概要 合資会社神戸三菱造船所 G. K. Kobe Mitsubishi Zosenjo 戻る
沿革
三菱社は長崎造船所の拡張と共に神戸港の将来性に着眼して造船所の建設を計画し、場所を和田岬に決定した。地質調査の結果、乾船渠には不向きであるため三菱長崎造船所で7,000トンの浮船渠を建造(建造番号161番船)、明治38年(1905)5月4日に進水し、福浦丸により曳航されて神戸に回着した。新造船は第一及び第二船台が完成するまでは砂浜にブロックを組み立てた船台で建造していたという。
・設立 1905. 7(明38) → 終了 1915.10(大4)
・来歴
  1905. 7   (明38) →1915.10   (大4)  合資会社神戸三菱造船所(神戸)
                                      G. K. Kobe Mitsubishi Zosenjo
  1915.10   (大4)  →1917.10   (大6)  三菱合資会社神戸造船所(神戸)
                                      Mitsubishi Goshi Kobe Zosensho
  1917.10   (大6)  →1934. 4   (昭9)  三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)
                                      Mitsubishi Zosen K.K. Kobe Zosensho
  1934. 4   (昭9)  →1950. 1.10(昭25) 三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)
                                      Mitsubishi Juko K.k. Kobe Zosensho
  1950. 1.11(昭25) →1952. 5.28(昭27) 中日本重工業株式会社神戸造船所(神戸)
                                      Nakanippon Jukogyo K. K. Kobe Zosensho
  1952. 5.29(昭27) →1964. 6   (昭39) 新三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)
                                      Shin Mitsubishi Jukogyo K. K. Kobe Zosensho
  1964. 6   (昭39) →                 三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)
                                      Mitsubishi Jukogyo K. K. Kobe Zosensho



和歌浦丸
浮船渠(後の第一船渠)の開渠式
明治38年(1905)8月8日


入渠中の汽船は満船飾で開渠を祝う日本郵船の
和歌浦丸 Wakanoura Maru (1885)
本船の写真はきわめて少なく、珍しい
設備
・第一浮船渠 1905. 8. 8(明38)竣工 7000G/T
・第二浮船渠 1909. 1.10(明42)竣工 12000G/T
・第三船渠 1905(明38)竣工 16000G/T
第二浮船渠
主要建造船舶
大正丸
大正丸 Taisho Maru (1912)
博進丸
博進丸 Hakushin Maru (1914)
・明治後期
・大正期
・昭和初期
・太平洋戦争
・戦後占領期
・海運再建期
・海運集約期
建造船舶の要目と船歴
所有船舶一覧表
整No. 船名                                    総トン数  進水年      建造所
   ・ 笠松丸 Kasamatsu Maru                         54  1911(明44)  (合)神戸三菱
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9