北海道庁命令航路 - 大正期 戻る

藤山要吉(小樽)→藤山海運(株)(小樽)

北海道航路・函館小樽線 大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
藤山要吉は大正15年(1926)4月から3年間の北海道庁補助航路3線を受命。
 【起】函館【寄】餘別/神惠内/岩内/壽都/熊石/瀬棚/釣掛/江差(臨時 千走/青苗/青森【終】小樽
 【船】東照丸、北辰丸
 【命】1926.4.1(大15)〜1928.3(昭3)

北辰丸
北辰丸 Hokushin Maru (1910)

東照丸
東照丸 Tosho Maru (1904)
北海道航路・函館瀬棚線 大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
準備中
 【起】函館【寄】福島/福山/江差/熊石/久遠/釣掛/青苗/太櫓/江良町(臨時 上ノ國/蚊柱/相沼内/壽都/岩内/乙部/青森)【終】瀬棚
 【船】禮文丸(352G/T)

金森商船(株)(函館)

北海道航路・函館釧路線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
航海度数は4月、5月各5回、6月〜11月迄毎月7回、12月〜3月迄毎月5回、年間72航海。
 【起】函館【寄】小越/庶野/猿留/廣尾/大津(臨時 音調津/青森)【終】釧路
 【船】東海丸(301G/T)、東郷丸(303G/T)

東郷丸
東郷丸 Togo Maru (1923)

S.Kizu

近海郵船(株)(東京)

北海道航路・函館網走千島線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
イロハとも就航船は同じ。
 イ)函館/択捉
 【起】函館【寄】釧路/根室/留別/乳呑路/斜古丹/古釜布/内保/別飛/蘂取(冬期は釧路/根室/古釜布/乳呑路/斜古丹)【終】紗那(冬期は単冠)【航】月3回、年36航海
 ロ)函館/網走
 【起】函館【寄】釧路/厚岸/霧多布/根室/羅臼/斜里(臨時に標津/神戸)【終】網走【航】月3回、年36航海
 (ハ)函館/占守
 【起】函館【寄】根室/ナサブキ/擂鉢/奥ノ四ッ岩/ルエサン/千歳湾/村上岬または中川湾/城ヶ崎/鯨湾(臨時に釧路)【終】占守【航】4月または5月、6月、8月、9月各1回、年4航海
 【船】大隅丸、高松丸、石狩丸、(予備船)小樽丸、花咲丸、神福丸

石狩丸
石狩丸 Ishikari Maru (1906)

嶋谷汽船(株)(小樽)

北海道航路・函館網走千島線 明治後期−大正期−昭和初期
航海度数は4月〜11月迄毎月2回、年16航海。
 【起】函館【寄】釧路/厚岸(臨時 青森/船川/新潟/伏木/七尾)【終】根室
 【船】春日丸(1,369G/T)

北海郵船(株)(小樽)

北海道航路・小樽稚内線 明治前期−明治後期−大正期
北海郵船は大正10年(1921)3月、日本郵船撤退後の北海道庁命令航路継承の目的で小樽市の関係者により合資会社として設立された。
 【起】小樽【寄】増毛/留萌/天売/焼尻/仙法志/沓形/船舶/鬼鹿/鬼脇/鷺泊/香深/天塩/風連別/遠別/初山別/苫前/羽幌【終】稚内
 【船】大典丸

大典丸
大典丸 Taiten Maru (1915)

近海郵船(株)(東京)

東京府・小笠原島線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期
日本郵船からの継承航路。
 【起】横濱【寄】八丈島/小笠原島父島/母島沖港/母島北港/北硫黄島/鳥島/青ヶ島/南硫黄島【終】母島沖港または硫黄島【航】月1回、年間12航海
 【船】芝罘丸

芝罘丸
芝罘丸 Chifoo Maru (1903)

對馬商船(株)(福岡)

九州壹岐對馬線 明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
航海度数は毎月27回以上、年間324航海以上。
 【起】厳原【寄】郷ノ浦/勝本/蘆邊及瀬戸【終】博多

睦丸
睦丸 Mutsu Maru (1923)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.9