水産業 - 戦後占領期 戻る

北洋捕鯨船団

昭和27年度(第1次) ばいかる丸船団 昭27.7.10(1952)出漁−9.29帰港−昭和28年度(第2次)
昭和27年(1952)対日講和条約の発効を待って戦後初めて1船団による北洋捕鯨が許可された。日本水産、大洋漁業、極洋捕鯨の3社共同経営により極洋捕鯨のばいかる丸を母船として横浜港を出航。

No. 船名 総トン数 進水年 船主
1 ばいかる丸 Baikal Maru 5,243 1921(大10) 大阪商船(株)
2 信濃丸 Shinano Maru 539 1945(昭20) 日本水産(株)

ばいかる丸 Baikal Maru
ばいかる丸 Baikal Maru (1921)

改造後の姿
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202002 V.1.1.3