九州・沖縄方面 - 大正期 戻る

九州壹岐對馬線 對馬商船 明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争−戦後占領期
航海度数は毎月27回以上、年間324航海以上。

 [港]厳原/郷ノ浦/勝本/蘆邊及瀬戸/博多
睦丸 Mutsu Maru
睦丸 Mutsu Maru (1923)
大阪鹿児島線 大阪商船(株) 明治前期明治後期大正期昭17.5(1942)関西汽船へ譲渡
大正5年(1916)12月、使用船を新造の宇佐丸、中津丸の他、義州丸の3隻とした。大正6年(1917)11月、厦門丸を加え4隻で毎月24航海とし神戸/佐賀關/内海/油津に寄港。大正8年(1919)10月厦門丸を撤退させ3隻で毎月15航海に減じ寄港地は、神戸/高濱/土々呂/内海/油津/福島/波見。
大阪細島線 大阪商船(株) 明17.5.1(1884)開設明36.10.11大阪内海線大6.11(1917)大阪細島線昭和初期
國有鐵道日豐線が全通したため大正12年(1923)10月に限り船車連絡を廃止した。
1915(大4)以降、6隻就航[船]別府丸、大分丸、宮崎丸、木浦丸、群山丸、松江丸、高濱丸、厦門丸のうち6隻
1917.11(大6)再び細島止としたため大阪細島線と改称[航]毎日両地発航
1923.10(大12)國有鐵道日豐線が全通したため船車連絡を廃止
松江丸 Matsue Maru
松江丸 Matsue Maru (1907)

