東南アジア方面 - 海運再建期 戻る

日本/バンコク航路 川崎汽船(株) 昭26.3.5(1951)開設海運再建期-海運集約期
同航路に就航中の雪川丸が豪州航路へ転配となったために昭和29年(1954)4月から富士丸(用船)が就航した.
1954.4(昭29)富士丸が就航[船]富士丸(用)

富士丸 Fuji Maru (1949) N.K.K. Tsurumi
セイロン航路 日東商船(株) 昭36.1.1(1961)開設-海運集約期
昭和35年(1960)年12月10日セイロン運賃同盟が結成され日東商船は翌年加盟が認められた.
1961.2(昭36)[港]小樽/横浜/清水/名古屋/大阪/神戸/門司/香港/マニラ/シンガポール/ポートセッテンハム/ペナン/コロンボ[航]月1回[船]明和丸

明和丸 Meiwa Maru (1951)
1966(昭41)[船]明和丸、長和丸
インドネシア向け輸出 東京海事(株) 昭37.7.10(1962)
インドネシア向けの浚渫船曳航.
1962.7.10(昭37)[船]ふじ丸

ふじ丸 Fuji Maru (1958)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. 先頭へ LU 202405 V.1.2.5