北米航路 - 昭和初期 戻る

日本郵船

桑港線 大15(1926)東洋汽船より継承昭16.7.18(1941)休航−戦後占領期−海運再建期−海運集約期
大正15年(1926)2月16日の第二東洋汽船との合併により東洋汽船から継承した桑港(サンフランシスコ)線は香港/桑港間2週1回の定期サービスを実施。資金難により東洋汽船が実現できずに終わった船質改善のため淺間丸以下の大型ディーゼル貨客船3隻の建造を計画した。

大洋丸
大洋丸 Taiyo Maru (1911)

淺間丸
淺間丸 Asama Maru (1929)

秩父丸
秩父丸 Chichibu Maru (1930)
新田丸と八幡丸は欧州航路用に新造されたが竣工に先立ち第2次世界大戦が勃発したため新田丸は桑港線、八幡丸はシアトル線、桑港線に就航。

新田丸
新田丸 Nitta Maru (1940)

八幡丸
八幡丸 Yawata Maru (1940)
シアトル線 明29.10.3(1896)開設大正期昭16.7.17(1941)休航昭26.10(1951)再開
昭35.10.5(1960)終航
桑港線の船質改善と同時にシアトル線も旧来の就航船にかわる新造貨客船3隻の建造を計画。

氷川丸
氷川丸 Hikawa Maru (1930)

氷川丸
氷川丸 Hikawa Maru (1930)

2007.9.15 横浜港

改修工事中の状況
2008年4月25日に「日本郵船氷川丸」として再オープンした

三池丸
三池丸 Miike Maru (1941)

S.Kizu
東航紐育線 大5(1916)開設昭16.4.13(1941)休航戦後占領期
従来わが国の生糸は米国太平洋岸から大陸横断鉄道により米国東部地方に輸送されていたがパナマ運河が開通(1914.8.15)すると運河経由による紐育直航航路が相次いで開始された。特に昭和5年(1930)6月大阪商船が紐育急航線用に新造した高速ディーゼル貨物船畿内丸型を就航させると翌6年には國際汽船、7年には川崎汽船および三井物産が紐育航路を開始した。このため日本郵船でも紐育線の船質改善を迫られ折から実施された第1次船舶改善助成施設の適用を受けて6隻の新造ディーゼル貨物船N型を建造した。 「結果的にN型は性能の面では畿内丸型をなお若干下回った」(同社百年史)ものの日本郵船は本型の就航によって貨物船部門の遅れを取り戻し、欧州航路の改善と相まって同社の経営の比重は旅客船から貨物船へと移ることとなった。

鳴門丸
鳴門丸 Naruto Maru (1934)

赤城丸
赤城丸 Akagi Maru (1936)

大阪商船

紐育線 大9.2.17(1920)紐育線昭5.6.29(1930)紐育急航線開設−昭16.9.9(1941)休航−戦後占領期
大阪商船の北米航路紐育(ニューヨーク)線は大正9年(1920)に開設されたが就航船の性能が他社船に劣るため航路の重要性から船質の改善が検討された。その結果、高運賃貨物を集荷しうる8,000総トン級、速力16.5ノットの大型高速貨物船が計画され、大阪商船が4隻、岸本汽船が同型船2隻を建造した。6隻で3週1回の定期航路とし、寄港地は往航が香港/基隆/上海/太沽/大連/神戸/四日市/横濱/羅府(ロサンゼルス)/バルボア/クリストバル/紐育、復航が紐育/ノーフォーク/クリストバル/バルボア/羅府/横濱/大阪/神戸/上海。第1船畿内丸は横濱/紐育間の所要日数が25日17時間30分であった。この大阪商船のパナマ運河経由の紐育直航航路の成功により他社もこれに追随したため昭和8年(1933)1月以降、南海丸と北海丸を投入して合計8隻により2週1回の定期サービスとした。

南海丸
南海丸 Nankai Maru (1933)

關西丸
關西丸 Kwansai Maru (1930)
欧州線との複合配船 昭和初期
北陸丸、關西丸、東山丸、九州丸の4隻で月1回の欧州線と紐育線の複合配船が実施され東洋/紐育相互間年24航海のサービスとした。

北陸丸
北陸丸 Hokuroku Maru (1930)

