北海道方面 - 明治前期明治後期大正期昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期 戻る

函館瀬棚線 藤山要吉 明43.4(1910)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[港]函館/瀬棚[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
函館小樽線 藤山要吉 明43.4(1910)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[港]函館/小樽[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
函館霧多布線 前田榮次郎 明治前期−明治後期
前田榮次郎所有の木造汽船4隻が就航.
1909(明42)[港]函館/釧路/厚岸/霧多布[船]浦島丸,第壱大亀丸,第弐大亀丸,第参大亀丸
函館小樽線 日本郵船(株) 明34.10(1901)受命−明40.9(1907)満期
北海道庁命令航路として開設.
1901.10(明34)開設.往航または復航に奥尻島(釣掛)に寄港[港]函館/江刺/寿都/岩内/小樽[航]月5回(4-10月)月3回(11-3月)[船]日高丸
1907.9(明40)命令満期により廃航
函館根室線 日本郵船(株) 明18.2(1885)開設明33.10(1900)受命−大9(1920)満期
逓信省命令航路満期後に北海道庁命令航路を受命.
1900.10(明33)往航または復航に厚岸/霧多布に寄港.1〜3月は6回中1回釧路止.冬期根室氷結中は花咲止.[港]函館/釧路/根室[船]日高丸
1906.10(明39)〜1915. 3(大4)迄函館網走択捉線の1航路として運航
1915.4(大4)〜1920. 3(大9)迄函館網走千島線の1航路として運航
1920.3(大9)廃航
函館網走択捉線 日本郵船(株) 明39.10(1906)受命−大4.3(1915)満期
北海道庁命令航路として開設.
1907.10(明40)〜1915. 3(大4)迄.函館/紗那,函館/網走,函館/根室直航を運航[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
函館鹿部線 工藤嘉七 明37(1904)−大正期
1904(明37)[港]函館/椴法華/木直/尾札部/川汲/日浦/古部/熊泊/鹿部[船]鳳至丸
1904(明37)[港]函館/椴法華/川汲/尾札部/熊泊/古部/臼尻/古武井/根田内/見日/木直/板木/鹿部[船]茅部丸
函館酒田線 兩羽汽船(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
函館大津線 渡邊熊四郎 明36.4(1903)受命明37.3(1904)満期
1903.4(明36)[港]函館/廣尾/大津[航]月5回
函館大津線 金森(名) 明43.4(1910)受命−大正期−昭和初期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[港]函館/大津[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
函館坂出線 東洋汽船(株) 明37(1904)−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]函館/大阪/兵庫/坂出[航]1ヶ月1回[船]ろひら丸
ろひら丸 Rohilla Maru
ろひら丸 Rohilla Maru (1880)

陸軍病院船時期のろひら丸

Digital Library from the Meiji Era
小樽稚内線 日本郵船(株) 明43.4(1910)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[港]小樽/稚内[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
小樽網走線 日本郵船(株) 明43.4(1910)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[港]小樽/網走[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
小樽天鹽線 藤山要吉 明34.4(1901)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1901(明34)[港]小樽/[往](鬼脇または鷺泊)増毛/初山別/遠別/天鹽[航]4月−10月迄は毎月4回,11,12月は月3回,1月−3月迄は毎月2回[船]利尻丸,(定期休船時:宗谷丸または日進丸)[命]1901(明34)〜1913.3(大2)
神戸小樽線 日本郵船(株) 明18.2(1885)開設明治後期大12.3(1923)廃航
1900.10(明33)逓信省命令航路[命]1900.10(明33)〜1905.9(明38)
1902.12.17(明35)逓信省より近江丸就航許可
1903.6.4(明36)逓信省より山城丸の使用を解除し相模丸の使用認可
1903.12(明36)東廻線,8隻就航[船]三池丸,小樽丸,佐倉丸,和歌浦丸,天津丸,朝顔丸,小倉丸,松山丸
1903.12(明36)西廻線,6隻就航[船]近江丸,熊本丸,三河丸,遠江丸,酒田丸,相模丸
1903.12.29(明36)逓信省より横浜上海線から転配の山口丸を使用し相模丸を解除認可
1906.9(明39)東廻線,逓信省命令航路の命令満期に伴い私設航路として継続
1906.9(明39)西廻線,命令満期に伴い私設航路として継続
1907.9(明40)西廻線廃止
1912.3(明45)名古屋寄港開始
根室紗那線 日本郵船(株) 明33.10(1900)受命−明40.9(1907)満期
北海道庁命令航路として開設.
1900.10(明33)開設[港]根室/留別/紗那[航]月3回(5-11月)月1回(12月)[船]十勝丸
根室網走線 日本郵船(株) 明33.10(1900)受命−明40.9(1907)満期
北海道庁命令航路として開設.4-12月,毎月1回往航または復航で斜里に寄港.
1900.10(明33)[港]根室/泊/網走[航]月3回(5-11月)[船]天鹽丸
天鹽丸 Teshio Maru
天鹽丸 Teshio Maru (1901)
根室各離島線 日本郵船(株) 明18(1885)開設−明27.10(1894)根室各離島北見線に改称−明31.9(1898)廃航
国後,択捉,千島諸島,北見地方その他各離島へ運航.厳冬中は休航.
根室近海線 根室運輸 明43.4(1910)受命−大正期−昭和初期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
石狩川線 阿部キク 明43.4(1910)受命−大2.3(1913)満期
北海道庁命令航路として開設.
1910(明43)就航船は推定[港]江別/石狩[航]月2回(4月)月4回(5-11月)[船]上川丸,空知丸[命]1910.4(明43)〜1913.3(大2)
1910(明43)[港]江別/月形[航]月8回(4月)月13回(5-11月)
石狩川線 阿部久四郎 明35.4(1902)受命明39.3(1906)満期
1902.4(明35)北海道庁命令航路として開設[命]1902.4(明35)〜1906.3(明39)
1903.12(明36)阿部久四郎に変更
森室蘭航路 楢崎平太郎 明41.6.20(1908)開設−大正期
1908.6.20(明41)[港]森/室蘭[航]日2回[船]喜生丸
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202008 V.1.1.5