北米航路 - 明治後期 戻る

日本郵船

シアトル航路 明29.8.1(1896)開設大正期昭16.7.17(1941)休航昭26.10(1951)再開昭35.10.5(1960)終航
日本郵船は早くから桑港(サンフランシスコ)線に着眼していたが当時はパシフィック・メイル社(Pacific Mail Steamship Co.)やO&O社(Occidental & Oriental S.N.Co.)が優位を占めていたためグレート・ノーザン鉄道会社(Great Northern Railway Co.)の提携申し入れを受けてまずシアトル航路を開設した。当初は汽船3隻(三池丸、山口丸、金州丸))で毎月1回のサービスとし寄港地は香港/下関/神戸/横濱/ホノルル(臨時)/シアトル。明治34年(1901)加賀丸型の就航後は6隻(加賀丸、伊豫丸、金州丸、信濃丸、旅順丸、土佐丸)で2週1回のサービスとした。

加賀丸
加賀丸 Kaga Maru (1901)

安藝丸
安藝丸 Aki Maru (1903)

丹後丸
丹後丸 Tango Maru (1905)

Digital Library from the Meiji Era
明治45年(1912)には就航中の因幡丸と丹波丸が補助船の資格を失うため明治43年(1910)に代船として計画されたのは荷客の動きとパナマ運河開通後を考慮して6200総トン級の純貨物船2隻であった。しかし明治44年(1911)11月に従来と同様な貨客船に設計変更がなされて横濱丸と静岡丸が明治45年(1912)5月以降に順次竣工した。

横濱丸
横濱丸 Yokohama Maru (1912)

静岡丸
静岡丸 Shizuoka Maru (1912)

東洋汽船

桑港航路 明31.12.15(1898)開設大正期大15.3(1926)以降日本郵船が継承
東洋汽船を設立した淺野総一郎はP.M.社(Pacific Mail Steamship Co.)、南太平洋鉄道(Southern Pacific Railway)との交渉後、太平洋航路用に3隻の新造船を英国で建造した。航海数は4週に1回、寄港地は香港/長崎/神戸/横濱/ホノルル/桑港。明治32年(1899)7月10日に政府から特定補助航路の命令書が下付された。

日本丸
日本丸 Nippon Maru (1898)

天洋丸
天洋丸 Tenyo Maru (1908)

大阪商船

香港タコマ線 明42.7.3(1909)開設大4.9(1915)タコマ線−大7.6(1918)北米線−
大9.2(1920)ピューゼットサウンド線−昭6.7(1931)廃止

しあとる丸
しあとる丸 Seattle Maru (1909)
大阪商船では日露戦争後に北米航路の開設が企画され、明治40年(1907)1月に蘂取丸による試験航海が行われた。翌明治41年(1908)にはシカゴ・ミルウォーキー・エンド・セントポール鉄道会社(Chicago Milwaukee & St.Paul Railway Co.)と連絡輸送の契約を結ぶと共に本航路用に6,000総トン級の大型貨客船6隻を発注した。当時の資本金の3分の1にあたる巨費を投じて開設された本航路(ピューゼットサウンド線=香港/タコマ線)は同社初の本格的な遠洋航路であった。明治42年(1909)7月3日第1船たこま丸が香港を出航、寄港地は香港/門司/神戸/四日市/横濱/シアトル/タコマで当初は使用船3隻により4週1回の定期サービスとし、航海奨励法の適用を受けた。明治43年(1910)1月1日より逓信省の命令航路となった。
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9