国内航路 - 明治前期 戻る

廻漕会社

東京大阪線 明3.1(1870)開設
廻漕会社設立後、東京/大阪間の定期航路を開始。

郵便汽船三菱会社

調査中。
東京大阪線 明8(1875)開設
準備中
東京新潟線 明8(1875)開設
調査中。
東京四日市線 明8(1875)開設
調査中。
小笠原線 明9.12.9(1876)開設−明14.1(1881)廃止
明治9年(1876)12月に第1船太平丸就航。

日本郵船

横濱神戸線 明18.10(1885)開設−明23.6(1890)神戸小樽線が継承/明28.10(1895)再開−
明35(1902)年度に神戸小樽西廻線に統合
明治18年(1885)10月命令航路として開設。2隻により週2航海のサービスとした。明治23年(1890)6月、神戸凾館線が継承。明治28年(1895)10月再開、1隻で6日に1回のサービスとした。明治33年(1900)10月以降は私設運航となり明治35年(1902)3月限りで廃航。
横濱四日市線 明18.2(1885)開設−明42.3(1909)廃航
逓信省命令航路。開設当初は4隻により1日1回のサービスとした。他に私設線があり同じく4日に1回のサービスとし、随時半田または津に寄港。使用船は品川丸、住ノ江丸、北海丸の3隻。明治39年(1906)9月命令満期後、私設航路として継続、明治42年(1909)3月廃止。
横濱半田線 明18.2(1885)開設−明29(1896)年度廃航
明治29年度(1896)後期に廃航。
横濱小笠原島線 明18.10(1885)開設−明治後期−大4.3(1915)廃止/大7.5(1918)再受命−
大12.3(1923)近海郵船へ譲渡−昭14.9(1939)日本郵船が継承−昭44.4.1(1969)東京都が定期運航−
昭47.4.1(1972)小笠原海運が運航
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-8-25