輸入船 - 明治初期−戦後占領期 戻る


日本が諸外国より購入した船達 (「横浜」No.43 昭61から連載開始)
本項では明治期以降の輸入船について、上野隆志氏の「日本が諸外国より購入した船達」(以下「資料」と略)をベースとして船歴の判明部分を置換え注記を加えた。この資料は誤りが判明していても原書の通りの記載を前提として発表された。以下の輸入船に関する情報は整理次第、各時代毎の輸入船ページに反映予定。

興基丸 KOHKI MARU (1914)
(注記)資料では石原へ売却時に南進丸と改名とあるが昭和5年の明細書によると石原に売却後も興基丸として掲載されている。建造時の船主W. H. Cocker Lineには1905年に進水した同名のCorinthicがあり、こちらは大正2年に三井物産が購入して天城山丸と改名されている。
32316/THFK 貨物船 4,805G/T 8,025D/W 進水 1914.5.11(大3)
Lpp 117.35(385.0') B 15.77(51.75') D 8.99(29.5') m 主機 R 3連成 264NHP/1,700IHP 1基 9.5/11.8kt
Irvine's SB & DD,West Hartlpool建造 W. H. Cocker Line & Co.(京都・府中)
CORINTHIC
1916(大5)Lancashire Shiping Co.,Liverpoolに売却、THURLAND CASTLEと改名
1922(大11)H. W.dillon And Sons,Liverpoolに売却。同年、William Thomas Shipping Co.,Liverpoolに売却、HEMISPHEREと改名
1926(大15)興運汽船(神戸)に売却、興基丸 KOHKI MARU と改名
1930(昭5)石原産業合資(府中)に売却
1931(昭6)南進丸 NANSHIN MARU と改名
1943.3.31(昭18)糸崎付近(34.13N,133.06E)で座礁

長福丸 CHOFUKU MARU (1908) Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造

久川丸 (2) HISAKAWA MARU (1925) Caledon SB & Eng. Co.,Dundee建造

久川丸
久川丸 Hisakawa Maru

辰羽丸 TATSUHA MARU (1918) Russell & Co.,Port Glasgow,Scotland建造

辰羽丸
辰羽丸 Tatsuha Maru

City of Vancouver Archives

永田丸 NAGATA MARU (1889)
貨物船 3,265G/T 進水 1889(明22)
主機 R
Alexander Stephen & Sons,Glasgow建造 Burrell & Son
STRATHCLYDE
1898(明31)Irish Shipowers Co.,Belfastに売却、LOAD IVEAGHと改名
1914(大3)Panariello Freres & Cachtouris,Piraeusに売却、PANARIELLOSと改名
1915(大4)Akties Huldavore,Farsund, Norwayに売却、HULDAVOREと改名
1916(大5)永田三十郎(大阪)に売却、永田丸 NAGATA MARU と改名
1916.11.30(大5)神戸からハーブルに向け航行中、イギリス海峡のウシヤント島沖20浬で独潜UB39の雷撃により沈没

Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-8-29