樺太航路 - 昭和初期 戻る

dummy
樺太・本斗町
大阪/敷香航路 川崎汽船(株) 大15.4.21(1926)開設昭17.4(1942)船舶運営会に移管
昭和2年(1927)に樺太庁命令航路を受命。往航は名古屋、芝浦に復航は横濱、名古屋に寄港もあり、航海度数は4月末〜11月中旬迄は2隻で10航海であった。
1927.4.1(昭2)樺太庁命令航路[港]往航:大阪/横濱/函館/小樽/大泊/榮濱/元泊/知取 復航:知取/大泊/小樽/函館/芝浦/大阪[船]明大丸、東華丸[補]10,000円
1928.12(昭3)東華丸沈没
1928(昭3)[船]能代丸、浦鹽丸
1932.5.7(昭7)日本海側の経済的発展に着目し大阪を起点とした西廻り線を開設。第1船蔵王山丸大阪出航[港][往]大阪/門司/伏木/新潟/青森/小樽/留萌/大泊/榮濱/知取/敷香[復]東回り線と同じ寄港地[航]年10回[船]蔵王山丸(用船)、東州丸(用船)
1933(昭8)年間3航海に減少
1934(昭9)配船打切り
1935(昭10)〜1937(昭12)迄[船]明大丸、高雄丸、呉淞丸、浦鹽丸、他用船
1937(昭12)〜1938(昭13)[船]新造船菊川丸、桐川丸、松川丸
1938(昭13)4月〜10月のみ配船[港]大阪/神戸/横濱/東京/函館/小樽/大泊/榮濱/元泊/知取/内路/敷香[船]高雄丸、呉淞丸
菊川丸 Kikukawa Maru
菊川丸 Kikukawa Maru (1937)

処女航海で敷香港に入港した本船
大阪/大泊航路 川崎汽船(株) 昭3.12.29(1928)開設−昭17.4(1942)船舶運営会に移管
紙・パルプ類の増産に伴い大阪/敷香航路の年間を通じての配船が必要となったため開設。運航が冬季のみであるため樺太の寄港地は大泊のみとした。
1928.12.29(昭3)第1船明大丸大阪港出航。明大丸には耐氷装置を設置[港]大阪/名古屋/横濱/函館/小樽/大泊
1930.4.1(昭5)樺太庁命令航路
1936.1(昭11)明大丸遭難沈没[船]浦鹽丸、呉淞丸を臨時配船
1937(昭12)高雄丸、耐氷装置を設置して就航[船]高雄丸
1938.1(昭13)[船]新造船桐川丸、呉淞丸
明大丸 Meidai Maru
明大丸 Meidai Maru (1918)
桐川丸 Kirikawa Maru
桐川丸 Kirikawa Maru (1937)
大阪/恵須取線 近海郵船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1931(昭6)[港]大阪/横濱/芝浦/函館/小樽/大泊/眞岡/野田/泊居/恵須取[航]4-10月/14回[船]大榮丸、北斗丸、新潟丸
1933.4(昭8)〜1933.11(昭8)樺太庁命令航路[港]横濱/芝浦/函館/小樽/大泊/眞岡/野田/泊居[航]14回[船]大榮丸、北斗丸
1938(昭13)[船]多摩丸、甲陽丸
北斗丸 Hokuto Maru
北斗丸 Hokuto Maru (1923)
小樽/大泊航路 川崎汽船(株) 昭9(1934)配船−昭10(1935)定期航路開設−昭17.4(1942)船舶運営会へ移管
樺太/内地間の冬季のパルプ・紙類の輸送量増大に伴い昭和9年(1934)に能代丸に耐氷装置を施して1月から3月までの配船を試み、翌年から定期航路を開設した。またこれに接続する小樽/京浜・阪神航路も開設され芝浦、清水、大阪へ寄港した。
1934(昭9)1月〜3月の期間、小樽/大泊間に試航海[港]小樽/大泊[船]能代丸
1935(昭10)定期航路開設[航]12回/1月-12月[船]能代丸
1939(昭14)小樽/京浜・阪神航路廃止後、京浜直航及び阪神直航とし就航船を増強[船]松川丸、桐川丸、菊川丸(呉淞丸、高雄丸、能代丸)
松川丸 Matsukawa Maru
