本邦建造船 - 幕末・維新−明治前期明治後期大正期昭和初期太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期 戻る

内地製造汽船の推移 (*1)

年度 大2 大3 大4 大5 大6 大7 大8 大9 大10 大11 大12 大13 大14 大15
隻数 112 85 73 93 196 516 323 229 132 126 132 125 125 86
参考:
(*1)「内地登簿船舶製造船舶及び輸入船舶推移表」 - 造船要覧(昭28) による。

北海道方面


函館船渠(函館)
木華丸・神威丸型・第二御崎丸・きさらぎ丸・福榮丸・函館丸・第三平榮丸・第二雲海丸
開運丸・月山丸・北斗丸・牛若丸・第五当別丸・洛東丸・茂浦丸・稚内丸・鉄丸・咲花丸
菊丸・礼文丸・第二鴎丸・秋丸・月山丸(別船)・やよい丸・茂尻丸・だったん丸・東星丸
胡蝶丸・函星丸・第五關門丸

~威丸
~威丸 Kamui Maru (1918)

東北・関東方面


(株)東京石川島造船所(東京)
第二厚田丸型・神隆丸型・東晃丸型・栂・薄・福喜丸型・第十七角輪丸型・田村丸・海福丸型
菫・蓬・朝顔・夕顔・第一富士號・疾風・卯月・出雲號・蜻洲丸

イースタン メード
イースタン メード Eastern Maid (1920)

(株)淺野造船所(横浜)
白鹿丸型(A型)・第一吉田丸型(B型)・銀洋丸型(C型) ・若葉丸型(D型)・第壱芝浦丸型

白鹿丸
白鹿丸 Hakushika Maru (1917)

(株)内田造船所(横浜)
イースタン グレード型・大榮丸型

イースタン グレード
イースタン グレード Eastern Grade (1919)

横濱船渠(株)(横浜)
神天丸・神瑞丸型・海城丸型・白神丸型・りおん丸型・イースタン・ガイド型・豊島丸型
第一関門丸型・日出丸・佐多・千歳丸・尻矢・安宅・大連丸・那珂・第一電線丸・大阪丸型
公稱第455號・幸光丸型・拓南丸・龍神・満光丸型・氷室丸型・筑波丸型・大光丸・第八佐渡丸
第一ときわ丸型・南嶺丸型・榮福丸・摩耶丸型・筑波・浦島丸型・第一函丸・公稱第624號
恒春丸・かりがね丸

りおん丸
りおん丸 Lyons Maru (1920)

浦賀船渠(株)(浦賀)
第五長久丸型・豊島号・桐・千賀号・メカニシャン・ドンズル型・香洋丸・神盛丸型
エジプト丸・中華丸型・第六横須賀丸・柿・第一南洋丸型・第三南洋丸・大華丸・羽後丸型・萩
五十鈴・東星丸・廬山丸型・長水丸型・鶴見丸・鈴浦丸・鐵道省浚渫船第一号・浮島丸・山東丸
菱・蓮・阿武隈・早苗・早蕨・翔鳳丸型・櫻丸・追風 利尻丸・富士丸・高輪・第二筑紫丸
625交通船

第六霧島丸
第六霧島丸 Kirishima Maru No.6 (1917)

中部・近畿方面


(株)金指造船所(清水)
鷹壽丸・第一共同丸・寶榮丸・五月丸・海神丸・静岡丸・第二春日丸・太平丸・福吉丸
海運丸・萩丸・藤丸・第一照洋丸

鳥羽造船所(鳥羽)
朝熊丸型・相島丸型

紫尾山丸
紫尾山丸 Shibisan Maru (1917)

相澤岩吉→(株)相澤造船(大阪)
研究丸型

第十六相澤丸
第十六相澤丸 Aizawa Maru No.16 (1918)

天野造船所(大阪)
伊勢丸・初春丸・平安丸

遠藤造船鐵工所(大阪)
東郷丸

千歳造船所(大阪)
神港丸型

神港丸
神港丸 Shinko Maru (1918)

藤永田造船所(大阪)
霧島丸型・神愛丸型・貴船丸型・大球丸・長平丸・伊奈波山丸・本斗丸・嶺南丸・下關丸
宇佐丸

長順丸
長順丸 Chojun Maru (1918)

原田造船所(大阪)
櫻島丸型・清津丸・此花丸・愛徳丸・第十盛運丸

櫻島丸
櫻島丸 Sakurajima Maru (1918)

藤間造船所(大阪)
祥保丸型

祥保丸
祥保丸 Shoho Maru (1918)

旭造船所(大阪)
福澤丸型・大速丸型

吉備造船所(大阪)
第七吉備丸型(第七吉備丸・第八吉備丸・第九吉備丸・第十吉備丸・第十一吉備丸・第十二吉備丸)

松田汽船造船部(大阪)
第六霧島丸型・正和丸型

正和丸
正和丸 Seiwa Maru (1917)

名村造船鐵工所(大阪)
春陽丸・第五萬榮丸・第一東洋丸・玉榮丸型・第二神州丸・第二十霧島丸・源丸・正吉丸
代志丸・公福丸・永保丸・榮福丸型・天正丸

第二玉榮丸
第二玉榮丸 Tamaye Maru No.2 (1918)

浪華造船所(大阪)
伊吹丸型

新田造船所(大阪)
第ニ萬榮丸型・第三萬榮丸型・第十一萬榮丸型

第二萬榮丸
第二萬榮丸 Banyei Maru No.2 (1917)

