近海航路 - 明治前期 戻る

大阪商船の朝鮮航路

大阪釜山線 明23.7.16(1890)開設−明39(1906)廃航
大阪商船の海外進出の第一歩として開設。
 【起】大阪【寄】神戸/馬關【終】釜山【航】毎8日目に1回発航
 【船】白川丸
1902(明35)
 【寄】神戸/下関/博多/厳原
 【航】毎9日目に両地を発航
 【船】手取川丸
1906(明39)
 廃止
大阪仁川線 明26.3.18(1893)開設−明37.9(1904)大阪群山線に合併
木曾川丸を使用して月2航海で開設。
1893.3.18(明26)
 【起】大阪【寄】神戸/赤間關/釜山【終】仁川【航】月2回
 【船】木曾川丸
1895(明28)
 日清戦争による休航後に増便
 【船】隅田川丸、筑後川丸、信濃川丸、球磨川丸、舞子丸等
1897.10(明30)
 往復航とも木浦に寄港。その後、白川丸、木曾川丸2隻に減じ毎週1航海

筑後川丸
筑後川丸 Chikugogawa Maru (1890)
韓国沿岸線 明26.6.2(1893)開設−明26.12(1893)廃航
旭川丸を韓国船籍として釜山/仁川線を開始したが防穀令の発布等により同年内に廃航。
1893.3.18(明26)
 【起】釜山【終】仁川
 【船】旭川丸
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.9