松川丸 Matsukawa Maru (1938)
函館/北樺太航路 川崎汽船(株) 大15.6.22(1926)開設昭17.4(1942)船舶運営会へ移管
輸送量により就航船は一定せず、需要に応じて大型船、中型船を配船した。
小樽/恵須取線 近海郵船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
樺太庁命令航路と共に冬季は逓信省命令航路を運航。
1938(昭13)[港]小樽/本斗/眞岡/野田/泊居/恵須取[船]營口丸、芝園丸、花咲丸
1940(昭15)[港]夏季:小樽/眞岡/泊居/恵須取(本斗、野田、珍内、鵜城) 冬季:小樽/眞岡/泊居/恵須取[航]4-11月/5回/月[船]營口丸
營口丸 Yeiko Maru
營口丸 Yeiko Maru (1903)
敦賀/大泊線 本郷伊吉朗 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1933.4(昭8)〜1933.11(昭8)樺太庁命令航路[港]敦賀/伏木/酒田/船川/小樽/眞岡/大泊[航]20回[船]五剣山丸、帝海丸
1938(昭13)5月〜11月に配船[港]敦賀/伏木/酒田/船川/小樽/大泊[船]帝海丸、五剣山丸
帝海丸 Teikai Maru
帝海丸 Teikai Maru (1918)
伏木/久春内線 北日本汽船(株) 大正期昭和初期−太平洋戦争
1927(昭2)〜1931(昭6)迄[船]能登呂丸、眞岡丸、喜代丸
1932(昭7)以降[船]能登呂丸、眞岡丸、福州丸
真岡丸 Maoka Maru
真岡丸 Maoka Maru (1917)
大阪小樽樺太線 北日本汽船(株) 大8.4(1919)開設大11.4(1922)大阪小樽樺太線昭和初期
1927.4.1(昭2)競合する近海郵船と阪神、関門、京浜から北海道行貨物運賃の合併計算、恵須取航路の出帆日時等の協定を締結
1931.7(昭6)東廻航路と共に留萌寄港を開始
1936(昭11)本航路用に新造された北洋丸が就航[船]北洋丸
1937(昭12)7隻によるサービス体制となる[船]北洋丸、北昭丸
北洋丸 Hokuyo Maru
北洋丸 Hokuyo Maru (1936)
函館/樺太西海岸線 北日本汽船(株) 明42.5(1909)開設−明43.3(1910)樺太線−明44.5(1911)樺太西海岸線
大3.3(1914)北日本汽船へ譲渡昭和初期
函館を起点として小樽経由、樺太西海岸各地に寄港し国境の安別を終点とする航路で後に伏木方面へ延航した。
1926(大15)〜1928(昭3)迄[船]海和丸、天佑丸
1929(昭4)〜1930(昭5)[船]海和丸、宗像丸
1931(昭6)〜1932(昭7)[船]海和丸、宮島丸
1933(昭8)〜1936(昭11)迄[船]海和丸、宗像丸
1937(昭12)〜1938(昭13)[船]愛徳丸、温州丸
愛徳丸 Aitoku Maru
愛徳丸 Aitoku Maru (1924)
函館/樺太東海岸線 北日本汽船(株) 明42.5.1(1909)開設−明43年.3(1910)中止−明44.5(1911)樺太東海岸線として再開
大3.3(1914)北日本汽船へ譲渡昭和初期
1925(大14)〜1928(昭3)迄[船]豊原丸、宗像丸
1929(昭4)[船]豊原丸、天佑丸
1930(昭5)〜1931(昭6)[船]伏木丸、以智丸
1932(昭7)[船]宗像丸、天佑丸
1933(昭8)〜1935(昭10)迄[船]榮福丸、天佑丸(9年度天佑丸のみ)
1936(昭11)[船]天佑丸
豊原丸 Toyohara Maru
豊原丸 Toyohara Maru (1923)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202002 V.1.1.3