九州・沖縄方面 - 明治後期 戻る

大阪大川線 大阪商船(株) 明17(1884)開設−明21(1888)大阪若津線−明38.5(1905)以降廃航
1899.2(明32)[港]大阪/神戸/多度津/今治/三津濱/門司/赤間關/博多/長崎/島原/三角/百貫石/若津[船]永康丸,加茂川丸
1905.5(明38)以降,配船の都合上廃止
大阪鹿児島線 大阪商船(株) 明17(1884)開設明治後期大正期昭17.5(1942)関西汽船へ譲渡
1899.11(明32)3隻に増便[航]月12回[船]富士川丸,信濃川丸,多摩川丸
1905(明38)[港]新造船3隻就航[船]群山丸,安東丸,義州丸
1907(明40)新造船2隻就航[船]滋賀丸,琉球丸,義州丸
1911.3(明44)翌年10月迄,薩摩丸が直航船として別に大阪鹿児島間を月3乃至4航海
義州丸 Gishu Maru
義州丸 Gishu Maru (1904)
大阪細島線 大阪商船(株) 明17.5.1(1884)開設36.10.11大阪内海線大正期昭和初期
1905.4(明38)[航]日1回[船]太田川丸,吉野川丸,大野川丸,扶桑丸,佐波川丸,保津川丸
1903.10.11(明36)内海迄延航し,大阪内海線と改称
1907(明40)別府丸型新造船3隻就航.8隻中6隻が毎日発航[航]日1回[船]別府丸,大分丸,宮崎丸,富士川丸,朝日丸,加茂川丸,姫川丸,湊川丸
1911.4(明44)國有鐵道日豐線が日出迄延長したため同地を連絡地として旅客,手小荷物の船車連絡を開始
別府丸 Beppu Maru
別府丸 Beppu Maru (1907)

S.Kizu
長崎経過大阪鹿児島線 大阪商船(株) 明18.2(1885)開設−明24.4(1891)廃航−明35.5.16(1902)西廻大阪鹿児島線として再開
明40.4(1907)廃航
1902.5.16(明35)西廻大阪鹿児島線と改称して再開[港]大阪/神戸/多度津/今治/三津濱/下關/博多/長崎/三角/鹿児島[航]月3回両地発航[船]鎮西丸
1905.6(明38)以降,休航
1906.12(明39)再開[航]月2〜3回[船]朝日丸,木曾川丸
1907.4(明40)廃航
大阪沖縄線 大阪商船(株) 明18.9(1885)開設明治後期大正期昭15(1940)休航
1891(明24)頃,沖縄航路には大阪商船,沖縄廣運,沖縄親睦会,日本郵船の4社が激甚な競争を行ったため間もなく協定により共同計算となる
1895.7(明28)航路を再開し毎20日目両地を発航,明治29年(1896)1月には毎月1回発航
1897.4(明30)沖縄経過臺灣線開始のため同年7月以降,再度休止
1898.3(明31)大阪商船,鹿児島汽船(沖縄親睦会の後身),沖縄廣運の3社は日本郵船から同社の航権を買収したため日本郵船は撤退
1898.3.4(明31)大阪商船,当航路を再開[航]月2〜4回両地発航[船]二見丸,隅田川丸,舞子丸等
1906(明39)大阪商船,鹿児島郵船(鹿児島汽船の後身),沖縄廣運の3社間で琉球航路同盟が成立
1910.5(明43)[航]月10回[船]馬山丸,平壌丸,以下鹿児島郵船の協定船:薩摩丸,沖縄丸,廣運丸
二見丸 Futami Maru
二見丸 Futami Maru (1888)

Micah Gampel
赤間關長洲線 大阪商船(株) 明21.7(1888)開設明30.3.1(1897)廃航
1897.3.1(明30)赤間關大分線の拡張のため廃航
尾道門司線 大阪商船(株) 明25.9.10(1892)開設明30.9(1897)徳山門司線−明31.12.20(1898)山陽汽船商社に譲渡
1897.9(明30)山陽鐵道延長のため本航路を短縮して徳山門司線と改称[航]日2回[船]加古川丸,吉井川丸
1898.12.20(明31)本航路を山陽汽船商社に売却
赤間關大分線 大阪商船(株) 明29.5.29(1896)開設−明30.11.20(1897)廃航
