欧州航路 - 明治前期 戻る

欧州線 明29.3.15(1896)開設大正期昭和初期戦後占領期海運再建期海運集約期
「日清戦争後の海外航路拡張の世論に応えるため」(社史)に日本郵船が開設した欧州定期航路には13隻(予備船1隻含む)の大型新造船が投入されたが新造船隊が整備されるまでに暫定的に6隻の汽船(土佐丸、和泉丸、鹿兒島丸、旅順丸、他用船2隻)が就航した。土佐丸はその第1船で当時のわが国海運界が保有した初の大型貨客船であった。

土佐丸
土佐丸 Tosa Maru (1892)
欧州航路開設当日、横濱港大桟橋における土佐丸(左)。 右側は前年に購入された威海丸(旧名Cathy 1872)。




神奈川丸 Kanagawa Maru (1896)




若狹丸 Wakasa Maru (1897)
当初月1回の定期とする予定を明治31年(1898)5月14日横濱出航の神奈川丸から2週1回に改め、使用船は合計12隻新造された。寄港地は横濱/神戸/下関/香港/コロンボ/ボンベイ/ポートサイド経由/ロンドン/アントワープで開始。第2船以降はボンベイ寄港を省きマルセイユに寄港。本航路は航海奨励法(明治29年公布)による補助金のみでは充分でなく日本郵船は再三にわたって政府に毎年一定金額の補助金の下付を請願していたが明治32年(1899)3月、ようやく特定助成航路とする法案が議会を通過、翌明治33年(1900)1月から補助金を受けることとなった。




信濃丸 Shinano Maru (1900)




常陸丸 Hitachi Maru (1906)




賀茂丸 Kamo Maru (1908)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2016-2-11