東北・関東方面 - 明治前期 戻る

廻漕会社

東京大阪線 明3.1(1870)開設
廻漕会社設立後、東京/大阪間の定期航路を開始。

岩崎彌太郎

東京大阪高知線 明3.10.9(1870)開設−明5.1(1872)三川商会に継承−明6.3(1873)三菱商会に継承−
明8.5(1875)三菱汽船会社に継承
岩崎彌太郎、土佐開成商社ついで九十九商会の名義で西長堀商会の事業を継承、東京大阪高知間の航路を開設した。就航船は、夕顔、紅葉賀、鶴の3隻。
1875.5(明8)【起】東京【寄】大阪【終】高知【船】夕顔、紅葉賀、鶴

郵便汽船三菱会社

東京函館線 明8(1875)開設

 【起】東京【寄】横濱【終】函館
東京神戸線 明8(1875)開設

 【起】東京【寄】横濱/大阪【終】神戸
東京新潟線 明8(1875)開設

 【起】東京【寄】横濱【終】新潟
東京四日市線 明8(1875)開設
小笠原線 明9.12.9(1876)開設−明14.1(1881)廃止

共同運輸会社

横濱・四日市線 明17.3(1884)開設
神戸・高知線 明17.12(1884)開設
横濱・神戸線 明17.7(1884)開設
不定期航路(横濱起点) 明15(1882)以降開設
横濱/函館/小樽/根室線                     横濱/下田/清水線
横濱/函館/小樽/舟川/酒田線               横濱/下田(土州)/大阪線
横濱/函館/壽都/小樽線                     横濱/亀崎/半田線
横濱/函館/根室/千島線                     横濱/萩ノ濱/八ノ戸/宮古/久慈/釜石/山田線
横濱/函館/青森/舟川/土崎/新潟線         横濱/石濱線
横濱/北海道紋亀線                           横濱/常州磯原線
横濱/小笠原線                               横濱/唐津線
横濱/八丈島線                               横濱/肥前住之江線
横濱/神戸/馬關/伏木線                     横濱/二見/新潟/土崎線
横濱/神戸/長崎線                           横濱/小名濱線
横濱/神戸/馬關/加露(伯州)/函館/根室線   横濱/熱田/箕ノ島線
横濱/神戸/馬關/伏木/新潟線               横濱/朝鮮仁川/上海線
横濱/神戸/岩國線                           
不定期航路(神戸起点) 明15(1882)以降開設
神戸/馬關/伏木線
神戸/唐津/住之江線

日本郵船会社

横濱神戸線 明18.10(1885)開設−明23.6(1890)神戸小樽線が継承−明28.10(1895)再開−
明35(1902)年度に神戸小樽西廻線に統合
日本郵船設立時の逓信省命令航路(全11線)。【航】月10回
1890(明23)神戸函館線に吸収
横濱四日市線 明18.2(1885)開設−明42.3(1909)廃航
日本郵船設立時の逓信省命令航路(全11線)。開設当初は4隻により1日1回のサービスとした。他に私設線があり同じく4日に1回のサービスとし、随時半田または津に寄港。【船】品川丸、住ノ江丸、北海丸
1906.9(明39)命令満期後、私設航路として継続
1909.3(明42)廃止
横濱半田線 明18.2(1885)開設−明29(1896)年度廃航
横濱小笠原島線 明18.10(1885)開設−明治後期−大4.3(1915)廃止/大7.5(1918)再受命−大12.3(1923)近海郵船へ譲渡
昭44.4.1(1969)東京都が定期運航−昭47.4.1(1972)小笠原海運が運航
東京府庁命令航路。開設時は年4回の不定期サービスとした。

廻漕会社

東京大阪航路 明3.1(1870)開設−明4.1(1871)廻漕取扱所に継承
日本政府の監督下に創設された半官半民の廻漕会社が開設した国内定期航路。しかし海運業の経営経験者がなく、船腹も老朽船のため損失が多く、1年で解散、事業は新たに創設された廻漕取扱所に引継がれた。

安房汽船

東京館山航路 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争

 【寄】東京/浦賀/原岡/館山

内國通運会社

東京古河航路 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期

 【起】東京【寄】行徳/市川/柴又/松戸/流山/新川/野田/金ノ井/寶珠花/関宿/境/栗橋【終】古河
下利根川筋航路 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期

 【起】東京【寄】新川/布施/取手/小堀/安食/下町方/大須賀/神埼/石納/佐原/小見川/息栖/加村/笹川/今泉/石出/野尻/高田/銚子/鉾田/麻生【終】高濱

東京灣汽船

準備中
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2018.10