義勇艦 - 明41(1908)−大2(1913) 戻る

日露戦争時、帝國海事協會が中心となってわが国で初めての義勇艦隊(Volunteer fleetの邦訳)の建造が計画された。義勇艦とは平時は商船として使用されるが戦時には直ちに補助艦艇として活躍できるように設計された特殊な船舶で義捐金をもとに建造された。同協會は1500万円の資金を広く国民から募集することとしたが実際には500万円弱の寄付金で計画は頓挫し、さくら丸以下3隻の義勇艦が建造されたが結果的に本来の目的通りにほとんど使用されることなく終わった。

さくら丸 SAKURA MARU (1908)

さくら丸
さくら丸 Sakura Maru

各社社史や当時の新聞において本船は櫻丸、うめが香丸は梅ヶ香丸、
さかき丸は榊丸と記載されている例がある
帝國海事協會が建造した義勇艦の第1艦。平時は旅客船として臺灣航路に使用し、戦時には6インチ砲2門及び12ポンド砲6門を搭載して快速力を利用して偵察、巡邏の任務につく計画であった。高速力を得るために主機には国産第1号のパーソンス直結タービンを3基搭載し、汽罐は当時、日本海軍で採用されていた宮原式水管汽罐を装備した。また汽機、汽罐、操舵機等を水面下に配置し、舷側の石炭庫で砲弾の防御とする等の構造を有していた。しかし商船としては冬季航海での船体の動揺が激しいといった運航上の無理があり、民間に売却後に貨物船に改造され、主機を換装して速力も低下し、外観も1本煙突となった。
11088/LFMH 義勇艦 3,205G/T 起工 1906.7.9(明39) 進水 1908.6.6(明41) 竣工 1908.10.9(明41)
Lpp 102.11(335'-0") B 13.11(43'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 T 三菱Parsons 直結 9,000SHP 3基 21.392kt
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 Sno.194 帝國海事協會(東京)
さくら丸 Sakura Maru
1909.2(明42)大阪商船の神戸/基隆線に就航
1911(明44)鐵道省の関釜連絡航路に就航。返船後、長崎港に係船
1917(大6)白洋汽船(神戸)に売却、五洋丸 GOYO MARU と改名(*1)
1918(大7)横濱船渠(横浜)で貨物船に改造、主機を3連成、2基(1,820馬力)に換装、2軸となる(*1)
1921(大10)靱商船(大阪)に売却
1931(昭6)海難により喪失。山高五郎氏の調査によると昭和4年(1929)カムチャッカ半島東岸の漁場へ漁夫と物資を輸送中に座礁し除籍されたとある
参考:
五洋丸 五洋丸
横濱船渠で貨物船に改造後の五洋丸。上部構造物が大きく変わっている。本船は改造後にマルセイユに向けて出航した。左写真は三菱横浜の資料および日本造船協會の会報にも取り上げられている迷彩を施した姿(他に1枚あり)であるが日本船舶明細書に掲載されている同じ撮影時の写真(右)も存在する。
参考:
(*1)三菱横浜の資料には大洋商会が船主とある。

うめが香丸 UMEGAKA MARU (1909)

うめが香丸
うめが香丸 Umegaka Maru
さくら丸に引き続いて建造された義勇艦の第2艦。さくら丸のクリッパー形船首に対して本船はやや傾斜した直立形船首を有する点が外観上の大きな違いであるが主要寸法は同じでほぼ同型船である。
12198/LJWT 義勇艦 3,273G/T 起工 1907.12.29(明40) 進水 1909.3.27(明42) 竣工 1909.7.6(明42)
Lpp 102.11(335'-0") B 13.11(43'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 T 三菱Parsons 直結 9,000SHP 3基 21.315kt
三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造 Sno.206 帝國海事協會(東京)
うめが香丸 Umegaka Maru
1910.2(明43)鐵道院の函航路に就航
1911.1.20(明44)鐵道院の関釜航路に就航
1912.9.22(明45)釜山から門司へ帰港後、大里沖で停泊中、荒天のため浸水、転覆沈没
1913.5.18(大2)三菱神戸造船所が浮揚し、のちに解体




大正2年(1913)5月18日、浮揚後、排水作業中の状況
門司港内で横転した本船の浮揚作業には三菱神戸造船所の救助船有馬丸と同長崎造船所の大浦丸が出動した。遭難場所は潮流が激しく作業は困難を極め、作業開始から189日後に浮揚に成功した。

さかき丸 SAKAKI MARU (1913)

さかき丸
さかき丸 Sakaki Maru
さくら丸とうめが香丸の実績をもとに大正期に川崎造船所で建造された義勇艦の第3艦。主機には三菱長崎造船所建造の2隻が採用したパーソンスタービンに対して川崎造船所製作のフォアリバー・カーチス直結タービン(6,100HP)を2基搭載した。第1次世界大戦中に通報艦として従事。平時は南満洲鐵道の大連/上海航路に就航した。
16319→關206/MHLG→QBSV 義勇艦 3,875G/T 1,454D/W 進水 1913.3.3(大2) 竣工 1913.8.3(大2)
Lpp 109.12(358'-0") B 14.02(46'-0") D 7.92(26'-0") m 主機 T Brown Curtis 12,248SHP 2基 19.126kt
株式会社川崎造船所(神戸)建造 Sno.360 帝國海事協會(東京)
さかき丸 Sakaki Maru 南満州鐵道の大連/上海航路に就航
1922(大11)義勇財団海防義会(東京)に移籍
1923(大12)南滿洲鐵道(大連)に売却
1929.7(昭4)大連汽船(大連)に売却
1933.5(昭8)第1次船舶改善助成施設の見合解体船として宮地民之助に売却。大阪で解体
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2014-7-30