1896.5.29(明29)開設[港]赤間關/宇島/中津/長洲/竹田津/田深/守江/日出/別府/大分[航]月10回[船]汽船1隻
1897.3.1(明30)[航]日1回両地発航[船]汽船2隻
1897.11.20(明30)廃航
大阪門司直航線 大阪商船(株) 明31.4.1(1898)開設−明33.7.16(1900)廃航
1898.4.1(明31)開設[航]隔日1回両地発航[船]龍田川丸,緑川丸
1898.4.15(明31)以降,武庫川丸を加えて毎日1回両地発航に改めたが山陽鐵道との協定により武庫川丸を撤退させた[航]日1回両地発航[船]龍田川丸,緑川丸,武庫川丸
1900.7(明33)北清事変による御用船提供のため同月16日以降,休止,廃航
尾道別府線 大阪商船(株) 明40.7.5(1907)開設大4.11.1(1915)山陽経過大阪別府線−大7(1918)廃航
1907.7.5(明40)開設[港]宇品/宮島/柳井/室津/大分/別府[航]日1回両地発航[船]吉井川丸,那智川丸
1908.4(明41)[港]竹原/音戸/呉/宮島/大分[航]隔日1回[船]吉井川丸
大阪大島各島線 大阪商船(株) 明41.2.13(1908)開設−明44.7(1911)大島各島線−大正期昭和初期
当初は1月から6月までの半年間航海だったが明治43年(1910)から年間航海とした.
1908.2.13(明41)[港]大阪/神戸/鹿児島/名瀬/古仁屋/徳之島/沖永良部島/喜界島[航]月2〜3回[船]二見丸
1910(明43)[船]白川丸
1911.2(明44)大洋商船との間に協定が成立し合併計算を実施
1911.7(明44)大阪発を廃止して鹿児島を起点とし,大島各島線と改称[船]大分丸,鶴嶺丸
四国経過門司線 大阪商船(株) 明41.3.2(1908)開設−明44.6.1(1911)大阪四國豐州線−明45.6.1四國経過大阪門司線−
大14.4.18(1925)大阪若松線昭10.3(1935)攝陽商船に譲渡
1908.3.2(明41)開設[港]大阪/神戸/高松/多度津/今治/高濱/門司[航]月15回[船]緑川丸,龍田川丸
1911.6.1(明44)大阪四國豐州線と改称[港]長濱/佐賀關/大分/別府/日出/守江に寄港を開始[船]吉野川丸,武庫川丸,龍田川丸
1912.6.1(明45)四國経過大阪門司線と改称[港]高濱/門司間を直航[船]姫川丸,龍田川丸
武庫川丸 Mukogawa Maru
武庫川丸 Mukogawa Maru (1893)
別府佐伯線 大阪商船(株) 明42.3.1(1909)開設−同7.18關門佐伯線−明44.5(1911)佐賀關佐伯線−同11.23廃航
1909.3.1(明42)開設[港]別府/大分/佐賀關/臼杵/津久見/佐伯[航]日1回[船]那智川丸
1909.7.18(明42)關門に延航して關門佐伯線と改称[港]別府/大分/佐賀關/臼杵/津久見[航]日1回[船]扶桑丸,吉田川丸
1909.10(明42)門司を連絡地として國有鐵道と船客,手荷物の船車連絡を開始
1911.5(明44)佐賀關以北の航海を廃止し,佐賀關佐伯線と改称
1911.6.1(明44)[港]臼杵/津久見[航]日1回[船]藝陽丸
1911.11.23(明44)廃航
大阪豐後線 大阪商船(株) 明45.5(1912)開設−大2(1913)大阪別府門司線−大3(1913)大阪別府線−昭17.5(1942)関西汽船に譲渡
1912.5.28(明45)別府温泉の開発を目的として開設[港]大阪/神戸/高松/高濱/別府/大分/佐賀關/臼杵/佐伯[航]隔偶数日大阪を発航[船]紅丸
dummy
「別府名所 海岸砂湯の実況」と題した当時の絵葉書.背景の
桟橋には紅丸が見える
ひなびた温泉場にすぎなかった別府が大分に隣接した交通の要衝であることに着目し,大阪豐後線として開設したのは当時の大阪商船内航部支配人山岡順太郎であった.「世界の公園瀬戸内海」「天下の楽土別府温泉」という宣伝文句を掲げ多くの乗客を獲得したのである.大阪豐後線は開設以来,別府温泉への入湯客が増加,これにともない漸次大型新造船が就航した.
