中国航路 - 大正期 戻る

内地/中国方面

横濱上海線 日本郵船(株) 明治前期明治後期大正期−昭14.8(1939)東亞海運へ出資
大正4年(1915)4月1日以降,上海命令航路を本船と付属線とを入替え本線を神戸上海線,付属線を横濱上海線とした.
1915.4.1(大4)[港]横濱/神戸/門司/長崎/上海[航]週2回[船]山城丸,近江丸,博愛丸,筑前丸,筑後丸
近江丸 Omi Maru
近江丸 Omi Maru (1912)
横濱牛荘線 近海郵船(株) 大12.4.1(1923)日本郵船から継承昭14(1939)日本郵船へ継承
逓信省命令航路.冬季牛荘結氷時は天津(大沽)迄とし以上が全て結氷時は秦皇島に寄港(復航神戸).なお往航,復航とも神戸,長崎に11回以上/年寄港.
1926.4(大15)[港]横濱/往航:名古屋(四日市)/大阪/大連/天津(大沽) 復航:大連[船]淡路丸,相模丸,高砂丸,宮浦丸[命]1926.4(大15)〜1929.3(昭4)[補]11,700円/年
宮浦丸 Miyaura Maru
宮浦丸 Miyaura Maru (1919)
大阪青島線 日本郵船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1915(大4)第1船のみ山東丸就航[港]大阪/神戸/門司/青島[船]西京丸,小倉丸(臨時)
1916(大5)[港]大阪/神戸/宇品/門司/青島[船]西京丸,山東丸(臨時)
1917(大6)[港]大阪/門司/宇品/神戸/青島[航]2週1回[船]西京丸
1917(大6)[港]大阪/神戸/宇品/門司/青島[船]西京丸,伊勢丸(臨時)
1918(大7)[船]西京丸,營口丸(臨時)
1919(大8)[船]西京丸
1920(大9)[船]西京丸,山東丸(臨時)
1921(大10)[船]西京丸,營口丸(臨時)
1922.5.6(大11)西京丸,大阪発にて撤退[港]大阪/神戸/宇品/門司/青島[船]西京丸,春日丸
1923(大12)[港]大阪/神戸/宇品/門司/青島[船]春日丸
1923.2(大12)往航の宇品寄港を中止[港]大阪/神戸/宇品(復航のみ)/門司/青島
1924(大13)[港]大阪/神戸/宇品(復航のみ)/門司/青島[船]春日丸
1926.3.9(大15)春日丸,青島発にて撤退[港]大阪/神戸/宇品(復航のみ)/門司/青島[船]春日丸,熊野丸
大阪天津線 大阪商船(株) 明39.2.25(1906)開設大正期昭14.10(1939)東亞海運へ出資
大正4年(1915)特に本航路用に設計された浅喫水船湖南丸を投入,大正10年(1921)新造船河南丸,長沙丸を加えて4隻で月7回の定期サービスとした.
湖南丸 Konan Maru
湖南丸 Konan Maru (1915)
大阪大連線 大阪商船(株) 明38.1(1905)開設大正期昭17.5(1942)船舶運営会へ移管
大正4年(1915)4月新造船はるびん丸を,同10年(1921)9月には,ばいかる丸を配船した.大正13年(1924)には亞米利加丸,香港丸を神戸基隆線より転配使用し船舶の大型化と改善を図った.
1915.4(大4)新造船はるびん丸就航[港]大阪/神戸/宇品(月1回)/門司/大連[航]週2回[船]はるびん丸
