIUSEPPE VERDI 船客 1等 612等 212 3等 553
1928(昭3)近海郵船(株)(東京)に売却、大和丸 YAMATO MARU と改名
1939.9.8(昭14)合併に伴い日本郵船(株)(東京)に移籍
1943.9.13(昭18)門司から基隆に向け航行中、揚子江河口の南東(30.18N,123.35E)で米潜SNOOK(SS-279)の雷撃により沈没
大和丸
大和丸 Yamato Maru

Rostock S. & M. Ges.

二見丸 FUTAMI MARU (1888)

二見丸
二見丸 Futami Maru

Micah Gampel
1511/HKLD 汽船 938G/T 進水 1888.10(明21)
Lpp 59.90 B 8.64 D 5.53 m 主機 R 68NHP/IHP 10.5kt
Rostock S. & M. Ges.,Rostock建造 H. M. Struve,Blnkenese,German
PRESTO
1895.6.22(明28)大阪商船(株)(大阪)に売却、二見丸 FUTAMI MARU と改名
1914.3.30(大3)北日本汽船(株)(小樽)に売却(北日本汽船(株)25年史では佐々木平次郎より購入とある)
1917.2.13(大6)小田桐忠治(尼崎)に売却
1920(大9)樺太汽船(株)(京都・久美浜)に売却、第五平榮丸 HEIYEI MARU No.5 と改名
1924(大13)船名録から削除

Akt. Ges. "Neputun"

蘇州丸 SOSHU MARU (1897)
10282/JWVN 貨客船 1,805G/T 進水 1897(明30)
Akt. Ges. "Neputun",Rostock建造 Hanseatische Dampfer Co.
TAI-FU
1900(明33)Chinesische Kustenfahrt Ges.,Hamburgに移籍
1901(明34)Hanseatische Dampfer Co.,Hamburgに移籍
1906(明39)大阪商船(大阪)に売却、蘇州丸 Soshu Maru と改名
1931.8.6(昭6)李興生(不詳)に売却、以後不詳

Charles Lungley

乙丑丸 OTSUUSHI MARU (1854)
木鉄混合汽船 577G/T 進水 1854(嘉6)
Lpp 41.15 B 9.14 m 40HP
Charles Lungley,Rotherhithe建造 Union Steam Collier Co.,Southampton
UNION
1858(1858)P & O Line,Londonに売却
1865.10(1865)長門藩(不詳)に売却、乙丑丸 OTSUUSHI MARU と改名
1865(1865)薩摩藩(不詳)に売却、櫻島丸 SAKURAJIMA MARU と改名
1871(明4)廃藩置県に伴い日本政府(東京)に移籍
1877.11(明10)郵便汽船三菱会社(東京)に売却
1880(明13)庫船、以後不詳

Nvburger Hout's M. & S.

安南丸 ANNAN MARU (1930)
貨物船 3,029G/T 進水 1930.12(昭5)
Lpp 93.20 B 15.27 D 5.88 m
Nvburger Hout's M. & S.,Rotterdam建造 Nederl-indische Tankstoomboot Maats
ANASTASIA
1942.3.4(昭17)バタビヤからオーストラリアへ航行中、日本軍の拿捕を避けるために自沈。後に日本軍が浮揚し修理後、安南丸と改名。日本籍に編入
1944.6.1(昭19)日本油槽船(株)(東京)の設立に伴い移籍
1944.9.10(昭19)スマトラのベラ湾(3.0N,109.0E)で雷撃により沈没

Wrf. Voorh. Rijkee & Co

SNo.162 大仁丸 (1) TAIJIN MARU (1922)
34112/TQWM→JCMC 貨物船 5,154G/T 進水 1922(大11) 竣工 1922.4(大11)
Lpp 114.30 B 15.60 D 10.40 m 主機 D 1,800BHP 10/11kt
Wrf. Voorh. Rijkee & Co,Rotterdam建造 Sno.162 D/S A/S Phoenix,Bergen
HALLFRIED
1928.10.8(昭 3)下村汽船(株)(大阪)に売却、大仁丸と改名
1943.2.1(昭18)合併に伴い太洋海運(株)(神戸)に移籍
1944.2.20(昭19)八重山列島沖(24.12N, 123.20E)で米潜POGY(SS-266)の雷撃により沈没

Maats. De Maas.

君が代丸 KIMIGAYO MARU (1891)
10296/LBMF 貨物船 660G/T 進水 1891.1(明24) 竣工 1891(明24)
Lpp 51.56 B 8.30 D 5.61 m 540kt
Maats. De Maas.,Rotterdam建造 Koninklijke Paketvaart Maats(Batavia)
SWAERDECROON
1906(明39)尼崎伊三郎(大阪)に売却、君が代丸 KIMIGAYO MARU と改名
1920.5(大9)尼崎船舶合名(大阪)に移籍
1921.1(大10)(名)尼崎汽船部(大阪)に移籍
1942.5.4(昭17)関西汽船(株)(大阪)の設立に伴い移籍
1945.5.23(昭20)大分県姫島付近で触雷のため沈没

