中近東方面 - 海運再建期 戻る

ペルシャ湾航路 日東商船(株) 海運再建期−海運集約期
昭和26年(1951)のイラン政府による石油国営化宣言に伴いイラン石油の輸送のため出光興産(株)と用船契約を結び油槽船3隻を配船した。昭和31年(1956)スエズ動乱勃発(第2次中東戦争)後には石油荷主と長期用船契約を締結し安定収益を確保した。
1953.7.26(昭28)第1船としてジェット・オイルの積取[港]川崎/アバダン[船]光栄丸
1953(昭28)光栄丸2次航以降、さらに2隻の油槽船を配船[船]日栄丸、東榮丸
1956.10(昭31)出光興産(株)と6年間用船契約[船]隆栄丸
1956.10(昭31)出光興産(株)と1年間用船契約[船]日栄丸
1956.10(昭31)Stanvacと2年間用船契約[船]東栄丸
1956.10(昭31)三菱石油(株)、東亜石油(株)、亜細亜石油(株)と3年間用船契約[船]忠栄丸
1956.11(昭31)出光興産(株)と1年間用船契約[船]光栄丸
1957.3(昭32)丸善石油(株)と5年間用船契約[船]旭栄丸
1957.11(昭32)三菱商事(株)と6年間用船契約[船]光栄丸
1958.4(昭33)東京タンカー(株)と10年間用船契約[船]宝栄丸
1958.6(昭33)Ocean Tradingと7年間用船契約[船]日栄丸
光栄丸 Koei Maru
光栄丸 Koei Maru (1953)
東栄丸 Toei Maru
東栄丸 Toei Maru (1952)
1万8000重量トン級油槽船日栄丸型の第2船。
旭栄丸 Kyokuei Maru
旭栄丸 Kyokuei Maru (1953)
宝栄丸 Hoei Maru
宝栄丸 Hoei Maru (1957)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202001 V.1.1.3