1921.9(大10)新造船ばいかる丸就航[船]はるびん丸,ばいかる丸
1924(大13)亞米利加丸,香港丸就航[船]はるびん丸,ばいかる丸,亞米利加丸,香港丸
はるびん丸 Harbin Maru
はるびん丸 Harbin Maru (1915)
ばいかる丸 Baikal Maru
ばいかる丸 Baikal Maru (1921)
大阪青島線 大阪商船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1914(大3)[港]大阪/門司/宇品/神戸/青島[航]2週1回[船]臺北丸
大阪青島線 (合)原田商行 大正期−昭和初期−太平洋戦争
[港]大阪/門司/宇品/神戸/青島[航]2週1回[船]薩摩丸
神戸北清線 日本郵船(株) 明32.9(1899)開設大3.10(1914)神戸北支那線と改称大12.3(1923)近海郵船へ譲渡
大連天津間航路.月3回両地発航.就航船は不定.
1913(大2)[港]大連/天津[航]1ヶ月3回[船]三河丸,高砂丸,相模丸
立神丸 Tategami Maru
立神丸 Tategami Maru (1898)
神戸韓国北清線 日本郵船(株) 明33.10(1900)開設−大正期
準備中
神戸天津線 近海郵船(株) 明18(1885)開設−明治後期−大12.4.1(1923)日本郵船から継承昭14.10(1939)東亞海運へ出資
逓信省命令航路.冬季天津(大沽)結氷時は航海中止.
1926.4(大15)[港]神戸/門司/天津[航]週1回(年52回)以上[船]南嶺丸,北嶺丸,勝浦丸[命]1926.4(大15)〜1929.3(昭4)[補]17,000円/年(横濱牛荘線含む)
南嶺丸 Nanrei Maru
南嶺丸 Nanrei Maru (1924)
神戸牛荘線 近海郵船(株) 大12.4.1(1923)日本郵船から継承−昭14(1939)日本郵船へ継承
準備中
阪神漢口航路 三菱(合)船舶部 大7.8(1918)開設−昭和初期
阪神漢口線 日清汽船(株) 大7.8(1918)開設−昭和初期−昭14.8(1939)東亞海運へ出資
日清汽船では初めての外洋航路として開設.
1918.8(大7)[港]阪神/門司/上海/漢口[航]4週1回[船]永陵丸
永陵丸 Yung Ling Maru
永陵丸 Yung Ling Maru (1877)
阪神/大連/天津航路 川崎汽船(株) 大13.4.14(1924)開設−大15.1(1926)廃止
開設後2年で廃止となったが昭和7年(1932)11月に横濱/大連直航航路が新たに開設された.
1924.4.14(大13)第1船東祥丸神戸出航[船]東祥丸
長崎上海線(日華連絡線) 日本郵船(株) 大12(1923).2開設昭14.8(1939)東亞海運へ出資
日本郵船は日本/中国間の交通の重要性に鑑み日華連絡線を計画し,大正9年(1920)3月,速力21ノット級の快速貨客船2隻の新造を決定した.逓信省の補助命令航路.
1923.2.11(大12)第1船就航[船]長崎丸
1923.3.25(大12)第2船就航[港]長崎/上海[航]週2回[船]上海丸
1924.5(大13)[港]上海/長崎/神戸
上海丸 Shanghai Maru
上海丸 Shanghai Maru (1923)

