概要と建造船 函館船渠株式会社 - 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期 戻る


沿革
明治29年に資本金120万円で設立認可、本社を函館区大町五番地に設置。ここでは昭和初期までを掲載中。

第二吉備丸型 8隻 KIBI MARU No.2 Class (1916 - 1920)
貨物船 Lpp 73.76(242.0') B 10.97(36.0') D 6.55(21.5') m 主機 R 3連成 1基
函館船渠株式会社(函館)建造 神威丸型
Sno.36 第二吉備丸 KIBI MARU No.2 19753/NFKT 999G/T
進水 1916.11.26(大5) 吉田榮(尼崎)
第二吉備丸 KIBI MARU No.2

SNo.45 ~威丸 KAMUI MARU (1918)
~威丸
~威丸 Kamui Maru
函館船渠が建造した大正期の標準型貨物船。

Sno.46 東順丸 TOJUN MARU 23290/RCGS 1,671G/T 977HP
進水 1918.12.30(大7) 金森商船株式会社(函館)
東順丸 TOJUN MARU
1930(昭5)日下部汽船(神戸)の所有
第三東榮丸 TOYEI MARU No.3
建造年不詳 函館船渠株式会社(函館)
第三東榮丸 TOYEI MARU No.3
福榮丸 FKUEI MARU 22720/NVSQ 1,112G/T
進水 1918.5(大7) 吉田榮(函館)
福榮丸 FKUEI MARU
函館丸 HAKODATE MARU 22734/NVTP 1,130G/T
進水 1918.6(大7) 犬上慶五郎
函館丸 HAKODATE MARU

Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2015-12-12