N.V. Nederlandsche Stoomboot Maatschappij

SNo.68 華利 KAREE (1865)
11043/LFHD 鉄製貨客船 957G/T 進水 1865(元2)
Lpp 63.40(208'-0") B 7.49(24'-7") D 3.66(12'-0") m 主機 R 2連成 8IHP 1基 8kt
N.V. Nederlandsche Stoomboot Maatschappij,Rotterdam建造 Sno.68
N.V. Nederlandsche Stoomboot Maatschappij (De Vries & Co.)(Batavia) W. CORES DE VRIES
1876(明9)L'Im Tek Hee, Singaporeに売却
1876(明9)Cheang Hong Leap, Singaporeに売却
1877(明10)Chan Soon Ghee, Hong Kongに売却。同年、George McBain & Co., Hong Kongに売却
1903.6.15(明36)日本郵船(株)(東京)に売却、華利と改名
1907.3(明40)日清汽船(株)(東京)の設立に伴い移籍、華利丸 Hua Lee Maruと改名
1909.3(明42)薫杏孫(孫は草かんむり)Fu Tsung Yueh & Tung Hsing Sun, Hong Kongに売却、YUNG HANと改名。運送には使用されなかった以後不詳

Rotterdamsche Droogdok Maats. NV

白洋丸 HAKUYO MARU (1921)

白洋丸
白洋丸 Hakuyo Maru
68433/JIZN 貨物船 6,098G/T 9,741D/W 進水 1921.11(大10) 竣工 1921(大10)
Lpp 128.31 B 16.85 D 9.61 m 主機 R 3連成 2,400IHP 1基 10/11kt
Rotterdamsche Droogdok Maats. NV,Rotterdam(NTH)建造 建造者不詳
SWAN
1951(昭26)大洋商船(株)(東京)に売却、白洋丸 HAKUYO MARU と改名
1962.3.1(昭37)大洋漁業(株)(東京)に移籍

ロッテルダム ROTTERDAM (1959)
旅客船 38,645G/T 進水 1958.9.13(昭33) 竣工 1959.8(昭34)
Lpp 198.13 B 28.66 D 16.69 m 主機 T 38,500SHP 6基 2軸 21.5kt
Rotterdamsche Droogdok Maats. NV,Rotterdam(NTH)建造 Holland America Line
ロッテルダム ROTTERDAM 旅客定員 1)655, Tourist)801 名。大西洋航路に就航
1968(昭43)37,783G/T
1969(昭44)クルーズ専用
1973(昭48)NV Rotterdam(Willemstad)に移籍
1981(昭56)Holland America Cruises Inc.(Curacao)に移籍
1983(昭58)38,644G/T
1984(昭59)HAL Antillen N.V.(Willemstad)に移籍。移籍年は不詳。運行はHolland America Line Westours Inc.,Seattle社

G. Ansaldo & Co.

樺太丸 KARAFUTO MARU (1884)

樺太丸
樺太丸 Karafuto Maru
9142/JSFG 鉄製貨客船 2,895G/T 進水 1884(明17)
Lpp 97.33(319'-4") B 8.56(28'-1") D 8.33(27'-4") m 主機 R 3連成 223NHP/1,300IHP 1基 9/11kt
G. Ansaldo & Co.,Sampierdarena, Genoa建造 Dufour & Bruzzo,Genoa
SAN GOTTARDO
1901(明34)L. Bruzzo, Genoaに売却
1904(明37)八木亀三郎(神戸)に売却、樺太丸 KARAFUTO MARU と改名
1926(大15)(株)八木本店(垂水)に移籍
1927(昭2)昭和工船漁業(株)(垂水)に売却
1934(昭9)昭和9年版船名録より削除。同年、解体

Framnes Mek. Verksted

SNo.46 福州丸 FUKUSHU MARU (1904)

福州丸
福州丸 Fukushu Maru
9445/JTDS 貨物船 1,473G/T 進水 1904.2(明37) 竣工 1904(明37)
Lpp 70.71(232.00') B 10.73(35.20') D 6.58(21.60') m 主機 R 3連成 98NHP/526IHP 1基 8.1/9.3kt
Framnes Mek. Verksted,Sandefjord建造 Sno.46 Acties. Standard(Bull & Gjersten)
STANDARD
1905.3(明38)大阪商船(株)(大阪)に売却、福州丸 FUKUSHU MARU と改名
1931.8.5(昭6)北日本汽船(株)(小樽)に売却
1942.3.11(昭17)東シナ海(30.45N,126.25E)で米潜POLLACK(SS-180)の雷撃により沈没

Cochrane & Sons, Ltd.

松風丸 MATSUKAZE MARU (1902)
26595/SCHM 貨物船 3,750G/T 竣工 1902.9(明35)
Lpp 109.08 B 14.57 D 7.29 m 主機 R 276NHP/2,600IHP 10/12.5kt
Cochrane & Sons, Ltd.,Selby建造 Kingston Steam Trawling Co.(Hull)
GRACCHUS
1919(大8)Stringers Steam Fishing Co., Ltd., Ltd., Hullに売却
1920(大9)輸出食品(長崎)に売却、松風丸と改名
1922.2.18(大11)台湾の基隆沖で遭難。大正11年版日本船名録より削除

ページの先頭へ
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10