国内航路 - 明治前期 戻る

岩崎彌太郎の国内航路・四国方面

東京大阪高知線 明3.10.9(1870)開設−明5.1(1872)三川商会に継承−明6.3(1873)三菱商会に継承−
明8.5(1875)三菱汽船会社に継承
岩崎彌太郎、土佐開成商社ついで九十九商会の名義で西長堀商会の事業を継承、東京大阪高知間の航路を開設した。就航船は、夕顔、紅葉賀、鶴の3隻。

日本郵船の国内航路・四国方面

神戸高知線 明18.2(1885)開設−明20(1887)廃航
1隻就航(船名不詳)。
大阪高知線 明18.2(1885)開設−明23(1890)廃航
自由定期航路として開設。明治23年(1890)に廃止。高知支店は同年9月に廃止され、同航路は小松篤三郎に譲渡。

郵便汽船三菱会社の国内航路・九州方面

琉球線 明8.11.8(1875)開設
調査中。

日本郵船の国内航路・九州方面

神戸琉球線 明18.2(1885)開設
汽船1隻で毎20日1回両港発のサービスとし鹿児島大島へ寄港した。
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-8-25