岡本造船所(大阪)
第十八萬盛丸

小野鉄工造船所(大阪)
春日丸型・第六札幌丸型・佐川丸型・第一佐渡丸型

佐川丸
佐川丸 Sagawa Maru (1918)

(株)大阪鐵工所(櫻島)及び(株)大阪鐵工所(因島)
蓬莱山丸型・北京丸型・福丸型・いいすたん らいと型・あるぷす丸型・寶山丸型・紀淡丸・玄武丸型
鏡城丸型・東成丸・宮古丸・京幾丸型・門司丸・鳳陽丸・湖南丸・福建丸型・水島丸・釜山丸
會寧丸・紫丸・浦戸丸型第十相生丸・茅淳丸・ことしろ丸型・でりい丸型・橘丸・豊原丸・泰北丸
紅丸・第十一相生丸・華山丸型・淡州丸・第十ニ東豫丸・第十五東豫丸

江とな丸
大文丸 Taibun Maru (1920)

大阪造船所(大阪)
帝海丸型

帝海丸
帝海丸 Teikai Maru (1918)

大阪窯業造船部(大阪)
第一大信丸型

第一大信丸
第一大信丸 Daishin Maru No.1 (1918)

仙波造船所(大阪)
幌内丸

大正造船所(大阪)
平雄丸

白戸造船所(大阪)
第三祝丸

第三祝丸
第三祝丸 Iwai Maru No.3 (1912)

高橋榮太郎→高橋造船所(大阪)
射水丸

(株)川崎造船所(神戸)
しやむ丸型・第一大福丸型・豐橋丸型(T型)・上海丸型・はわい丸型・富士丸型・湖北丸型
高麗丸型・さかき丸・山城丸・鹿島丸・第八福博丸型・八坂丸・はるびん丸・泰安丸
第十大運丸・WAR SOLDIER型・平安丸・MAHACHAKKRI・三國丸・昌福丸

うゑいるす丸
うゑいるす丸 Wales Maru (1921)

三菱(合)神戸造船所(神戸)
綾葉丸型・サマラン丸型・勝浦丸型・和田丸・博進丸・八重山丸・長浦丸・元明丸・金山丸型
伊吹丸型・第廿六共同丸・ばいかる丸・景福丸型・播州丸型・山陽丸型・進徳丸・音戸丸型
第一北辰丸・第二六播州丸型・大連丸・第一宮島丸型・初鷹丸

進徳丸
進徳丸 Shintoku Maru (1924)

(株)播磨造船所(相生)
吉備丸型 ・大圖丸・櫻島丸・松島丸・イースタン・ショア型・第六興禰丸型・生駒丸型・扇海丸型
第八與禰丸型・直島丸型・第一快運丸・第二快運丸・金浦丸・橘丸型・第三博多丸型・能島丸
岡山號・海丸・奉天丸・公稱第458號・掃海艇第1號・勢多・堅田・公稱第487號・公稱第488號
公稱第2417號・第六博多丸・白山丸・第十七播州丸・甲子丸・甲第26號・甲第27號・第七博多丸
明治丸・復興丸・珠丸・はと丸・はやぶさ丸・公稱第592號・京阪丸・白頭山丸・第五十三播州丸
第五十五播州丸・第三東洋丸・錦江號 彌彦丸・甲第28號・平安丸・しゑる丸・野田丸

テキサス丸
テキサス丸 Texas Maru (1920)

中国・四国方面


三井物産造船部(宇野)
海嘉丸型・三天丸型・海正丸・烏城丸型

三井物産(株)造船部(玉)
イースタン インポーター型・赤城山丸型・三弘丸・木曾丸型・布引丸・屋島丸型・日朝丸・輪島丸型
みどり丸・第一北海丸型・掃海艇第二號・舞子丸・華頂山丸型・竹生島丸・野島丸・大永丸・鮮海丸型

イースタン インポーター
イースタン インポーター Eastern Importer (1920)

吉浦造船所(呉)
第三松昌丸型

福島造船所(松江)
伯洋丸・因洋丸

伯洋丸
伯洋丸 Hakuyo Maru (1918)

九州方面


三菱(合)彦島造船所(下関)
天鳥丸・白鳳丸・第三播州丸

九州造船所(若松)
三龍丸型(三龍丸・直方丸)

栃木造船所(福岡)
千鳥丸・三千丸・第二八幡丸・千代丸・大徳丸・第六眞盛丸・千香丸・千壽丸・ちた丸・第二十三角輪丸

三千丸
三千丸 Michi Maru (1914)

松尾造船所(長崎)
第二東洋丸型・三福丸型

三菱(合)長崎造船所(長崎)
T型貨物船(第二興禰丸型含む)・あらすか丸型・染殿丸型・秋田丸型・喜春丸型・まにら丸型
樂洋丸・諏訪丸・姫島丸・第一長崎丸型・加島丸・眞名鶴丸
永豐・霧島・日向・柏・松・濱風・澤風・多摩・木曾・矢風
横濱丸・安洋丸・香取丸・諏訪丸型・一郎丸型・金毘羅丸・六郎丸・七郎丸・ぜのあ丸・ばいかる丸
羽風・秋風・夕風・名取・神風・朝風・川内・迅鯨・長鯨
箱根丸型・睦丸・津軽丸型・長光丸・さんとす丸型・蒼鷹丸・いーすたん・くらうん

香取丸
香取丸 Katori Maru (1913)
参考:
建造船のうち同型船について未整理のものあり。
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2019.4 V.2