概要 日の丸汽船株式会社 Hinomaru Kisen K. K. 戻る
沿革
井田栄造が日本食塩回送会社を昭和13年(1938)に辞任し、同社の汽船第三日の丸を購入して設立。その後、第一日の丸を買取って船腹を拡充し、さらに橋谷汽船より大星丸、第六大星丸を、宇都宮回漕店から臈摩丸と第一日の丸、第三日の丸、第五日の丸を取得した。終戦時には大星丸のみ残存。19年(1944)に本社を神戸から東京へ移転。昭和41年(1966)に昭和郵船と合併。
・設立 1938. 3.21(昭13) → 終了 1966. 4. 1(昭41)
・来歴
  1938. 3.21(昭13) →1966. 4. 1(昭41) 日の丸汽船株式会社(東京) Hinomaru Kisen K. K.
・代表者
  井田 榮造    1952年現在 (取締役社長)
栄山丸
栄山丸 Eizan Maru (1953)

第8次計画造船で建造された大型貨物船。
船歴
昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期
所有船舶一覧表
整No. 船名                                    総トン数  進水年      建造所
   1. 第九日の丸 Hinomaru No.9                     880  1944(昭19)  三菱若松
   2. 第七日の丸 Hino Maru No.7                    870  〃          川南深堀
   3. 第八日の丸 Hinomaru No.8                   2,300  〃          占部造船
   4. 第十日の丸 Hinomaru No.10                  2,300  1945(昭20)  〃
   5. 第十一日の丸 Hinomaru No.11                2,300  〃          波止浜造船
   6. 第十二日の丸 Hinoamaru No.12               2,300  1946(昭21)  名古屋造船
   7. 第十五日の丸 Hino Maru No.15               2,843  1949(昭24)  三菱広島
   8. 栄山丸 Eizan Maru                          6,838  1953(昭28)  〃
   9. 三春丸 Miharu Maru                         5,770  1956(昭31)  名村造船所
  10. 栄春丸 Eishun Maru                         7,697  1957(昭32)  〃
  11. 北見丸 (2) Kitami Maru                     3,000  1962(昭37)  函館ドック
  12. 松江丸 Matsue Maru                         8,211  1964(昭39)  名村造船所
  13. 豊山丸 Hozan Maru                         10,890  〃          三菱横浜
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2014-6-21