大正期 輸出船 - 日米船鉄交換船 戻る


経緯
第1次世界大戦勃発後の国内諸工業の発達により鉄鋼材の需要が急激に増加したが当時のわが国の鉄鋼業は規模が小さく鉄鋼材は主として英国、ドイツ、米国から輸入されていた。大戦の進展に伴い大正5年(1916)までには英国、ドイツが翌6年(1917)8月には米国が鉄鋼材の輸出禁止を宣言しわが国の造船業も深刻な事態に直面することとなった。
船鉄交換は最初、英国からの船舶供給援助の要求の際に日本側から条件を持ち出したが英国側も材料難のため、米国との商議を提案してきた。日米両政府の交渉は米国側の要求が厳しい内容であったため進展せず、日本政府は6年11月に提案を撤回するに至った。
このため国内主要造船業者が新任のモリス駐日大使に船舶と鉄材の相互交換の商談の提案を開始した。その際中心となったのは当時、米国にもっとも大量の鉄材を発注していた鈴木商店の金子直吉が関西を代表し、関東を代表したのは淺野総一郎であった。7年2月には米国に対する船鉄交換条件を議定し逓信省が米国と交渉をしたが提案は拒否され続く第2案も拒否される状況であった。このため金子、淺野両氏は直接モリス大使と会見し3月23日にようやく問題の解決をみた。

第1次日米船鉄交換船 15隻
第1次船鉄交換の契約条件は鋼材1トンに対し重量トン1トンの割合でわが国より竣工済みまたは建造中の船舶15隻(約12万7800重量トン)を大正7年(1918)5月より9月まで米国の海港で引渡し、それに対する鋼材(12万7800トン)を船舶引渡期日前に米国沿岸で受取る内容であった。船価は引渡期日により異なり重量トン1トン当たり225ドル乃至265ドル、鋼材の引取価格は各造船所および輸入商の規約値段によった。なお当初第1次の提供船は12隻の予定であったが川崎造船所提供分が3隻追加された。
No 契 約 者 船 名 建 造 所
1 株式会社川崎造船所 EASTERN QUEEN 同社
2  〃 EASTERNER  〃
3  〃 EASTERN SUN  〃
4  〃 EASTERN SEA  〃
5  〃 EAST WIND  〃
6  〃 EAST CAPE  〃
7  〃 EASTERLING  〃
8 帝國汽船株式会社 EASTERN KING 同社播磨造船所
9  〃 EASTERN SHORE  〃
10  〃 第六霧島丸(*1) 浦賀船渠株式会社
11 日本汽船株式会社 EASTERN LIGHT 株式会社大阪鐵工所因島工場
12  〃 明玄丸  〃
13  〃 EAST PORT  〃
14 株式会社淺野造船所 EAST INDIAN 浦賀船渠株式会社
15 浦賀船渠株式会社 第三吉田丸  〃
注意: *1)下記の本船解説を参照

EASTERN QUEENEASTERN QUEEN Class
川崎造船所の大福丸型ストックボート。
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 10.97(36'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社川崎造船所(神戸)建造

EASTERN QUEEN (1918)

EASTERNER (1918)

EASTERN SUN (1918)

EASTERN SEA (1918)

EAST WIND (1918)

イースト ケープ EAST CAPE (1918)

イースターリング EASTERLING (1918)

EASTERN KING (1918) 帝國汽船株式会社播磨造船所(相生)建造


Eastern King

イースタン ショア EASTERN SHORE (1918) 帝國汽船株式会社播磨造船所(相生)建造

イースタン ショア
イースタン ショア Eastern Shore

第六霧島丸 KIRISHIMA MARU No.6 (1917) 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造

第六霧島丸
第六霧島丸 Kirishima Maru No.6
本船は帝國汽船播磨造船所から前年度に外注された船舶であった。後にEASTERN CROSSと改名。

いいすたん らいと EASTERN LIGHT (1918) 株式会社大阪鐵工所因島工場(広島)建造

いいすたん らいと
いいすたん らいと Eastern Light

明玄丸MEIGEN MARU Class
貨物船 Lpp 105.16(345'-0") B 14.96(49'-1") D 8.59(28'-2") m 主機 R 3連成 1基 福丸型