安来港

H.Nakamura
大阪沖縄線 大阪商船(株) 明18.9(1885)開設明治後期大15.4.6(1926)大阪那覇線昭15(1940)休航
大正5年(1916)3月、沖縄廣運を買収し6月から使用船4隻で毎月8航海に減じた。大正6年(1917)上半期以降、鹿児島に復航臨時寄港し、11月には那覇丸、宮古丸、温州丸の3隻で毎月6航海のサービスとした。寄港地は神戸/油津/名瀬、復航臨時鹿児島、福島。月1回宮古、八重山に臨時延航した。大正11年(1922)4月國有鐵道と鹿児島を連絡地として船客、手小荷物の船車連絡を開始。大正13年(1924)8月12日から甲乙便を設け、甲便は臺北丸、以智丸の2隻が毎月5航海して神戸/名瀬に寄港。乙便は蘇州丸、八重山丸、名瀬丸、須磨丸等が毎月4乃至6航海のサービスとし、神戸/油津/名瀬の定期寄港地以外に基隆、京浜まで臨時延航した。大正14年(1925)5月、日東汽船を買収、10月には鹿児島郵船と航路協定の結果、同社の正吉丸、久吉丸、沖縄丸の3隻を用船のうえ本航路を大阪商船が経営することとなった。大正15年(1926)4月6日、甲便を大阪那覇線と改称、乙便は大阪沖縄線と称して正吉丸、久吉丸の2隻が毎月4航海し、神戸/油津(往航)/鹿児島/古仁屋(復航)/名瀬に寄港した。
以智丸 Ichi Maru
以智丸 Ichi Maru (1888)
沖縄経過大阪基隆線 大阪商船(株) 明38,6.12(1905)開設大6.11.1鹿児島基隆線−大8.11.4那覇基隆線−
昭17.5(1942)船舶運営会へ移管
尾道別府線 大阪商船(株) 明40.7.5(1907)開設大4.11.1(1915)山陽経過大阪別府線−大7(1918)廃航
大正4年(1915)11月1日、大阪神戸に延航して山陽経過大阪別府線と改称し、吉野川丸、姫川丸2隻で隔日1航海とし神戸/神島/鞆/常石/尾道/糸崎/忠海/竹原/阿賀/音戸/吉浦/宇品/宮島/柳井/鶴川/大分に寄港。大正5年(1916)8月1日以降、尼崎汽船部の協定船2隻を加え4隻で毎日1航海のサービスとした。大正6年(1917)1月、吉野川丸の他に尼崎汽船部の協定船1隻により隔日1航海に改めたが翌7年(1918)下半期に廃航。
大阪大島各島線 大阪商船(株) 明41.2.13(1908)開設−明44.7(1911)大島各島線−大正期昭和初期
大正元年(1912)下半期以降は汽船2隻で毎月5乃至6航海のサービスとしうち1隻は大洋商船の協定船を使用。大正4年(1915)1月には日高丸の他、協定船1隻が就航。大正12年(1923)3月には協定船を解除して日高丸1隻により毎月3航海とした。大正13年(1924)10月、大島汽船の扱船東成丸を加えて2隻により毎月6航海のサービスに改めた。大正14年(1925)7月、本航路を3線に分割、筑後川丸を加えて3隻とし、大島五島線は毎月7乃至9航海、寄港地は喜界島/名瀬/古仁屋/徳之島/沖永良部島/与論島。大島十島線は毎月1航海、寄港地は竹島/硫黄島/黒島/口之島/中之島/臥蛇島/平島/趣訪瀬島/悪石島/寶島/名瀬。大島四島線は毎月1航海、寄港地は硫黄島/口之島/中之島/寶島/名瀬。
四国経過門司線 大阪商船(株) 明41.3.2(1908)開設−明44.6.1(1911)大阪四國豐州線−明45.6.1四國経過大阪門司線−
大14.4.18(1925)大阪若松線昭10.3(1935)攝陽商船に譲渡
大正2年(1913)7月、琉球丸1隻で隔偶数日1航海とし、大正3年(1914)下半期以降は吉野川丸、第十宇和島丸の2隻で毎月15航海のサービスとした。大正4年(1915)5月以降使用船を高神丸、高知丸の2隻で隔日1航海とし神戸/坂出/高松/多度津/観音寺/川之江/三島/新居濱/今治/高濱/郡中に寄港。大正11年(1922)3月17日、甲乙両便を設け毎日発航に改めた。甲便は大阪偶数日出航、龍田川丸、緑川丸が神戸/観音寺/川之江/三島/新居濱/西條/壬生川/今治/高濱/宇島に寄港。乙便は大阪奇数日出航、高神丸、富士川丸が神戸/今治/高濱に寄港、若松へ延航した。大正14年(1925)4月18日、甲乙便とも若松に延航し、大阪若松線と改称。甲便は、緑川丸、高神丸が神戸/高松(往航)/坂出/観音寺/川之江/三島/新居濱(復航)/今治/北條/高濱/三津濱/郡中/門司、乙便は富士川丸、利根川丸が神戸/高松(往航)/坂出/新居濱/西條/壬生川/今治/高濱/宇島/門司に寄港。
大阪豊後線 大阪商船(株) 明45.5(1912)開設−大2(1913)大阪別府門司線−大3(1913)大阪別府線−昭17.5(1942)関西汽船に譲渡
本航路開始により別府温泉への入湯客が漸次増加し新造船紫丸、紅丸が就航。
1913.4.23(大2)大分より門司延航に改め大阪別府門司線と改称
1914.5.26(大3)門司延航を廃止して大阪別府線と改称[港]神戸/高松/別府/大分に寄港し臼杵、佐伯へ延航
1917(大6)下半期以降、2隻で隔日航海[船]愛媛丸
1919.2(大8)以降は紅丸1隻[航]4日1回[船]紅丸
1921.12(大10)紅丸を大阪徳島線へ転配、本航路には新造船紫丸が就航[航]1ヶ月10回
1922(大11)[航]週3回
1923.12(大12)本航路開始により別府温泉への入湯客が漸次増加したので屋島丸を加えて2隻により毎日発航とした。[航]日1回[船]紫丸、屋島丸
1924.9(大13)屋島丸を撤退させ、新造船紅丸(2代)が就航[船]紫丸、紅丸
1924.5(大13)別府を連絡地として國有鐵道と船客、手小荷物の船車連絡を開始
1925.6(大14)三宮/別府/高濱を連絡地として國有鐵道および伊豫鐵道と船客、手小荷物の船車連絡を開始
1925.11(大14)別府/中津を連絡地として國有鐵道および耶馬渓鐵道と船客、手小荷物の船車連絡を開始
紅丸 Kurenai Maru
紅丸 Kurenai Maru (1924)
紫丸 Murasaki Maru
紫丸 Murasaki Maru (1921)
別府港桟橋における紫丸 Murasaki Maru
大島十島線那覇先島線 大阪商船(株) 大1(1912)開設−大4.3(1915)廃航
大正元年(1912)下半期に開設。汽船1隻が毎月1航海、鹿児島を起点として竹島/硫黄島/黒島/口之島/中ノ島/臥蛇島/平島/諏訪瀬島/悪石島/寶島/名瀬/那覇/宮古/八重山/西表に寄港。大正4年(1915)3月廃航。当時は隅田川丸就航していた。
大阪大川線 大阪商船(株) 大4.11.9(1915)開設−大10.9.2(1921)休航のち廃航
大正4年(1915)11月9日、深川運輸と協定して開設。朝日丸の他、深川運輸の協定船1隻で、神戸/下關/博多/呼子/平戸/佐世保/長崎/三角/島原に寄港した。大正10年(1921)9月2日、大阪発の朝日丸を最終船として休航、後に廃航。
横濱基隆線 大阪商船(株) 大5.2(1916)開設−同11.1横濱沖縄線−大10.12.23(1921)休航のち廃航
大正5年(1916)2月開設。汽船2隻で毎月2航海のサービスとし、寄港地は名古屋/勝浦/大阪/神戸/鹿児島/那覇。同年11月1日、那覇止として横濱沖縄線と改称、臨時に基隆へ延航した。使用船は名瀬丸1隻で毎月1航海とした。大正10年(1921)12月23日以降休航、後に廃航。
名瀬丸 Naze Maru
名瀬丸 Naze Maru (1917)
九州航路・鹿児島那覇線 大阪商船(株) 大5.4.1(1916)開設昭和初期−昭17.5(1942)船舶運営会に移管
大正5年(1916)4月1日、逓信省命令航路として開設。
1916.4.1(大5)[港]鹿児島/名瀬/那覇[航]1ヶ月6回[船]汽船1隻
1919.11(大8)以降、2隻に増便[航]1ヶ月10回[船]大義丸、宮古丸
1922(大11)宮古丸に代わり安平丸が就航[船]大義丸、安平丸
宮古丸 Miyako Maru
宮古丸 Miyako Maru (1914)

