概要 三菱重工業株式会社若松造船所 Mitsubishi H. I. Wakamtasu Zosensho 戻る
沿革
改E型(2E)戦時標準船建造の専門工場として建設され当時は長崎造船所若松工場と称した。短期間に大量建造を目標とするためブロック建造、先行艤装方式を取り入れた流れ作業による量産体制に適した工場配置が行われ、5つに分割建造された船体を合体後、横滑り方式による進水を採用した。作業員は囚人労働者が主体であった。昭和18年(1943)9.1に若松造船部となり翌19年(1944).1.1から事業所に昇格し若松造船所となった。戦後はE型の続行船と数隻の漁船を建造した後に閉鎖された。
・設立 1943. 4.15(昭18) → 終了 1947. 3(昭22)
・来歴
  1943. 4.15(昭18) →1947. 3   (昭22) 三菱重工業株式会社若松造船所(若松)
                                      Mitsubishi H. I. Wakamtasu Zosensho
・代表者
  後藤 彰      1943. 4.15(昭18) - 1943.12.31(昭18)
第二鴨川丸
第二鴨川丸 Kamokawa Maru No.2 (1944)
建造船舶の要目と船歴
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9