鳴門丸 Naruto Maru
鳴門丸 Naruto Maru (1900)
大阪豐後線に就航した紅丸.大正13年(1924)に鳴門丸と改名された.
鹿児島屋久島線 大川運輸(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]鹿児島/種子島/屋久島[航]月8回[船]大川丸
大川丸 Okawa Maru
大川丸 Okawa Maru (1886)
若津沖縄諸島線 大川運輸(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]若津/鹿児島/三角/長崎/大島/那覇/宮古/八重山/西ノ表/沖縄諸島[航]月3回[船]金州丸
若津屋久島線 大川運輸(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]若津/三角/長崎/種子島/屋久島[航]月3回[船]若津丸
大阪沖縄線 鹿児島汽船(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]大阪/神戸/鹿児島/大島/沖縄[航]月2回[船]薩摩丸,金澤丸
金澤丸 Kanazawa Maru
金澤丸 Kanazawa Maru (1872)
長崎鹿児島線 三山近六 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]長崎/大川/三角/鹿児島[航]月6回[船]幸盛丸
幸盛丸 Kosei Maru
幸盛丸 Kosei Maru (1901)
長崎串木野線 肥後汽船(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]長崎/樺島/下津/深江/方濱/津崎/牛深/阿久根/串木野[航]月30回[船]勢運丸
三角米ノ津線 肥後汽船(株) 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]三角/八代/日奈久/田ノ浦/佐敷/津奈木/水俣/米ノ津[航]月120回[船]愛國丸
愛國丸 Aikoku Maru
愛國丸 Aikoku Maru (1895)
鹿児島若津線及び鹿児島種子島線 原田 斌 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]鹿児島/長崎/三角/島原/種子島[航]月6回[船]新鹿兒島丸
若津鹿児島線 岩永總平 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争
1904(明37)[港]若津/長崎/三角/指宿/鹿児島[航]月4回[船]武光丸
長崎厳原線 松田精一 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]長崎/平戸/壱岐/博多/勝本/厳原[航]月6回[船]對馬丸
厳原長崎線 藤野小十郎 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期
1904(明37)[港]厳原/勝本/博多/郷ノ浦/平戸/長崎[航]月6回[船]高知丸
大隅國大島郡各離島線(甲乙線) 大洋商船(株) 明35.8(1902)受命明37.3(1904)満期
鹿児島県命令航路として開設.
1902.8(明35)[港]甲線:名瀬/赤木名湾/喜界島湾港/早町港
乙線:名瀬/宇検方田検湾/西方久慈港/東方古仁屋港/徳之島亀津港/山港/平土野港/沖永良部島和泊港(または伊延港)/与論島供利港(または赤佐港)
[航]月2回[船]汽船1隻[命]1902.8(明35)〜1904.3(明37)
先島線 沖縄開運(株) 明33.4(1900)受命明38.3(1905)満期
沖縄県命令航路として開設.
1900.4(明33)[港]沖縄/宮古島/八重山島(与論島へは年1回以上)[航]月1回以上[船]汽船1隻[命]1900.4(明33)〜1905.3(明38)
各離島線 沖縄開運(株) 明33.4(1900)受命明38.3(1905)満期
沖縄県命令航路として開設.
1900.4(明33)[港]沖縄/久米島/本部/名護[航]2ヶ月3回以上[船]汽船1隻
1900.4(明33)[港]沖縄/慶良間島/粟国島/渡名喜島/伊平屋島/伊江島(鳥島へ年2回以上)[航]月1回以上
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202009 V.1.1.5