明玄丸 MEIGEN MARU (1918)

いいすと ぽうと EAST PORT (1918)
いいすと ぽうと
Itelmen
日立造船の「八十周年を迎えて」(昭36)によると昭和25年日立造船築港工場で修理中のソ連貨物船でネームプレートが発見され本船と確認されたとある。

米國丸 BEIKOKU MARU (1918) 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造

米國丸
East Indian
EAST INDIAN、建造時は米國丸と呼称。本船は後年、米国船舶院からフォード社に売却、ディーゼル主機に換装され外観上は煙突が太くなった。この話題は当時の日本造船協会の会誌にも紹介された。昭和17年(1942)に南アフリカ沖の大西洋でドイツのUボートの雷撃により沈没。詳細は船歴を参照。

EASTERN CHIEF (1917) 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造


第2次日米船鉄交換船 30隻
第2次船鉄交換の契約条件は重量トン2トンに対し主要材料1トンの割合で米国より主要材料の供給を受けて建造、引渡しを行う。米国沿岸での船舶引渡し価格は重量トン1トン当たり175ドル、材料価格は米国太平洋岸または大西洋の港において鉄道貨車渡し鋼板1英トンにつき72ドル80セント、型材同67ドル20セント、棒材同64ドル96セントという内容であった。船舶提供者のうち旭造船所の分は都合により浦賀船渠が肩代わりした。
No 契 約 者 船 名 建 造 所
1 株式会社川崎造船所 EASTERN MOON 同社
2  〃 EASTERN OCEAN  〃
3  〃 EASTERN PLANET  〃
4  〃 EASTERN DAWN  〃
5  〃 EASTERN CLOUD  〃
6 帝國汽船株式会社 EASTERN SOLDIER 同社播磨造船所
7  〃 EASTERN PILOT  〃
8 株式会社大阪鐵工所 EASTERN KNIGHT 同社櫻島工場
9  〃 EASTERN MARINER  〃
10  〃 EASTERN ADMIRAL  〃
11  〃 EASTERN SAILOR  〃
12 三井物産株式会社 EASTERN IMPORTER 同社造船部玉工場
13  〃 EASTERN EXPORTER  〃
14 株式会社藤永田造船所 EASTERN LEADER 同社敷津工場
15 新田汽船株式会社 EASTERN TEMPLE 同社新田造船所
16 株式会社淺野造船所 EASTERN MERCHANT 同社
17  〃 EASTERN TRADER  〃
18 浦賀船渠株式会社 EASTERN BREEZE 同社
19  〃 EASTERN GALE  〃
20  〃 EASTERN TEMPEST  〃
21  〃 EASTERN SWORD  〃
22 三菱造船株式会社 EASTERN CROWN 同社長崎造船所
23 三菱造船株式会社 EASTERN VICTOR 同社神戸造船所
24 株式会社東京石川島造船所 EASTERN BELL 同社
25  〃 EASTERN MAID  〃
26 横濱船渠株式会社 EASTERN GUIDE 同社
27  〃 EASTERN CRAG  〃
28  〃 EASTERN COAST  〃
29 株式会社内田造船所 EASTERN GRADE 同社
30  〃 EASTERN GLEN  〃

イースタン ムーンEASTERN MOON Class
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 10.97(36'-0") m 主機 R 3連成 1基
株式会社川崎造船所(神戸)建造 第一大福丸型

イースタン ムーン EASTERN MOON (1919)

EASTERN OCEAN (1920)

EASTERN PLANET (1920)

EASTERN DAWN (1920)

EASTERN CLOUD (1920)

イースタン ソルジャー EASTERN SOLDIER (1920) 帝國汽船株式会社播磨造船所(相生)建造

イースタン ソルジャー
イースタン ソルジャー Eastern Soldier

イースタン パイロット EASTERN PILOT (1919) 帝國汽船株式会社播磨造船所(相生)建造

イースタン パイロット
イースタン パイロット Eastern Pilot
第1次のEASTERN KINGと同型。

いいすたん ないとEASTERN KNIGHT Class

いいすたん ないと
いいすたん ないと Eastern Knight
第1次で提供されたいいすたん らいとと同型だがこの4隻は全て株式会社大阪鐵工所の櫻島工場で建造された。
貨物船 Lpp 126.49(415'-0") B 16.92(55'-6") D 10.87(34'-8") m いいすたん らいと型

