はじめに このホームページについて
船の一生は人の一生に似ている ── 船歴を調べている人々の間でよく語られる言葉です。このサイトは近代史以降のわが国の船舶(主として汽船・モーター船)を対象として各船がたどった生涯を紹介したいと考えています。
しょうどしま丸 Olympus OM-2N,Zuiko zoom 35〜105mm,auto








しょうどしま丸 Shodoshima Maru (四国フェリー)

1981.9.20 土庄港
 公開にあたっての覚え書き
  • 当サイトで公開している情報はあなたの参考程度にとどめ、参考文献で紹介している文献・資料で直接に確認されることをお勧めします
  • 当サイトに含まれるコンテンツの利用についてはメールで連絡をお願いします
  • 当サイトはリンク・フリーです。リンクはトップページにお願いします
 凡例
  • 船名録、船舶明細書等で確認した船歴の異動年月日は暦年とは異なる場合がある
  • 船主及び製造者の名称は本船の進水時または竣工時の時点を基準とした
  • 地名(国名含む)及び団体名称等は調査の便宜を図るためできる限り当時の表記を用いた
  • 船舶一覧表の整理番号は編集作業の便宜的な番号であり取得順序とは必ずしも一致しない
  • 船名のローマ字は昭和12年の内閣訓令により日本式に改められた時期があるが原則としてヘボン式で表記した。また船名の一部の変体仮名は検索の便を考慮してひらがなを用いた
    (例) かご丸→しかご丸
  • 船種は日本船舶明細書、海運及び造船会社の社史等を主な参考資料としたがこれらの資料には同一船でも異なる分類名称で記載されている場合がある
  • 写真提供者は撮影者と必ずしも同一ではない
 要目と船歴の表記
  • 船名日本語・ローマ字 (代) (竣工年) 船舶番号/信号符字 船質(鋼製以外)・船種 総トン数・載貨重量トン
  • 垂線間長 型幅 型深 単位
  • 主機械の種類、出力・単位、数 製造者 速力(航海/試運転最大)
    ディーゼル→D、タービン→T、レシプロ→R、焼玉→H その他は注釈を記載
  • 起工、進水、竣工年月日 建造所 建造番号 船主(船籍または所在地)
  • 竣工時の船名 備考(旅客数、搭載物・容量、計画造船年次等)
  • 船歴の変遷(竣工時の船名(代)、売却年、移籍、購入年月日等)
  • 計画造船年次 [前]は前期、[後]は後期、[追]は追加を示す。例)7次後→第7次後期
  • 積載項目は ト)8tトラック、バ)大型バス、普)普通乗用車を示す。
表記変更の履歴
2017.9.16 船歴ページを造船所毎に集約
2016.9.17 掲示板の終了によりリンクを削除
2008.8.24 造船所の設備は原則として、船台の場合 長さ x 幅。ドックは 長さx幅x深さ
 G/Tは建造または入渠可能な総トン数を示す 
 Attention
  • Please limit the information currently exhibited by this website only to your reference.
  • When you send mail from other than the domain in Japan, please specify that it is the inquiry about a ship in a title.
  • The reply of the question about a ship should take time and please understand the situation.
プロフィール Fumio Nagasawa … 現在は船舶史稿の調査をしています
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved.