概要 板谷商船株式会社 Itaya Shosen Kaisha, Ltd. 戻る
沿革
明治初年、初代社長板谷宮吉が個人事業として海運業を開始。魁益丸により明治26年(1893)北海道沿岸定期開設。32年(1899)合名会社設立、45年(1912)合併。35年(1902)には米山丸、弥彦丸(旅順沈没)、宮川丸を取得。その後、米山丸(2)、彌彦丸(2)、北都丸、チョイサン丸、稲穂丸、大日丸、御月丸、黒姫丸、西山丸を購入。昭和6年(1931)三井船舶と業務提携、以来商船三井に至るまで同社と関係を持つ。
・設立 1912.12(大1) → 終了 1946(昭21)
・来歴
  1912.12   (大1)  →1946      (昭21) 板谷商船株式会社(小樽) Itaya Shosen Kaisha, Ltd.
  1951      (昭26) →                 板谷商船株式会社(小樽) Itaya Shosen Kaisha, Ltd.
八海丸
八海丸 Hakkai Maru (1939)
船歴
大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期
所有船舶一覧表
整No. 船名                                    総トン数  進水年      建造所
   1. チョイサン丸 Choysang Maru                 1,984  1888(明21)  H. Russel & Co.
   2. 彌彦丸 (1) Yahiko Maru                     3,201  1883(明16)  Raylton Dixon
   3. 北都丸 (1) Hokuto Maru                     3,048  1896(明29)  Swan Hunter
   4. 大日丸 (1) Dainichi Maru                   3,145  1893(明26)  C.Connell & Co.
   5. 稲穂丸 Inaho Maru                          3,939  1895(明28)  不詳
   6. 御月丸 (1) Mitsuki Maru                    3,639  1899(明32)  〃
   8. 彌彦丸 (2) Yahiko Maru                     5,742  1926(大15)  神戸製鋼播磨
   9. 羽黒丸 Haguro Maru                         3,353  1928(昭3)   横濱船渠
  10. 八海丸 Hakkai Maru                         5,114  1938(昭13)  玉造船所
  11. 北都丸 (2) Hokuto Maru                     2,300  1944(昭19)  函館船渠
  12. 彌彦丸 (3) Yahiko Maru                     6,886  1945(昭20)  三井玉野
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2014-8-10