H.Nakamura
九州航路・尾道別府線 大阪商船(株) 大9.6.12(1920)開設−大11.10.12(1922)宇品別府線−昭11.9(1936)呉廣島別府線−
昭13.11(1938)攝陽商船へ譲渡
大正9年(1920)6月12日開設。幡陽丸1隻により毎月12航海のサービスとし、寄港地は竹原/阿賀/音戸/吉浦/宇品/宮島/柳井/鶴川(復航)/大分。大正11年(1922)10月12日、本航路を短縮して宇品別府線と改称、隅田川丸が毎日1航海し宮島/鶴川/大分(往航)に寄港した。
九州航路・東京九州線 大阪商船(株) 大12.8.5(1923)開設−昭4.12(1929)廃航
大正12年(1923)8月5日開設。扇海丸、順丸の2隻で毎月4航海のサービスとし、芝浦を起点として横濱/門司/長崎/三角を定期寄港地、大阪/神戸/鹿児島/津久見を臨時寄港地としたが、大正13年(1924)10月には名瀬丸、吉備丸を加えて4隻により毎月8航海のサービスとした。大正14年(1925)12月には伊奈波山丸、千早丸、扇海丸のうち2隻が使用された。
伊奈波山丸 Inabasan Maru
伊奈波山丸 Inabasan Maru (1917)
鹿児島灣内西廻線 鹿児島灣内汽船 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争
毎日午前9時、午後2時往復2回発着[港]瀬々串/喜人/今和泉/宮ヶ濱/指宿/湊/摺ヶ濱/成川/山川[航]日2回[船]新川丸、生陽丸
鹿児島灣内東廻線 鹿児島灣内汽船 明治前期−明治後期−大正期−昭和初期−太平洋戦争
[港]垂水/古江/高須/大根占/小根占/指宿/湊/摺ヶ濱/成川/山川[航]日1回[船]龍丸
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 202001 V.1.1.3