概要 大阪鐵工所安治川工場 Osaka Iron Works Shipbuilding & Dock Co. 戻る
沿革
英国人E.H.ハンター(Edward Hazlett Hunter)と秋月清十郎が設立。名義人はハンターの嫡子、平野龍太郎(ひらの・りょうたろう)。ハンターはE. C. Kirby商会小野濱造船所に勤務経験があり、英国に良く似た環境の日本に将来造船業が盛んになることを見込んで起業した。
明治16年(1883)5月には木造の乾ドックを築造、大阪における唯一の乾ドックで以後造船部(修繕)が櫻島工場に移転するまで第1号ドックとして活躍した。ハンター父子による個人経営は大正3年(1914)に終了し、同年4月1日に新たに株式会社組織の大阪鐵工所として再スタートした。社長は山岡順太郎。
・設立 1881. 4. 1(明14) → 終了 1900. 2(明33)
・来歴
  1881. 4. 1(明14) →1900. 2   (明33) 大阪鐵工所安治川工場(大阪)
                                      Osaka Iron Works Shipbuilding & Dock Co.
  1900. 4   (明33) →1914. 3.31(大3)  大阪鐵工所櫻島造船場(大阪)
                                      Osaka Iron Works Sakurajima Zosenjo
  1914. 4. 1(大3)  →1942. 6.14(昭17) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪) Osaka Iron Works
  1942. 6.15(昭17) →1943. 3.10(昭18) 株式会社大阪鐵工所櫻島造船所(大阪)
                                      Osaka Iron Works
  1943. 3.11(昭18) →1997. 9   (平9)  日立造船株式会社桜島工場(大阪)
                                      Hitachi Zosen K.K. Sakurajima
・代表者
  平野 龍太郎  1881. 4(明14) - 1900(明33) (代表)
武庫川丸
武庫川丸 Mukogawa Maru (1893)
櫻島工場で建造された大阪商船の407総トンの小型旅客船。同工場で製造された初の3連成機関を装備した。なお日立造船の資料では船種を貨客船と記載している。
設備(安治川工場)
・第一号船渠 1883(明16)竣工 240' x 38' 600G/T
設備(櫻島造船場)
・第一船台 1900(明33)竣工 100.0 x 15.0 m 2,000G/T
・第二船台 1900(明33)竣工
・第三船台 1900(明33)竣工
主要建造船舶
明治前期
明治後期
滋賀丸
滋賀丸 Shiga Maru (1906)

大阪商船の沿海用貨客船。
大正期
すらばや丸
すらばや丸 Surabaya Maru (1918)

大阪商船の貨物船。多数建造され
た福丸型ストックボートの1隻。
昭和初期
第二圖南丸
第二圖南丸 Tonan Maru No.2 (1937)

日本水産の鯨工船。
・太平洋戦争
・戦後占領期
・海運再建期
・海運集約期
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2014-10-15