三井物産

北米航路 大9.1(1920)開設昭16.7(1941)休航戦後占領期
大正期に開設された三井物産の北米航路(太平洋岸)の就航船は不定期船が多く、他社の定期船に対して劣るために新造船、購入船を投入して船質の改善が図れた。就航船は信貴山丸(昭和4年3月より)、白馬山丸(昭和7年7月より)、箱根山丸(昭和7年8月以降紐育航路)および嶋谷汽船の太平丸等であった。往航は採算悪化等により昭和12年(1937)からニューヨーク航路と統合された。

信貴山丸
信貴山丸 Shikisan Maru (1925)

白馬山丸
白馬山丸 Hakubasan Maru (1928)
社名を表す船体のMBKの文字は北米定期船に昭和4年以降から白書きしたがニューヨーク定期航路開設後の昭和8年からは上掲の信貴山丸のように MITSUI LINEに変更した。

太平丸
太平丸 Taihei Maru (1928)
紐育航路 昭7.5(1932)開設−昭16.7(1941)休航−戦後占領期
昭和7年(1932)4月、比島/紐育航路開設のため比島大西洋同盟に加入後、5月に信貴山丸を第1船として開設。引き続いて赤城山丸、岩手山丸、箱根山丸、白馬山丸等を配船。さらに他社の優秀船に対抗するため船隊の整備に努め、受託船昌平丸、太平丸、彌彦丸等および新造ディーゼル船吾妻山丸型、阿蘇山丸型を投入し、月1回の定期配船を実施した。

吾妻山丸
吾妻山丸 Azumasan Maru (1933)

有馬山丸
有馬山丸 Arimasan Maru (1937)

彌彦丸
彌彦丸 Yahiko Maru (1926)

山下汽船

紐育・南米航路 昭12.10(1937)開設−昭16(1941)休止−戦後占領期
昭和12年(1937)10月、山下汽船は極東/紐育・南米航路を開設。この航路の特色は北米東岸諸港で内地積み貨物を揚げた後、紐育その他の諸港から南米東岸(ブラジル・アルゼンチン)諸港向けの直行貨物を積取るところにあった。同航路を独占運営していた大阪商船と集荷、運賃等を調整した結果、上海を起点とした紐育経由南米東岸向け月1回の配船を実施した。本航路用として山里丸以下6隻の大型貨物船を逐次投入した。

山風丸
山風丸 Yamakaze Maru (1938)

山彦丸
山彦丸 Yamabiko Maru (1937)

國際汽船

紐育東洋線 昭6.8(1931)開設−昭16(1941)終航
昭和6年(1931)8月、神戸港出航の霧島丸により開始。本航路は昭和13年(1938)2月に同社が自営するまで日本郵船の取扱により鞍馬丸、霧島丸、葛城丸、小牧丸、鹿野丸、清澄丸、金剛丸の7隻が就航した。霧島丸以下6隻は船体寸法、荷役装置(位置、数)等が細部で異なるがほぼ同型の姉妹船である。このうち第1次船舶改善助成施設の適用船は3隻(鹿野丸、清澄丸、金剛丸)であった。ニューヨーク、ハンブルグを起点とした三国間航路紐育漢堡(ハンブルグ)線、漢堡(ハンブルグ)紐育線も開設した。 その後、國際汽船は大阪商船傘下となり昭和18年(1943)11月16日に吸収合併された。

葛城丸
葛城丸 Katsuragi Maru (1931)

小牧丸
小牧丸 Komaki Maru (1933)

C澄丸
C澄丸 Kiyosumi Maru (1934)

金華丸
金華丸 Kinka Maru (1938)

川崎汽船

紐育航路 昭7.6.30(1932)開設−昭16.11.20(1941)休航−戦後占領期海運再建期海運集約期
大阪商船の紐育急航線開設を契機として川崎汽船もパナマ運河経由の紐育航路を開始した。昭和7年(1932)6月30日第1船良洋丸(用船)が神戸港を出航、寄港地は往航が神戸/名古屋/清水/横濱/サンフランシスコ/ロサンゼルス/クリストバル/紐育、復航が紐育/フィラデルフィア/ボルチモア/パナマ/ロサンゼルス/サンフランシスコ/横濱/神戸。就航船は他に、べにす丸、のるほうく丸、べるふあすと丸、ぼるどう丸、總洋丸(用船)で毎月1回の定期サービスとした。昭和12年(1937)には「神聖君國」と呼ばれた4隻の神川丸型高速貨物船が就航して船質の改善が図られた。

良洋丸
良洋丸 Ryoyo Maru (1931)

ぼるどう丸
ぼるどう丸 Bordeaux Maru (1923)

神川丸
神川丸 Kamikawa Maru (1937)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2017.9