概要 相澤造船株式会社 Aizawa Zosen Kabusiki Kaisha 戻る
沿革
明治44年(1911)7月、相澤岩吉の個人経営で大阪・安治川左岸大阪市西区石田町に創設。鋼船及びその機関の製造ならびに一般鉄工業を経営。海軍指定工場として艦船、各種商船、トロール汽船その他合計約55隻を建造した。

大正11年(1922)株式会社組織となる。第1次世界大戦中、繁忙を極めた大正7年(1918)10月現在は使用人員合計874人を数えたが昭和2年(1927)6月現在の使用人員は84人。工場設備に比較し使用人員が少ないのは事業不振の状態のため。
相澤造船所の附属事業として大正7年(1918)12月に汽船部が創立された。当初は20トン級6隻、1,000トン級3隻を所有したが大正11年(1922)下半期に分離された。
・設立 1923. 4(大12) →
・来歴
  1911. 7   (明44) →1923. 4   (大12) 相澤岩吉(大阪) Aizawa Iwakichi
  1923. 4   (大12) →                 相澤造船株式会社(大阪)
                                      Aizawa Zosen Kabusiki Kaisha
第二十二相澤丸
第二十二相澤丸 Aizawa Maru No.22 (1919)
建造船舶の要目と船歴
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.10