概要 浦賀船渠株式会社 Uraga Dock Co.Ltd 戻る
沿革
明治29年(1896)、当時の農商務大臣榎本武揚、前管船局長塚原周造、初代中央気象台長荒井郁之助らにより船舶、舶用汽機等の造修を目的として、資本金100万円で設立。本社を東京市、工場を相模国三浦郡浦賀町に設置した。用地は陸軍要塞砲兵幹部練習所敷地及び旧番所跡の払下を受けた。
・設立 1897. 6.21(明30) → 終了 1963.10(昭38)
・来歴
  1897. 6.21(明30) →1963.10   (昭38) 浦賀船渠株式会社(浦賀) Uraga Dock Co.Ltd
  1963.10   (昭38) →1969. 6   (昭44) 浦賀重工業株式会社浦賀造船所(浦賀)
                                      Uraga Jukogyo K.K. Uraga Zosensho
  1969. 6   (昭44) →2003. 4. 1(平15) 住友重機械工業株式会社浦賀造船所(浦賀)
                                      Sumitomo Heavy Industries, Ltd. Uraga Zosensho
  2003. 4. 1(平15) →                 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社(東京)
                                      Sumitomo Jukikai Marine Engineering K. K.
・代表者
  塚原 周造    1896.10(明29) - 1903. 6(明36) (取締役社長)
  淺野 總一郎  1907.10(明40) - 1910.10(明43) (取締役社長)
  山下 亀三郎  1920.12(大9)  - 1922. 2(大11) (取締役社長)
  多賀 寛      1950.12(昭25) -  (取締役社長)
・関連団体  関係)名古屋造船  関係)浦賀玉島  関係)日本海重工
五十鈴
五十鈴 Isuzu (1923)
浦賀船渠が初めて建造した巡洋艦五十鈴。八八艦隊計画の二等巡洋艦長良型の2番艦。浦賀船渠の旧海軍艦艇の建造実績は駆逐艦がもっとも多く、巡洋艦では他に阿武隈を建造した。本艦の建造に際しては船台の延長を行い、入渠工事は横須賀海軍工廠の船渠を利用した。
設備
・一号船渠(本工場) 1899.11.26(明32)竣工 148.0 x 28.0 x 8.0 m 7100G/T
・二号船渠(分工場) 1898.11. 1(明31)竣工 132.0 x 24.0 x 7.0 m 5000G/T (*1)
・第一船台 1900.10(明33)竣工 83.0 m
・第二船台 1900.10(明33)竣工 217.0 x 8.0 m (*2)
・第三船台 1916(大5)竣工 214.0 x 12.0 m (*3)

明治33年(1900)頃、一号船渠に入渠中の一等巡洋艦
吾妻 Azuma (1900)


本船渠の扉船は海外製品のほうが安かったため英国Swan & Hunter商会と契約し明治31年12月に到着した

館浦丸 Yakataura Maru (1898)
東京石川島造船所建造の同所の曳船(約100G/T)。館浦は同所浦賀分工場が建設された浦賀川間の地名。浦賀船渠による買収の際に異動したものと思われる。
主要建造船舶
明治後期
長月
進水する駆逐艦長月 Nagatsuki (1907)

三等駆逐艦神風型の28番艦
大正期
翔鳳丸
翔鳳丸 Shoho Maru (1924)

鐵道省の凾航路用の車輌渡船
昭和初期
那古丸
那古丸 Nako Maru (1934)

日本郵船の長良丸型高速貨物船
太平洋戦争
屋久
屋久 Yaku (1944)

鵜来型(甲型)海防艦の6番艦
・戦後占領期
日枝丸
日枝丸 Hiye Maru (1950)

日之出汽船の貨物船
・海運再建期
多聞丸
多聞丸 Tamon Maru (1954)

八馬汽船の貨物船
・海運集約期
ジャパン ダリア
ジャパン ダリア Japan Dahlia (1966)

ジャパンラインの油槽船
所有船舶一覧表
整No. 船名                                    総トン数  進水年      建造所
   ・ 琴浦丸 Kotoura Maru                          109  不詳        新潟鐵工所
   ・ 館浦丸 Yakataura Maru                         82  1897(明30)  東京石川島
   ・ いーすたん ぶりーず Eastern Breeze         4,730  1919(大8)   浦賀船渠
   ・ いーすたん げーる Eastern Gale             4,758  〃          〃
   ・ 鈴浦丸 Suzuura Maru                          114  1921(大10)  〃
   ・ 浦賀丸 Uraga Maru                            154  1942(昭17)  名古屋造船
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-8-29