水産業 - 大正期 戻る

カニ工船

母船式工船漁業 カニ工船 大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期−海運再建期−海運集約期
大正9年に富山県水産講習所の帆船呉羽丸の試験操業によりカニ缶詰が製造されたころより母船式による工船漁業が開始された。
1920(大9)母船式による工船漁業が開始[船]呉羽丸
出漁記録(大正期)
年度 母船数 船腹 製造高
大正10年 2 喜多丸、喜久丸(帆船)
大正11年 3 俊丸、北辰丸、鳳鵬丸(帆船)
大正12年 15

大正13年 6 樺太丸
大正14年 8

大正15年 12 肥後丸、樺太丸、龍裕丸、門司丸、英航丸、豊國丸、福一丸、神宮丸、厳島丸、遼東丸、美福丸、博愛丸
呉羽丸 Kureha Maru
呉羽丸 Kureha Maru (1920)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202002 V.1.1.3