東北・関東方面 - 明治後期 戻る

北海道炭礦鐵道(株)(東京)

東京室蘭線 明36(1903)−大正期−昭和初期−太平洋戦争
1903(明36)起点は東京または横濱、終点は小樽または室蘭に至る直航【港】東京/室蘭【航】月2回【船】膽振丸、空知丸、札幌丸、手宮丸

手宮丸
手宮丸 Temiya Maru (1894)
東京横濱線 明治前期−明治後期−大正期
1902(明35)【港】東京/横濱【航】日1回【船】壽美多丸、月島丸

攝津航業(株)(神戸)

東京神戸線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1903(明36)直航【港】東京/神戸【航】月1〜4回【船】攝海丸、旺洋丸、英航丸

英航丸
英航丸 Yeiko Maru (1880)

日本郵船(株)(東京)

青森室蘭線 明26.10(1893)函館青森線を継承明38.10(1905)本州北海道連絡線(2線)−明43.3(1910)迄に廃止
逓信省命令航路函館青森線と青森室蘭線を統合して開設。
1902(明35)【港】青森/函館/室蘭【航】日1回【船】薩摩丸、陸奥丸、肥後丸(定期休船時:尾張丸、住之江丸、東海丸)
1905.10(明38)・本州北海道連絡線として開設。1908. 3(明41)廃止【港】青森/函館/室蘭【航】日1回【船】3隻
1905.10(明38)・本州北海道連絡線として開設。1910. 3(明43)廃止【港】青森/函館【航】日(夜)1回【船】2隻
青森室蘭直航線 明36.7(1903)開設−大4.3(1915)廃止
逓信省命令航路。
1903.7(明36)【航】日(夜)1回【船】駿河丸、東海丸
1903.10.29(明36)東海丸、衝突沈没
1908.4(明41)本州北海道連絡線が継承【航】日1回【船】2隻

東海丸
東海丸 Tokai Maru (1870)
小笠原島線 明18.10(1885)開設明43.4(1910)受命−大正期−昭和初期
東京府命令航路として開設。
1899.6(明32)東京府命令航路【港】[往]横濱/(1-5月)八丈島/父島/母島北村、(6-11月)八丈島/父島/母島[復]父島/八丈島/横濱 但し5月7月は青ヶ島、6月8月は鳥島、聟島に往復寄港、6月は硫黄島、南北硫黄島に寄港【航】月1回【船】汽船1隻【命】1903.4(明36)〜1904.3(明37)
1910.4(明43)【港】東京/小笠原【航】月1回【船】汽船1隻【命】1910.4(明43)〜1913.3(大2)

淺沼丈之助

父島聟島線 明32.4(1899)受命明37.3(1904)満期
東京府命令航路として開設。
1899.4(明32)【港】父島二見港/媒島(なこうどじま)/聟島(むこじま)南濱【航】月1回【船】小廻船1艘
父島弟島線 明32.4(1899)受命明37.3(1904)満期
東京府命令航路として開設。
1899.4(明32)【港】父島二見港/弟島黒濱【航】月1回【船】小廻船1艘

佐藤福吉

父島母島線 明32.4(1899)受命明37.3(1904)満期
東京府命令航路として開設。
1899.4(明32)【港】父島二見港/母島沖港【航】月2回【船】小廻船1艘【命】1899.4(明32)〜1904.3(明37)

前田善兵衛

母島姪島線 明32.4(1899)受命明37.3(1904)満期
東京府命令航路として開設。
1899.4(明32)【港】母島沖港/姉島北濱/妹島北濱/姪島西港【航】月1回【船】小廻船1艘【命】1899.4(明32)〜1937.3(昭12)

緒明菊三郎(品川)

品川尾勢線 明治前期−明治後期−大正期
【港】品川/横濱/尾勢【船】汽船1隻
東京横濱線 明治前期−明治後期−大正期
1902(明35)【港】東京/横濱【航】日1回【船】第十三観音丸、第十四観音丸