中国沿海方面

大連上海線 南滿洲鐵道(株) 大正期昭和初期−太平洋戦争
南滿洲鐵道経営の滿鐡連絡船.第1次世界大戦前はドイツ船4隻(2回/週),英国船3隻(Butterfield社),3隻(Jardine Matheson社)(3回/2週)を運航していたが大戦直後の運航数は激減した.
1913(大2)[航]週2回[船]2隻
1917(大6)[港]大連/青島([往]さかき丸[復]神戸丸)/上海[航]週1回[船]神戸丸,さかき丸
1919(大8)大連発は火,金曜日.隔便で青島に寄港
1923(大12)大連汽船の運航[港]大連/青島/上海[航]1ヶ月6回[船]さかき丸,西京丸
1925.10(大14)新造船大連丸就航[港]大連/青島/上海[航]1ヶ月9回[船]大連丸,さかき丸,西京丸
さかき丸 Sakaki Maru
さかき丸 Sakaki Maru (1913)
大連天津線 大連汽船(株) 大正期昭和初期
天津,安東が結氷中は大連/泰皇島に濟通丸のみ就航.
1919(大8)[航]1ヶ月6回[船]天潮丸,濟通丸
1923(大12)安東,天津結氷中は大連泰皇島間に濟通丸のみ就航[港]大連/安東/天津/大連[航]1ヶ月3回[船]天潮丸,濟通丸
1926(大15)[港]大連/天津[航]1ヶ月6回(1隻)[船]天潮丸,濟通丸,長平丸
長平丸 Chohei Maru
長平丸 Chohei Maru (1920)
大連青島線 大連汽船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1923(大12)[港]大連/芝罘/青島[航]1ヶ月5回[船]濟通丸
大連芝罘線 大連汽船(名) 大正期−大4.2.1(1915)大連汽船(株)へ継承
毎月3回以上,大連/芝罘,大連/安東懸,大連/天津の各航路を4月から11月迄運航.
1913.1(大2)甲線(4月-11月)[港]大連/芝罘、大連/安東懸、大連/天津[航]1ヶ月3回以上[船]福星丸(用船)
1913.12(大2)乙線(12月-3月)[港]大連/芝罘
1913(大2)結氷期[港]大連/泰皇島
大連龍口線 大連汽船(株) 大正期昭和初期
北清輪船公司からの継承航路.関東都督府の命令航路として補助金を支給されていた.
1919(大8)[港]旅順を欠航し石虎嘴まで延航の時あり
1923(大12)[港]大連/旅順/登州府/龍口[航]1ヶ月6回[船]龍平丸
1926(大15)[港]大連/登州府/龍口[航]1ヶ月6回[船]龍平丸
龍平丸 Ryuhei Maru
龍平丸 Ryuhei Maru (1910)
大連營口阪神線 大連汽船(株) 大正期昭和初期−太平洋戦争
營口結氷中は大連起点.
1918.9(大7)新造船長順丸就航[港]營口/大阪[航]3週1回[船]長順丸
1923(大12)[港]營口/大連/神戸/大阪[航]3週1回[船]長順丸
1926(大15)[港]大連/阪神諸港/營口[航]2ヶ月3回
長順丸 Chojun Maru
長順丸 Chojun Maru (1918)
大連香港線 大連汽船(株) 大正期昭和初期
4等船客のみ取り扱い.
1917(大6)[航]週1回[船]第十六共同丸(共同汽船(合))
大連青島線 阿波國共同汽船(株) 大正期−昭和初期−太平洋戦争
1917(大6)[航]週1回[船]第十六共同丸(共同汽船(合))
第十六共同丸 Kyodo Maru No.16
第十六共同丸 Kyodo Maru No.16 (1890)
上海廣東線 日清汽船(株) 大9.10(1920)開設−昭和初期−昭14.8(1939)東亞海運へ出資
大正9年(1920)10月に日清汽船では初めての中国沿岸航路として上海/廣東線を開設.この航路は英国や中国船社が多数配船し,また政情不安や不況等が続き,政府の補助があったものの航路の維持は困難を極めた.日清汽船は大正13年(1924)に至って始めて利益を上げた.
1920.10(大9)[港]上海/汕頭/香港/廣東[航]月3回[船]巴陵丸
1921(大10)新造船2隻就航により船質改善[船]廬山丸,嵩山丸
巴陵丸 Pa Ling Maru
巴陵丸 Pa Ling Maru (1907)
嵩山丸 Sung Shan Maru
嵩山丸 Sung Shan Maru (1921)
上海天津線 日清汽船(株) 大15.4(1926)開設−昭和初期−昭14.8(1939)東亞海運へ出資
1926.4(大15)開設.新造船2隻就航[港]上海/青島/大連/天津[船]華山丸,唐山丸
華山丸 Hua Shan Maru
華山丸 Hua Shan Maru (1926)
東亞海運に出資された本船は太平洋戦争後に売却されて貨物船に改造された。
青島上海線 大連汽船(株) 大5.6.1(1916)開設−昭和初期−太平洋戦争
1916.6.1(大5)開設.青島に出張所を設ける
1917(大6)不定期配船.[航]週1回[船]u進丸
u進丸 Ekishin Maru
u進丸 Ekishin Maru (1918)

S.Kizu
海州航路 大連汽船(株) 大5.10(1916)開設−昭和初期−太平洋戦争
1916.10(大5)ドイツ経営の航路で中断されていたものを再開して開設.[港]上海/海州/青島[航]5日1回[船]海州丸
八幡/大冶線 近海郵船(株) 大12.12.8(1923)三菱商事より継承昭和初期
大正12年(1923)12月三菱商事より航路と共に船舶,碼頭,貯鉱場,曳船,艀を譲渡されて営業を開始.
1923.12.8(大12)[港]八幡/大冶[船]若松丸,大冶丸,松浦丸,豐浦丸,勝浦丸,宮浦丸,富浦丸,長浦丸
若松丸 Wakamatsu Maru
若松丸 Wakamatsu Maru (1902)
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202008 V.1.1.5