国内航路 - 明治前期 戻る

大阪商船の四國航路

大阪宇和島線 明17.5.1(1884)開設明36.10.11(1903)大阪宿毛線−明44.6.1(1911)大阪四國線−
大正期昭4.3.6(1929)伊豫経由大阪細島線と合併
大阪商船設立時第九本線大阪宇和島線として開設。新八幡丸新和歌浦丸第四大分丸の3隻が神戸/多度津/今治/三津濱/長濱/別府/大分/佐賀關/八幡濱に寄港。
大阪廣島線 明17.5.1(1884)開設−明22.7.1(1889)大阪岡山線−明25.6.16(1892)大阪玉島線−
明26.1(1893)大阪多度津線−同7月大阪玉島線−明28.7(1895)大阪多度津線−明30.3(1897)廃航
大阪商船設立時第十本線として開設。明治17年(1884)5月1日大阪出航の太勢丸を第1船として開始。同年9月以降、長久丸、廣凌丸、無事丸、廣島丸、第二廣島丸の5隻が神戸/高松/丸亀/多度津/鞆津/尾道/竹原/音戸に寄港。明治18年(1885)上半期以降岡山、小豆島、明治19年(1886)下半期以降笠岡、福山に寄港。明治20年(1887)下半期以降使用船は狹貫丸、備前丸、末廣丸、盛行丸、平辰丸、巳卯丸、太陽丸、第二三光丸、一丸、第二廣島丸、第二凌波丸の11隻が就航した。明治21年(1888)使用船を2隻に減じ明治22年(1889)7月1日大阪発廣凌丸を最終船として、大阪岡山線と改称、毎月10回両地を発航、岡山碇泊中は丸亀、多度津、笠岡、福山に延航した。明治25年(1892)6月16日、玉島に延航して大阪玉島線と改称、神戸/岡山/土ノ庄/高松/多度津に寄港。明治26年(1893)1月多度津止として大阪多度津線と改称、同年7月には玉島へ延航して大阪玉島線と改称した。
大阪徳島線 明17.5.1(1884)開設明治後期大14.1.16大阪小松島線昭6.10.30(1931)攝陽商船に譲渡
大阪商船設立時第十三本線として開設。明治17年(1884)9月頃は巳卯丸、新朝陽丸が毎日両地を出航、大阪徳島偶数日出航船は兵庫に寄港、随時寄港地を省略、一日2隻発航することもあった。
大阪洲本線 明17.5.1(1884)開設−明32.8.1(1899)大阪由良線−大3.12.1(1914)攝陽商船に譲渡
大阪商船設立時第十五本線として開設。明治17年(1884)9月頃は淡路丸、第三淡路丸の2隻が毎日1回両地を発航、寄港地は兵庫/假屋/志筑。明治24年(1891)汽船1隻で毎日両地発航となり、明治26年(1893)7月には汽船2隻で毎日2回発航とした。
大阪撫養線 明17.5.1(1884)開設−同年7月廃止
大阪商船設立時第十六本線として開設。兵庫を寄港地とし撫養丸が就航したが同年11月に廃航。
大阪須崎線 明17.5.1(1884)開設−同年12月廃止
大阪商船設立時第十八本線として開設。寄港地は神戸/高知。平穏丸が毎週1航海したが出航日は一定していなかった。三菱会社の同航路開設、収益不足等により同年12月廃航。
飾磨多度津線 明17.5.1(1884)開設−同年11月廃止
大阪商船設立時第四支線として開設。寄港地は網干/石見/室津/坂越/牛窓/岡山/丸亀。第一兵庫丸1隻が毎奇数日に両地を発航。同年11月限りで廃航、以降は臨時船とした。
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-7-12