気象観測船 - 昭和初期−海運集約期 戻る


概説
わが国に気象観測専門の船が登場するようになったのは大正10年(1921)神戸海洋気象台が港内艇海洋丸 Kaiyo Maru (3総トン)を建造した頃といわれる。気象観測業務には時代によりさまざまな船種の船舶が使用されたがここでは日本の気象観測船として気象学会編集の「気象百年史」で観測船として扱っている17隻の船を掲載した。
※各船船歴の基本資料は1985年時点であるため内容は随時更新予定。

気象観測船 (1927 - 1974)

1. 春風丸 SHUNPU MARU (1927) 三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造

春風丸
春風丸 Shunpu Maru
神戸海洋気象台

2. 親潮丸 OYASHIO MARU (1936) 市川造船所(大湊)建造
八戸測候所

3. 黒潮丸 KUROSHIO MARU (1936) 市川造船所(大湊)建造
宮古測候所

4. 凌風丸 RYOFU MARU (1937) 株式会社播磨造船所(相生)建造

凌風丸
凌風丸 Ryofu Maru
中央気象台

5. 朝潮丸 ASASHIO MARU (1938) 下田船渠株式会社(静岡)建造
大島測候所

6. 夕汐丸 YUSHIO MARU (1942) 市川造船所(大湊)建造
中央気象台

7. 海風丸 UMIKAZE MARU (1939) 海軍要港部工作部(朝鮮)建造
長崎海洋気象台

8. 朝風丸 ASAKAZE MARU (1941) 三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造
長崎海洋気象台

9. 清風丸 SEIFU MARU (1941) 函館船渠株式会社函館造船所(函館)建造
舞鶴海洋気象台

10. あさなぎ丸 ASANAGI MARU (1930) 建造所不詳(不詳)建造
舞鶴海洋気象台

11. 春風丸 (2) SHUNPU MARU (1954) 日本鋼管株式会社清水造船所(清水)建造

春風丸
春風丸 Shunpu Maru
神戸海洋気象台

12. 長風丸 CHOFU MARU (1960) 石川島重工業株式会社(東京)建造

長風丸
長風丸 Chofu Maru
長崎海洋気象台

13. 高風丸 KOFU MARU (1963) 石川島播磨重工業株式会社東京第二工場(東京)建造

高風丸
高風丸 Kofu Maru
函館海洋気象台

14. 清風丸 SEIFU MARU (1964) 石川島播磨重工業株式会社東京第二工場(東京)建造

清風丸
清風丸 Seifu Maru
舞鶴海洋気象台

15. 凌風丸 (2) RYOFU MARU (1966) 石川島播磨重工業株式会社東京第二工場(東京)建造

凌風丸
凌風丸 Ryofu Maru

東京港 - T.Ueno

16. 啓風丸 KEIFU MARU (1969) 石川島播磨重工業株式会社東京第二工場(東京)建造

啓風丸
啓風丸 Keifu Maru

1982.4 東京港 - T.Ueno

17. 春風丸 (3) SHUNPU MARU (1974) 石川島播磨重工業株式会社東京第二工場(東京)建造


参考資料
気象百年史 (気象学会 昭50)
日本の気象観測船について (船の科学 1970年3月号)
日本の海洋調査船 (日本プランクトン研究連絡会報9号 昭38.4)
日本の気象観測船 (「横浜」No.40 1985年5月号)
海洋観測物語 −その技術と変遷−(中井俊介 平11)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2019.4 V.2