東京灣汽船(株)(東京)

伊豆諸島航路御蔵島線 明40.6(1907)受命明43.3(1910)満期
東京府命令航路として開設。
1907.6(明40)【港】東京/大島/利島/新島/神津島/三宅島/御蔵島【航】月1回【船】汽船1隻【命】1907.6(明40)〜1910.3(明43)
伊豆諸島航路三宅島線 明40.6(1907)受命明43.3(1910)満期
東京府命令航路として開設。
1907.6(明40)【港】下田/[往]新島[復]式根島/新島/三宅島【航】年6回【命】1907.6(明40)〜1910.3(明43)
伊豆諸島航路大島線 明40.6(1907)受命明43.3(1910)満期
東京府命令航路として開設。
1907.6(明40)【港】東京/大島【航】月2回【命】1907.6(明40)〜1910.3(明43)
東京八幡線 明治前期−明治後期−大正期
1902(明35)【港】東京/濱野/八幡【航】日1回【船】飛龍丸
東京木更津線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/櫻井/木更津【航】日2回【船】第三福澤丸、第七福澤丸
東京館山線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/金杉/品川/横須賀/浦賀/小久保/竹岡/金谷/保田/加知山/富浦/船形/那古/北條/館山【航】日3回【船】第一東海丸、第一田浦丸、第二田浦丸、第三田浦丸、第十三號通快丸、第十號通快丸、第二十六號、通運丸、勝山丸(うち3隻臨時船)
東京勝浦線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争
1902(明35)【港】東京/鴨川/天津/小湊/興津/松部/勝浦【航】月8回【船】第六観音丸、第七観音丸、太陽丸、第二房総丸(うち1隻臨時船)
東京三崎線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/浦賀/下浦/松輪/三崎【航】月15回【船】第二十五號通運丸
東京下田線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/熱海/網代/伊東/稲取/見高/河津/下田【航】月12回【船】天城丸、天龍丸
東京御蔵島線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/伊豆各港/新島/神津島/三宅島/御蔵島【航】月4回【船】館山丸、天津丸
東京久慈線 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)【港】東京/小名濱/気仙沼/長部/大船渡/釜石/大槌/山田/宮古/久慈【航】月4回【船】大ノ浦丸、高島丸

尾崎房太郎(横濱)

東京館山線 明治前期−明治後期
1902(明35)【港】金杉/品川/横須賀/浦賀/小久保/竹岡/金谷/保田/加知山/富浦/船形/那古/北條【航】日1回【船】中村丸、駿豆丸、房洋丸、第二三吉丸(うち2隻臨時船)

田坂初太郎(東京)

東京館山線 明治前期−明治後期
1902(明35)【港】東京/北條/館山【航】月12回【船】金刀比羅丸

原山吉蔵

東京館山線 明治前期−明治後期
1902(明35)【港】東京/北條/館山【航】月12回【船】長久丸

三浦共立運輸(株)(三浦)

東京三崎線 明治前期−明治後期
1902(明35)【港】東京/浦賀/下浦/松輪/三崎【航】月15回【船】第一號三盛丸、第二號三盛丸、第三號三盛丸

東豆汽船(株)(東京)

東京下田線 明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)新島は第一東豆丸のみ【港】東京/熱海/網代/伊東/稲取/見高/河津/新島/下田【航】月10回【船】第一東豆丸 、第二東豆丸
1902.9(明35)【船】第一東豆丸 、第二東豆丸 、第三東豆丸

吉田義方(東京)

東京大島線 明治後期−大正期−昭和初期
1902(明35)就航船は相陽汽船(株)からの用船【港】東京/横濱/小田原/吉濱/熱海/網代/伊東/稲取/大島【航】月10回【船】第一海運丸、第二徳山丸
1902.7(明35)伊東/大島定期航路開始

林策一郎

横濱横須賀線 明治後期−大正期
1902(明35)【港】横濱/横須賀【航】日3回【船】千葉丸
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2019.4 V.2