北海道方面 - 明治前期明治後期大正期昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期 戻る

函館樺太線 日本郵船(株) 明治前期−明治後期−大正期大12.4.1(1923)近海郵船へ継承
起点は函館。終点は大泊。寄港地は往航が小樽/大泊/真岡。復航は小樽のみ。
1917(大6)冬季根室止り。[港]函館/釧路/根室/瀬石/乳呑路/斜古丹/内保/留別/蘂取[航]1ヶ月3回[船]芝罘丸
函館網走千島線 日本郵船(株) 明治前期−明治後期−大正期−大12.4.1(1923)近海郵船へ継承
函館択捉(紗那)間。毎月3回出航し寄港地は往復とも釧路、根室、往航または復航時に留別。その他の寄港地と時期は、往航または復航時に乳呑路と斜古丹(5月−11月/毎月2回 12月/1回)蘂取(5月−11月/毎月1回)内保(5月−7月/毎月1回 8月/2回 9月−11月/毎月1回)別飛(5月−8月/毎月1回 9月−11月/毎月2回)古釜布(6月−7月/毎月1回) 但し12月および1月は各1回往復とも釧路、根室に往航または復航古釜布、乳呑路に寄港し終点は単冠。
1917(大6)[港]函館/釧路/厚岸/霧多布/根室/隆臼/斜里/網走[航]1ヶ月3回[船]石狩丸
石狩丸 Ishikari Maru
石狩丸 Ishikari Maru (1906)
神戸小樽線 日本郵船(株) 明治前期明治後期大12.3(1923)廃航
1917.3.6(大6)[港]往航:神戸/大阪/横濱/萩濱/函館/小樽  復航:小樽/函館/萩濱/横濱/四日市(名古屋)/大阪/神戸[船]天長丸、福岡丸、豐橋丸、東郷丸、萬世丸、日南丸、酒田丸
1923.3(大12)東廻線廃止
北海道沿岸線 日本郵船(株) 明治前期−明治後期−大正期
1917(大6)函館小樽線。復航は青森向け[港]函館/陸奥湾経由利尻/礼文/小樽[船]伊勢丸
1917(大6)函館大湊線。復航は青森向け[港]函館/青森経由利尻/礼文/大湊[船]肥後丸
大阪小樽線 北日本汽船(株) 大8.4.1(1919)開設−大11.4.1(1922)大阪小樽樺太線昭和初期
日本郵船が明治時代から補助金を受けて経営していた西廻航路(神戸/尾道/下関/境/敦賀/伏木/直江津/新潟/坂田/土崎/函館/小樽)をいくつかの曲折を経て北日本汽船が継承。
[港]小樽/増毛/留萌/天売/焼尻/仙法志/沓形/船舶/鬼鹿/鬼脇/鷺泊/香深/天塩/風連別/遠別/初山別/苫前/羽幌/稚内[船]大典丸
喜代丸 Kiyo Maru
喜代丸 Kiyo Maru (1896)
北海道航路・函館小樽線 藤山要吉 大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
藤山要吉(後の藤山海運)は大正15年(1926)4月から3年間の北海道庁補助航路3線を受命。
1926.4.1(大15)[港]函館/餘別/神惠内/岩内/壽都/熊石/瀬棚/釣掛/江差(臨時 千走/青苗/青森/小樽[船]東照丸、北辰丸[命]1926.4.1(大15)〜1928.3(昭3)
北辰丸 Hokushin Maru
北辰丸 Hokushin Maru (1910)
東照丸 Tosho Maru
東照丸 Tosho Maru (1904)
北海道航路・函館瀬棚線 藤山要吉 大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
準備中
[港]函館/福島/福山/江差/熊石/久遠/釣掛/青苗/太櫓/江良町(臨時 上ノ國/蚊柱/相沼内/壽都/岩内/乙部/青森)/瀬棚[船]禮文丸(352G/T)
北海道航路・函館釧路線 金森商船(株) 明治前期−明治後期−大正期昭和初期
航海度数は4月、5月各5回、6月−11月迄毎月7回、12月−3月迄毎月5回、年間72航海。
[港]函館/小越/庶野/猿留/廣尾/大津(臨時 音調津/青森)/釧路[船]東海丸(301G/T)、東郷丸(303G/T)
東郷丸 Togo Maru
東郷丸 Togo Maru (1923)

S.Kizu
北海道航路・函館日高線 金森商船(株) 明治前期−明治後期−大正期昭和初期
北海道航路・函館釧路線 金森商船(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
函館網走千島線 近海郵船(株) 大12.4.1(1923)日本郵船から継承−昭和初期
イロハとも就航船は同じ。
1923.3(大12)イ)函館/択捉[港]函館/釧路/根室/留別/乳呑路/斜古丹/古釜布/内保/別飛/蘂取(冬期は釧路/根室/古釜布/乳呑路/斜古丹)/紗那(冬期は単冠)[航]月3回、年36航海
1923.3(大12)ロ)函館/網走[港]函館/釧路/厚岸/霧多布/根室/羅臼/斜里(臨時に標津/神戸)/網走[航]月3回、年36航海
1923.3(大12)(ハ)函館/占守[港]函館/根室/ナサブキ/擂鉢/奥ノ四ッ岩/ルエサン/千歳湾/村上岬または中川湾/城ヶ崎/鯨湾(臨時に釧路)/占守[航]4月または5月、6月、8月、9月各1回、年4航海[船]大隅丸、高松丸、石狩丸、(予備船)小樽丸、花咲丸、神福丸
北海道航路・函館網走千島線 嶋谷汽船(株) 明治後期−大正期−昭和初期
航海度数は4月−11月迄毎月2回、年16航海。
[港]函館/釧路/厚岸(臨時 青森/船川/新潟/伏木/七尾)/根室[船]春日丸(1,369G/T)
北海道航路・小樽稚内線 北海郵船(株) 明治前期−明治後期−大正期
北海郵船は大正10年(1921)3月、日本郵船撤退後の北海道庁命令航路継承の目的で小樽市の関係者により合資会社として設立された。
[港]小樽/増毛/留萌/天売/焼尻/仙法志/沓形/船舶/鬼鹿/鬼脇/鷺泊/香深/天塩/風連別/遠別/初山別/苫前/羽幌/稚内[船]大典丸
大典丸 Taiten Maru
大典丸 Taiten Maru (1915)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202002 V.1.1.3