いいすたん ないと EASTERN KNIGHT (1920)

いいすたん まりなあ EASTERN MARINER (1920)

いいすたん あどみらる EASTERN ADMIRAL (1920)

いいすたん せいら EASTERN SAILOR (1920)

イースタン インポーターEASTERN IMPORTER Class

イースタン インポーター
イースタン インポーター Eastern Importer
三井物産造船部が同社玉工場開設時に建造した日米船鉄交換船。2隻が米国政府に引き渡され引き続き同型船2隻が建造された。汽罐は圧力200ポンド飽和スコッチ型で同所にて製造された。
貨物船 Lpp 117.35(385'-0") B 15.54(51'-0") D 8.53(28'-0") m 主機 R 3連成 1基 Eastern Importer型

イースタン インポーター EASTERN IMPORTER (1920)

イースタン エキスポーター EASTERN EXPORTER (1920)

イースタン リィダア EASTERN LEADER (1920) 藤永田造船所(大阪)建造

イースタン リィダア
イースタン リィダア Eastern Leader

いーすたん てんぷる EASTERN TEMPLE (1920) 新田造船所(大阪)建造

いーすたん てんぷる
いーすたん てんぷる Eastern Temple

いーすたーん まーちゃんとEASTERN MERCHANT Class
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 17.68(58'-0") D 12.19(40'-0") m 主機 R 3連成 2基
株式会社淺野造船所(鶴見)建造 白鹿丸型

いーすたーん まーちゃんと EASTERN MERCHANT (1919)

いーすたーん とれーだー EASTERN TRADER (1919)
いーすたーん とれーだー
いーすたーん とれーだー Eastern Trader

いーすたん ぶりーずEASTERN BREEZE Class
浦賀船渠建造の4隻のうち1隻分は当初、旭造船所(大阪)の予定を引受けて建造した。
貨物船 Lpp 109.42(360'-0") B 15.50(51'-0") D 8.65(28'-4") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 神盛丸型

いーすたん ぶりーず EASTERN BREEZE (1919)

いーすたん げーる EASTERN GALE (1919)

イースタン・テンペスト EASTERN TEMPEST (1920)
イースタン・テンペスト
イースタン・テンペスト Eastern Tempest

いーすたーん そーど EASTERN SWORD (1920) 浦賀船渠株式会社(浦賀)建造

いーすたーん そーど
いーすたーん そーど Eastern Sword

いーすたん くらうん EASTERN CROWN (1920) 三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造

いーすたん くらうん
いーすたん くらうん Eastern Crown

EASTERN VICTOR (1920) 三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造

イースタン ベルEASTERN BELL Class
ストックボート
貨物船 Lpp 92.96(305'-0") B 13.34(43'-9") D 8.31(27'-3") m 主機 R 3連成 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 神隆丸型

イースタン ベル EASTERN BELL (1920)

イースタン メード EASTERN MAID (1920)
イースタン メード
イースタン メード Eastern Maid

イースタン ガイドEASTERN GUIDE Class

イースタン ガイド
イースタン ガイド Eastern Guide
三菱長崎造船所の秋田丸型と準同船の標準型貨物船。最初の3隻が日米船鉄交換船として引き渡された。
貨物船 Lpp 105.16(345'-00") B 15.24(50'-00") D 8.84(29'-00") m 主機 R 3連成 1基
横濱船渠株式会社(横濱)建造 Eastern Guide型

イースタン ガイド EASTERN GUIDE (1919)

イースタン クラグ EASTERN CRAG (1920)

イースタン コースト EASTERN COAST (1920)
イースタン コースト
イースタン コースト Eastern Coast

イースタン グレードEASTERN GRADE Class

イースタン グレード
イースタン グレード Eastern Grade
貨物船 Lpp 124.15(407.30') B 15.48(50.80') D 9.91(32.50') m 主機 R 3連成 1基
株式会社内田造船所(横濱)建造

イースタン グレード EASTERN GRADE (1919)

イースタン グレン EASTERN GLEN (1920)

Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9