概要 日正汽船株式会社 Nissho Shipping Co. Ltd. 戻る
沿革
太平洋戦争中の木船緊急方策要綱の決定を機として日産汽船が設立した機帆船運航会社日産近海機船が前身。戦後はいち早く鋼船を建造し昭和26年(1951)3月に日正汽船株式会社と社名を変更、同年6月には丸正海運と合併した。昭和34年(1959)には以前より関係のあった日本鉱業の原油輸送のために初の外航大型油槽船日悠丸を建造し、以後大型油槽船の買船、新造が続いた。海運集約の際には紆余曲折を経て山下新日本汽船グループの系列会社となった。
・設立 1951. 3. 5(昭26) → 終了 2012. 3.31(平24)
・来歴
  1943. 5.21(昭18) →                 日産近海機船株式会社(東京)
                                      Nissan Kinkai Kisen K. K.
  1951. 3. 5(昭26) →2012. 3.31(平24) 日正汽船株式会社(東京) Nissho Shipping Co. Ltd.
・代表者
  後藤 平馬    1946(昭21) - 1958. 3.29(昭33) (取締役社長)
  江上 宗和    1958年現在 (取締役社長)
  池田 実      1985年現在 (取締役社長)
かくたす丸
かくたす丸 Cactus Maru (1962)
所有船舶一覧表
整No. 船名                                    総トン数  進水年      建造所
   4. 日宏丸 Nikko Maru                          4,892  1957(昭32)  日立造船(株)向島
   5. 日永丸 Nichiei Maru                        5,630  1958(昭33)  (株)大阪造船所
   6. 日悠丸 Nichiyu Maru                       14,143  〃          石川島播磨(株)
   7. 日天丸 Nitten Maru                        25,243  〃          三菱日本重工(株)横浜
   9. かくたす丸 Cactus Maru                    30,092  1962(昭37)  〃
  11. 日正丸 Nissho Maru                         9,786  1966(昭41)  笠戸船渠(株)
  12. 山秀丸 Yamahide Maru                      24,488  〃          三菱重工(株)横浜
  16. 佐賀関丸 Saganoseki Maru                  12,094  1968(昭43)  舞鶴重工(株)舞鶴
  19. 日豊丸 Nippo Maru                         15,260  1971(昭46)  笠戸船渠(株)
  23. 日正丸 Nissho Maru                        70,921  1975(昭50)  日立造船(株)因島
  24. 日山丸 Nichizan Maru                      29,787  1981(昭56)  三菱重工(株)長崎
  25. 日天丸 (2) Nitten Maru                   109,297  1982(昭57)  日立造船(株)有明
   ・ 大原丸 Taigen Maru                           196  1936(昭11)  占部造船
   ・ 日安丸 Nichian Maru                        3,374  1962(昭37)  (株)臼杵鉄工所
   ・ 日南丸 Nichinan Maru                       2,518  〃          三井造船(株)玉野
   ・ 日信丸 Nisshin Maru                      109,264  1979(昭54)  日立造船(株)有明
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9