東北・関東方面 - 大正期 戻る

青森室蘭連絡線 北日本汽船(株) 大4.4(1915)開設−昭和初期−太平洋戦争
従来配船を行っていた日本郵船が経営不利困難となって辞退したのを北日本汽船が引き継いで開設.鐵道院と旅客手小荷物及び速達貨物の連帯輸送契約を締結するなど経営強化につとめた.
[港]青森/室蘭[航]日1回[船]玄海丸,隅田川丸
1915.6(大4)座礁した玄海丸の代船として生玉丸(西村忠一)を7.6迄用船
1916(大5)[船]京城丸,筑後川丸
1920(大9)[船]京城丸,安東丸
1923(大12)[船]京城丸,三國丸
1925(大14)[船]宮嶋丸,三國丸
1930(昭5)[船]三國丸,豊原丸
生玉丸 Ikutama Maru
生玉丸 Ikutama Maru (1889)
小笠原島線 日本郵船(株) 明18.10(1885)開設明治後期大4.3(1915)廃止/大7.5(1918)再受命−大12.3(1923)近海郵船へ譲渡
大正4年(1915)から同7年まで日本郵船の辞退時期には緒明圭造が運航した.同12年(1923)3月に近海郵船へ譲渡.
1922.5(大11)この時期の官報によると横濱発は午後2時[港]横濱/八丈島/青ヶ島/父島/母島[船]大隅丸
大隅丸 Oosumi Maru
大隅丸 Oosumi Maru (1906)

太平洋戦争後の姿.船体にScajap Noが見える
小笠原島航路 緒明圭造 大4.5(1915)開設−大7.4(1918)満期
日本郵船の運航終了後に受命.
1915(大4)[港]横濱/八丈島/青ヶ島/父島/母島/硫黄島[航]年18回[船]嘉代丸
嘉代丸 Kayo Maru
嘉代丸 Kayo Maru (1894)
小笠原島線 近海郵船(株) 大12.3(1923)日本郵船から継承昭和初期−太平洋戦争−昭44.4.1(1969)東京都が定期運航−
昭47.4.1(1972)小笠原海運が運航
日本郵船からの継承航路として近海郵船が横濱/小笠原島線として継承.
1923.3(大12)[港]青森/横濱/八丈島/小笠原島父島/母島沖港/母島北港/北硫黄島/鳥島/青ヶ島/南硫黄島/母島沖港または硫黄島/室蘭[航]1ヶ月1回[船]芝罘丸
芝罘丸 Chifoo Maru
芝罘丸 Chifoo Maru (1903)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202009 V.1.1.5