遠洋航路 - 明治前期 戻る

日本郵船

孟買航路 明26.11.7(1893)開設横濱孟買線−神戸孟買線大正期−昭和初期
わが国の紡績業は明治政府の殖産興業政策により急速に発達し、その原料である綿花を廉価な海外綿花に求めた。調査の結果、印度綿花が優良であることが分かったが当時の日本/印度間の航路は英国のP & O Line他2社の同盟が独占しており運賃も割高であった。 明治26年(1893)に来日したボンベイの綿花豪商タタ(J. G.N. Tata)は日本郵船社長森岡昌純、澁澤榮一、淺野總一郎らに会見して日本/孟買間の航路開設の必要性を力説した。日本郵船は積荷保証が得られることを確認したうえでタタ商会と各1隻を提供して6週1回の定期航路の開設を決定した。明治26年(1893)11月7日、第1船廣島丸が孟買(ボンベイ)向けに神戸を出航し、これがわが国最初の遠洋定期航路開設となった(*1)(*2)。同盟側は運賃の値下げ等で対抗したが、日本郵船は国内では日本紡績連合会、海外ではタタ商会と連携して多大の損害を被りながらも航路の維持に努めた。
そして明治28年(1895)11月に至りP & O Lineは英国外務省を通じて仲裁を申し入れ日本郵船は計画中の欧州航路開設も考慮したうえで、明治29年(1896)5月6日に同盟側と運賃合同計算契約を締結した。
参考:
(*1)遠洋航路での最初であり、近海航路では明治8年(1875)2月3日に日本郵船の前身、三菱商会が横濱/上海間に開設したのが最初の海外定期航路である。
(*2)当時の船長は七十年史(日本郵船- 昭31)によるとJ. B. マクミランであった。日本郵船株式会社百年史(同 - 昭63)にはG. B. マクミラン とある。
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9